競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

マーメイドステークス 2020 ざっくり回顧

time 2020/06/14

マーメイドステークス2020のレース回顧・結果

阪神芝内2000m稍
2:01.1 60.8-60.3 M
12.4 – 11.2 – 12.7 – 12.5 – 12.0 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 12.2 – 12.9

ざっくり回顧

 今回から無料・ブログ枠も兼ねてざっくりとした感想を冒頭に書こうかなと思います。…実はかなりレイホーロマンスとリュヌルージュで本命は悩んだんだよね。でレイホーロマンスは自分は追いかけがちな馬なんだけどかっちり噛み合わないと難しい馬で、正直何となくの嫌な予感がしたので直前でリュヌルージュに変えたのが結果として良かったかなと。レイホーロマンスは結局3~4角でペースが上がってそこで外になっちゃったのと、ペースが結局コントロールされていて意外と後半のロングスプリントが求められたのが。もう少し前半型の競馬になると読んでいたのでそこがね。半端にポジも取れちゃったので3~4角で好位外外になってしまったのも逆に噛み合わなかったなあ。

 逆にサマーセントに関して言えば週の頭での展望の段階では評価していた馬なんだけど、極悪馬場だと心配があったので直前で下げちゃった。結果的に雨がそんなに降らなくて…っていう感じでレース中も嫌な予感はしてたね。リュヌルージュもできれば2列目欲しかったし。まあセンテリュオが来ちゃったのも結局馬場がそこまで(略)ってところで正直馬券的には難しいレースだったというのが本音。逆にエプソムCはちょっと安易に入り過ぎて後悔している…あれは改めて冷静に見ると取れる可能性が十分にある馬券だった…。

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。