競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

きさらぎ賞2018 出走予定馬:サトノフェイバー、距離短縮でも主導権を取れるか?前走は恵まれた感強く、試金石の一戦

time 2018/01/31

きさらぎ賞2018 出走予定馬:サトノフェイバー、距離短縮でも主導権を取れるか?前走は恵まれた感強く、試金石の一戦

日程:2018年2月4日()
第58回 きさらぎ賞(GIII)
京都芝外1800m
予想用・出走予定馬一覧

新馬戦ではハナを主張しそのまま突き放して完勝、今回も逃げるのか?展開のカギを握るサトノフェイバーがきさらぎ賞に出走予定だ。今回は距離短縮でワンターン、先行力のある各馬も増える中でしっかりと主導権を取れるかが焦点。クラシックを意識するならここでの賞金加算は必須、勢いに乗るフルキチがまたまた逃げ切りを炸裂させるか。

今回は前半の基礎スピード面で優位に立ってくる逃げ先行馬が多い。カツジが逃げないにせよ番手では進めてくるとして、その前に行くだけの脚があるのかどうかは前走だけでは何とも言い難いかな。エポカドーロ辺りも出てくれば結構厄介な同型になるといえるし、メンツに恵まれる必要はある。距離はもうちょっとあった方が良さそうだがロブロイの仔はワンターンの1800が得意なのでそこでパフォーマンスを上げてくれば。

新馬戦 1着 15頭8枠14番
京都芝内2000m良 2:04.8 64.9-59.9 S^5
12.9-11.8-13.9-13.5-12.8-12.8-12.2-11.8-11.5-11.6

前走の新馬戦をしっかりと見ておきたい。良馬場ではあるが時計的にはそこそこ掛かっていた。その中でペースは5秒と極端に遅く、そこから徐々に加速しながらの競馬になった。一応3F勝負っぽいが3角の下りから12.8-12.2-11.8-11.5-11.6と段階的に加速してのL2最速。トップスピードは問われなかった。

14番枠からまずまずのスタート、そこからスッと楽に二の足を利かせてハナを取り切る。1~2角でペースダウンしてコントロール。折り合い面もしっかりとこなしながら3角。そのままゆったり進めつつ3角下りでじわっと加速しながら、4角で後続が並びかけてきたのでこの辺りから促して直線。序盤でそこからスッと引き離して勝負を決めに掛かる。L1でもほとんど落とさずに楽な手ごたえで後続を離しての完勝だった。

少なくともこのレベルでは外枠から楽にハナを主張しきれたし、そこからコントロール、要所で動いてシッカリと突き放せていたと。加速ラップを自分で踏んで出し抜けたわけでここでは2枚上の競馬ができていると。ただし自分で主導権を取れたという点は評価できるにせよ5秒と極端なスローではあった。前半もう少し速い脚を要求されるしそこが課題。そしてもう一つはやはり最速ラップは平凡。相手関係が楽だったので楽に突き放せたが同日の福寿草特別が2:02.3の勝ち時計でL2最速11.2ということを考えても後半のトップスピード面でも平凡ではあったと思う。見た目はインパクトがあったが、内容としてはあまり高いレベルにはないのかな、という感じ。

2018きさらぎ賞に向けての展望

今回は逃げられるかどうかがポイントになりそうで、カツジは恐らく無理はしないでというより前に目標を置きたいタイプだろう。となるとエポカドーロが出るか出ないかは結構大きな材料になる。カツジに行かせてもらってのハナならそこまで無理をしなくてもいい。ただし、スローにコントロールしたからといっても後半の末脚勝負では恐らく苦しいし、直線に入ってくるまでに結構なリードが欲しい。瞬間的な切れ味は足りないと思うし、TS持続もどこまであるか?というところ。末脚勝負で強敵は多いがペースを引き上げて良いかどうかも難しい。血統的にもロブロイ×ミスプロ系でミスプロのインブリードがかかるが、この傾向だと距離はもうちょっと長い方が良いかも(タンタアレグリア、リアファル、トレイルブレイザーあたり)。現時点では1800は短い印象が強いし、仮にある程度前目を取れたとしても後半の末脚勝負そのものでキレ負けしてしまうかな。不気味さもあるけど今回は見送りたい。

 



最強の関西情報社チェックメイトは

勝負の関西馬情報で

2018年もAJCC【2万4620円的中】など
重賞競走で万券的中をお届け



第23回 きさらぎ賞 (G3)

昨年は6番人気の関西馬
アメリカズカップの激走で万馬券決着

今年も人気薄関西馬が
高配当を演出する


最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

きさらぎ賞・3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。



ヴィクトリアマイル2018の展開予想動画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。