競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京王杯スプリングカップ 2018 出走予定馬:セイウンコウセイ&三浦想定

time 2018/05/10

京王杯スプリングカップ 2018 出走予定馬:セイウンコウセイ&三浦想定

第63回 京王杯スプリングカップ(GII)出走予定馬展望

日程:2018年5月12日()
コース:東京芝1400m

予想用・出走予定馬一覧

セイウンコウセイ(三浦想定)

昨年の高松宮記念馬であるセイウンコウセイが京王杯スプリングカップに出走予定だ。GIを勝った勢いがそれ以降は消え失せてしまった感がある。それでも今年もシルクロードステークス2着などまだまだ第一線で存在感は見せている。1400mの舞台で華麗なる復活劇を見せられるか。

まあ総合力が本来ある馬なので1400へも対応はしてくると思うし、今のこの馬だと下手に1200で基礎スピードを問われるぐらいならこの距離でゆったりの方が…とは思う。ただ、結局そうなると今度は後半の決め手の質を問われるわけで…というもどかしいところが。

高松宮記念(GI)

中京芝1200m稍 18頭3枠6番
1:08.7 33.8-34.9 H^2
12.3-10.3-11.2-11.4-11.3-12.2

まずは昨年の高松宮記念を振り返っておこう。この時は稍重で表記以上に時計が掛かっていたかなという感じ。ややタフで時計的にも1:08.7とあまり速くない。1.1とかなりのハイに突入する中でL3-2はそれでも誤差程度に加速ラップを踏んではいる。パワー型の基礎スピードを問われた中で、一足を引き出せたかどうか。

6番枠からまずまずのスタート、そこから楽に先行争いに加わって、最終的には控える形で2列目につけていく。3~4角でも2列目で少しだけ外を通しつつ仕掛けを待って直線で外。序盤で仕掛けを待ちつつも楽に先頭列に並びかける。そのまま馬場のいい外を選んでL1でしぶとく伸びて2着争いを尻目に1馬身ちょっとの完勝だった。

この時点ではまだわからなかったが、ひとまず力の要る馬場の中でバランス的にはハイペースになったものの自身の位置では34.2-34.5と平均でまとめるぐらいでの競馬ができていると。力の要る馬場で質的に高い基礎スピードを問われなかったのは後になってみればよかった要因だろうと。ペースは速いが高速ではない、ハイペースなのでそこまで決め手勝負にシフトしなかった。このバランスがうまくかみ合ったのかなと。

シルクロードS(GIII)2着

京都芝内1200m良 18頭4枠7番
1:08.6(+0.3) 34.0-34.3 M
12.2-10.9-10.9-11.1-11.5-11.7

そこからなかなかスランプから脱却できず、二桁着順に沈むことも少なくなかった。その中で今年のシルクロードSでは久々の2着と馬券に絡んだ。ただ内容的にはあまり強くは推せないかなと。ペースは平均でうまく逃げてそれを作り切ったが、宮記念の勝ち馬になるとはいえファインニードルには完敗だった。

7番枠からまずまずのスタート、そこから押して押して積極的にハナを取り切る。そこからもペースを平均に持ち込んで3角。3~4角でも余裕をもって進めて1馬身ちょっとの差で直線。序盤で目標にされたファインニードルに一気に並ばれる。L1では突き放されるがそれでも際どい2着争いに何とかクビ差残しての2着だった。

宮記念を勝った時ほどではないが少し時計が掛かっていたのもあって34.0でハナを取り切れたのも大きいし、自分のリズムで入ったもののファインにあっさりとらえ切られてしまった。もちろんフミノムーンやカラクレナイといったところの追撃は振り切ったが、重賞でトップレベルでとなるとGI馬としては少し物足りない。58kgでよく頑張ったという面もあるが、展開・馬場はかみ合っていたかなと。

高松宮記念(GI)6着

中京芝1200m良 18頭1枠1番
1:08.8(+0.3) 33.3-35.2 H^2
12.0-10.3-11.0-11.4-11.5-12.3

前走の宮記念も悪くはないが…という感じ。ペースが速く1.9でかなりのハイ、ラップ推移的にも消耗しているのは見て取れる。パワー型の基礎スピードを問われた一戦。

1番枠から好発を切って押して押してハナを主張、外からダイアナヘイローも絡んできたのでそれを行かせる形で内目で2番手となる。ただ3角辺りで抵抗して内から盛り返して4角で先頭に経って直線。序盤でしぶとく抵抗も内からドンキに交わされる。L1までじりじりと下がっての6着完敗だった。

これだけ顕著なハイペースの中で一定レベルやれたので状態面も徐々に上がってきているのかなとは感じるが、やはりこうやってスピードで押していくとなると力の要る馬場でも少し難しい。この辺をどう考えていくか。いずれにせよ近走は1200で流れるとちょっと苦労している印象だし、パフォーマンスも昨年の宮記念に勝るものは見せられてない。

2018京王杯スプリングカップへの展望

今回は府中の1400になるし、馬場も比較的軽いので仮に流れたとしてもバランス的にハイペースまでというのはないかなと。この馬の場合高速馬場の適性があまり高くないとは思っているんだが、それはあくまで1200までしかわからない。1200で高速馬場だと函館スプリントSみたいな感じで質的にオーバーペースになる感じ。1400で34秒台半ばぐらいなら大丈夫かな、という感じはある。チャンスがあるなら前目で引っ張って平均ぐらいまで持って行った方がいい。仮に35秒半ばぐらいまででコントロールしてしまうと、京阪杯でもやはり良い脚はちょっとしか使えなかったし、昨年のシルクロードSも33.9-33.9と平均の流れの中でトップスピードの質、持続力でダンスディレクターに圧倒されてしまっている。宮記念で勝ち切ったのも力の要る馬場で、とはいえある程度の流れの中で後続の末脚を削いだ面が大きいと思う。1400で怖がってコントロールしてしまうとキレ負けする可能性が高いし、リスクがあっても平均で進めて時計勝負に持ち込む方がまだチャンスはあるかな。それをもってしても1400や高速馬場での持ち時計がたしない馬なので、この条件でそこそこ人気しそうということを考えるとバッサリ切ってしまいたいかな。雨が降るようなら面白いけど、良馬場なら消したい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第13回 ヴィクトリアM(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『ヴィクトリアM(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・ヴィクトリアM

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。