競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

七夕賞 2021 予想:本命01マウントゴールド

time 2021/07/11

七夕賞2021の予想

福島11R 芝2000m
馬場想定:良~重、ややタフな馬場想定
風向想定:北西2m/s想定

展開予想

 土曜は思ったよりは時計が出ているなという感じ。明日も雨が若干降る予報だけど、まあこの程度なら土曜とさほど変わってこないかな。ややタフぐらいを想定。風は北西から2m/s程度。4角地点が完全向かい風となり、BSは右後方からのやや追い風より。といっても2m/s程度なのでそこまで大きな影響はしないかな。

 展開予想だが馬場が少し読みづらい中で逃げ馬候補はそれなりに多く。ロザムールやトーラスジェミニといったところがハナを主張、外からカウディーリョもある程度前目で入っていくだろう。この3頭が基本的にはハナ争い、その後ろからマウントゴールドやショウナンバルディ辺りが入ってくる、外からクラージュゲリエ辺りが好位外を狙ってという感じ。読みにくいが一応内目に逃げ馬が揃ったのである程度やりあう可能性が高いと思うし、59.5-60.0ぐらいの感じでひとまず想定しておきたい。1:59.5前後ぐらいは出るかな。平均前後に置くけど、遅い方ではややスローぐらいまでは幅を広げて進めたい。

予想

◎01マウントゴールド
○?(noteのみ)
▲?(noteのみ)
△07カウディーリョ
△16ヴァンケドミンゴ
×12ツーエムアロンソ14ワーケア
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎マウントゴールド

 まあこの中なら割と迷いなくマウントゴールドを本命にというところで落ち着いたかな。思ったよりも人気が無いなという印象で、枠の並びもいいし最序盤で前がやりあえば無理せず少し離れた位置で進めて2角過ぎで落ち着くのでそこで取り付けばいいし結構良い状況が揃ったと。

 まず前走の都大路Sでは中京の2000で61.3-58.2と超スローからの11.9 – 11.8 – 11.4 – 11.2 – 11.9と2段階加速の流れ。これでショウナンバルディを目標にしながら番手からしっかりとL2で出し抜きを許さず食らいついてL1で捕え切った。スローからの加速の競馬で、しかも坂の登りでの加速性能が高いショウナンバルディを目標にしてしっかりとL1でというのも良い材料で、少なくともパフォーマンス的には高いものを見せたと思う。

 問題は福島でどうかなんだが、もともとマウントゴールドのイメージって割と有酸素運動の競馬でも強いなと思っていた馬ではあると。福島では福島テレビオープンで48.8-48.1と平均の流れ、12.0 – 11.9 – 11.9 – 11.9 – 12.4のラップ推移で淡々とという競馬を逃げて展開してしぶとく踏ん張り食らいついてきたミライヘノツバサは振り切ったが外からリライアブルエースに捕え切られた形になる。ただ平均的な競馬でも強敵相手に戦えているからね。

 パターンとしては2000mからもうちょっと距離が合ってもいいと思う一頭だし、2,3走前はゲートが甘くてという形で良さが出なかったが内容は上昇の一途。前半無理に入っていくとしんどいが、確実に逃げたい馬が南東かいる中で無理せず2,3列目で前にスペースを置いて運べれば序盤はかなりスムーズに入れると思う。岩田息子もあまり動き出しの意識が良い方ではないので福島みたいに3角から自然と早めの勝負になりやすいコースなら人馬ともに良さが出やすいかなと。

○?

▲?

△カウディーリョ

 追い切りが良かったし1年近くの休み明けで評価が落ちそうなので敢えて狙っても面白いかな。ただ、バランス的にベストは少しスローの方が良いと思うので前半で恵まれる必要はあるかな。トーラスジェミニがハナ、ロザムールがそうでもなくて番手外でスローにコントロール出来れば…というイメージ。関門橋S勝ちが良くて小倉2000だが60.6-59.3とスローからの12.0 – 11.9 – 11.7 – 11.7 – 12.0と後半のロンスパポテンシャル戦でしっかりと押し切ってという競馬。昨年の札幌記念も強敵相手にそんなに悪くなかったし、ある程度ペースが落ち着けば崩れていない。追切面が無ければ難しいところだが、追切の良さを取って。

△ヴァンケドミンゴ

 まあちょっと悩んだけど連下やね。追切を見てまずまずかな…ぐらいの感じでその点でやはり今年の内容が良くない分を差し引くと連下が妥当。パフォーマンス的には最上位の一頭だし、昨年の福島記念でも59.6-60.0と平均の流れで12.0 – 11.8 – 11.7 – 12.0 – 12.1 – 12.4とL4最速ロンスパという競馬で中団外から正攻法でというところを上手く立ち回ったバイオスパークに最後まで食らいついてのクビ差。七夕賞もそうだったが外から回して安定的にポテンシャルを発揮できるしラストまで伸びるから安定する。ただ外を回しても内を上手く立ち回った馬にいつもやられている印象だし、今回は最初から大外枠だからどうしても3~4角外だろうなと。評価しても連下までとしたのはその辺に状態面の疑問もまだあるからね。

×ツーエムアロンソ

 大穴夢馬券枠でツーエムアロンソを狙う。現時点(前日16:00)で最低人気だが、パターンとしてはペースがそこまで上がらない中での後半のポテンシャル戦が理想で、今回はそうなる可能性はそこそこあるだろうと。5走前の寿Sが強くて、ダノンマジェスティを正攻法で撃破できているならもうちょっとやれていい。60.3-60.1と平均から12.7 – 11.9 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 12.1のラップ推移で中団の外、3~4角でも淡々とという中で外からロスを作りながら直線しぶとく抜け出しラストで突っ込んでくるダノンマジェスティをアタマ差で振り切った。これは結構面白い競馬だったと思うし、今回は実績上位馬も決して状態面や適性面で盤石というわけではないと思っているので、3着争いぐらいに…というのはあるかな。

×ワーケア

 あとはまあワーケアが人気が想定より数段ないので押さえておくかと。難しいところだけど、近走の内容は色々不満はある。ただ、ダービーや新潟記念も程度の差はあるが無酸素運動の競馬だし、富士Sに関してはマイルで45.6-48.0とかなり激流だったのでその点を踏まえてもまだ言い訳は。一応この馬の評価できるポイントはポテンシャル戦にはなると思うし、ホープフルSでも61.9-60.9とややスローからの12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.5とポテンシャル戦で中団外から押し上げながらという感じでジリっと最後までなだれ込む形。有酸素運動の競馬でまだチャンスはあると思うので、この人気なら押さえておいて損はないかなという感じ。

sponsored link

【PR・オススメサイト】━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業40年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
過去5年で平均配当17万8430円の重賞!

    3連単を無料公開
   プロキオンS(G3)
   7月11日13時  無料公開!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
6/24 阪神9R  4万5160円的中
6/20 阪神7R  1万1870円的中
6/19 東京11R  10万3550円的中
6/13 札幌10R  1万8790円的中
6/12 札幌11R  16万8520円的中
6/6  東京6R   1万3820円的中
6/5  東京7R   6万2860円的中
5/29 中京12R  2万2840円的中

→プロキオンS(G3)無料閲覧方法←


何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。