競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中日新聞杯 2019 予想:本命05ランドネ

time 2019/12/07

中日新聞杯2019の予想

中京11R 芝2000m良
馬場想定:良、高速馬場想定

展開予想

 先週の中京の馬場を見ると普通の高速馬場ぐらいかなという感じ。なのでそのイメージで進めていく。

 展開予想だが、逃げ馬候補自体はそこそこ多いのだが、明確に行く馬がどれになるのか?というのが難しい一戦。ひとまず最内枠のロードヴァンドールはある程度主張しないといけないのでこれが出していく。これを見ながらランドネが番手からロードの後ろを恐らく狙いそうで、外からタニノフランケルやパリンジェネシス辺りが主張。坂スタートで基本的にそこまで前半が上がりにくい中で、基礎スピード的に飛ばしてペースを引き上げるタイプも少ないので恐らく前半はゆったり流れるんじゃないかなと思っている。後半の仕掛けはタニノフランケルがいるしマイネルもある程度動くかなと言うところで恐らくある程度早めにという感じも2段階加速的になるんじゃないかなと見る。イメージとしては60.5-58.5ぐらいの感じで1:59.0を想定。L2最速を想定する。

予想

◎05ランドネ
○04サトノガーネット
▲03カヴァル
△08アドマイヤジャスタ
△11タニノフランケル
×01ロードヴァンドール12ショウナンバッハ
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ランドネ

 ランドネに関しては正直ここに入れば明確に要所で動けるという武器は大きいんじゃないかなと。正直展望の段階でかなり混戦ではあると思っていたし、そのうえでマイネルサーパスが大外に入ってしまったのでかなり混戦になったなと。その中でまずランドネは先行力が確実で、この枠ならハナを切れる可能性もあるし、ロードを行かせて内ポケットでもいいし、外の馬が行くなら行かせて番手でも良い。なんでもできる。

 そのうえでやはりこの馬の良いところは要所の加速にあるのと、2段階加速が出来ている点かな。5走前の愛知杯は結構ハイレベルなはずで、62.2-57.8と極端なドスローではあったにせよ12.2 – 11.8 – 11.7 – 11.8 – 11.2 – 11.3と後半2段階加速でL2の地点で11.2とある程度速いラップを求められている。その流れで逃げてL2の地点では出し抜き気味に先頭をキープ。L1で甘くなったと言ってもノームコアが相手だったしコルコバードやレッドジェノヴァといった強敵は抑え込んでいる。基本的に良い足は一瞬だという認識だが、相手が強い中で3着はしっかりと確保したし、ノームコアとも結構際どく踏ん張ったからね。

 基本的にスローがベストの馬なので、前走の府中牝馬Sみたいに46.7-46.2と流れてしまうと位置も取れないし11.6 – 11.9 – 11.3 – 11.2 – 11.8のラップで外外と分散して甘くなるのも仕方がないかなと。あまり極端に超高速馬場でないほうが良いと思うし、前半ゆったりから後半分散しながらL2でもう一段という競馬はフィットしていると思う。ここはそこまでペースも上がらないと思うし、3角下りから各馬がじわっと仕掛けるけど、L2でもう一段、という競馬を内内で立ち回れれば普通にチャンスかなと。実力と人気の乖離という点で枠も含めて積極的に狙いたいと思った馬を素直に本命にした。

○サトノガーネット

 後は難しいところだが内枠でこのメンツならある程度の位置を取れるかも?の里のガーネット。前走のエリ女は前半の入り方は悪くなくて62.8-58.5と極端なドスローではあるが中団では入れていた。12.3 – 11.6 – 11.5 – 11.4 – 11.7のラップ推移で4F勝負を消極的な競馬で後方に下げながら3~4角で外外となってそれなりに伸びてきた。目標にしていたウラヌスチャームは差しているのでここに入れば結構やれて良いはず。課題のゲートも五分に出れていたし、今回はロード、ランドネ辺りがある程度前を取ってくれるし好位まではともかく中団の内目は狙えると思う。3~4角で誰かが動いて割と強めの仕掛けになればこの馬の一発は十分あるかな。クイーンSや府中牝馬Sを見ても1800はちょっと短いし、坂スタートで前半が緩くなりやすい中京2000なら質的な基礎スピード不足は解消できると思う。そのうえで良い位置を取れれば。

▲カヴァル

 スロー想定なので狙いとして面白いのはこのカヴァルかなと。まず前走の新潟記念に関しては58.6-58.9と前後半で58秒台という質の高い平均ペース、12.5 – 12.0 – 11.3 – 11.1 – 12.0と3F勝負ではあるが追走で苦労して持ち味のトップスピードを引き出せなかった。そう考えればスローなら面白いはずで、2そう前のマレーシアCなんかでも62.7-58.1と極端なドスローだが12.1 – 12.0 – 11.2 – 11.1 – 11.7と3F勝負で中団馬群の中目から直線進路を外に持っていくまでにスムーズさを欠きつつもL1でぐんと伸びて3列目からしっかりと捕えきった。恐らくロングスプリント適性が高いタイプだと思うので、内枠で前半無理なく入って直線に持ってこれればというところかな。アフリカンゴールドをこの展開で楽に捕えているのは高く評価していいと思うんだけどね。ペースの問題だと思う。

△アドマイヤジャスタ

 ラストドラフトと悩んだけど、やっぱりアドマイヤジャスタを狙う。恐らく人気は相当落ちると思うのと、追切は良化を示してきたかなという感じで良い加速を見せた。パターン的に復活するならこの条件かなとは思う。そもそもそこまでスパっと切れる馬ではないけどホープフルSみたいに62.5-59.1と超スローから11.8 – 11.8 – 12.2 – 11.5 – 11.8と2段階加速で番手からL2ですっとという競馬が出来ていたので後半型なのは間違いない。ここ4走はいずれも平均~ハイペースになっていてその点で甘くなったのもある程度仕方ない面はある。内容は良くないので難しいが。坂スタートの中京2000ならさほどペースも上がらないし、後はポンと出て前目をとって入れれば2段階加速でL2で一足は使ってきても良いはず。皐月賞の内容から考えてもラストドラフトよりこちらのほうが若干ではあるが後半要素は上だと思う。人気面を考えればここいらで。

△タニノフランケル

 休み明けがカギなのと仕掛けがカギ。基本的に好走しているときはポテンシャル戦に持ち込めているときで、小倉大賞典にしても47.6-47.3と平均を前のサイモンラムセスが刻む中で離れた番手から12.0 – 11.8 – 11.9 – 11.7 – 11.6 – 12.1のラップ推移でこれを追いかけて粘り込んでの2着。コーナーで速いラップを踏むほうが良いので、この枠で中京で3~4角を強気に仕掛けられるかどうか?というのがポイントかな。ただ小倉記念でも最先着の4着で、60.4-58.4とスローロンスパで粘ってのもの。普通にここに入れば上位は上位。

×ロードヴァンドール

 この馬はやはりトップスピードの質で苦労する可能性が高い。基本的に後半のポテンシャルとそこからのもう一段の脚というのは持っているので対応はできると思うが、11秒前後の速いラップを要求されるとキレ負けしていて、一昨年の中日新聞杯3着時も12.2 – 12.1 – 11.6 – 11.2 – 11.5とL2最速11.2の地点で逃げていながら並ばれてしまっている。L2の手応えよりもL1で思ったよりしぶといタイプの馬なので、できれば馬場はもうちょっと時計がかかってほしかったかな。瞬間的な切れ味でとなると微妙で上手く分散できるかがカギなのと、前走でちょっと甘かったことから劇的には変わってこないかなというのもある。押さえまで。

×ショウナンバッハ

 本当はこいつを単穴あたりにしてやろうかと思ったんだけど、やっぱり外枠で内を狙うなら後ろからになってしまうし、内で嵌りそうな中団からの馬も多い。かと言って外から力でねじ伏せるなら昨年みたいに全体で流れてほしいけど馬場も軽いし前目で飛ばしそうな馬もいないと考えると、後方から鋭く脚を使うけどロスがあっての3着辺りまでって感じかな。高いレベルではワンターンで良さが出ているか、もしくは全体で平均まで上がっているかという感じだし、相手は今回かなり楽になるのは確かだけど、ちょっと罠っぽい感じもあるんだよね…。下手したら穴人気しそうだし。

その他の馬

 アイスバブルは目黒記念がベストで59.5-59.1で淡々と。全体で流れてしまったほうが良いし、60.4-58.4からのポテンシャル戦だった小倉記念でタニノフランケルに見劣ってしまうとちょっと簡単ではないかな。内から全体で流れて5Fのロンスパになりきればとも思うけど、スミヨン人気するだろうしここは消しておきたい。競馬だからわからない面もあるが、スミヨンがこれを持ってきたら相当な腕だと思うわ。前目内目をとれても展開が恵まれないといけないし、この混戦で目黒記念2着評価で押し出されているなら切るほうが良いかな。

 サトノソルタスはもうちょっと内枠なら怖いなと思ったけど、多頭数でこの枠でこのメンツだと前もとれんだろうし、基本的に直線勝負でこその馬だからね…。堀厩舎なのに秋山が乗っている時点で…って感じもするんだけど。前半かなり積極的に前を取ってスローで上手く嵌ればだけどここまで外だと難しい気がするけどね。

 マイネルサーパスは断腸の思いで切った。前走のアンドロメダSで見せたポテンシャルはかなりのものなんだが、やはりこれも大外すぎる。この枠から何が逃げるかわからん中で外から出していくってのはちょっと難しいと思うし、好位の外から3~4角で動けるかどうかやね。きんもくせい特別が4F戦でL2で鋭く伸びてきたので2段階加速はある程度対応できるかもしれんが、スローで支配されたときに直線での鋭さを求められてしまうと不安がある。コーナー勝負に思いきれる舞台のほうが合っていると思うので個人的にはここで切ってしまいたい。

 ラストドラフトは悩んだけど切った。来ても驚け無いけど、京成杯のメンツを考えるとやっぱりあまり過大評価はしないほうが良いだろうというのと、オクトーバーSで思った以上に決めて勝負に対応できなかった。多少スムーズさは欠いていたとはいえここまで甘かったのは意外。前を取れればというところでマーフィーなのは良いと思うし、京成杯が13.0 – 11.8 – 11.8 – 11.4 – 12.1と2段階加速なので対応してもいいが最速11.4だしね…まだ復調しているかどうかもわからん中で人気ではちょっと信頼できん。

sponsored link



海外競馬専門プラン【WORLD PREMIO】
前回、オーストラリア・フレミントン競馬場で開催されました「メルボルンC(G1)」にて初めて情報提供。 メルボルンCでは、出走頭数が「24頭立て」という多頭数のレースとなりましたが、 3連単48点、お見事【488,000円】の獲得!
そんな海外専門プランより香港情報公開も確認。
─────────────────────
12/8(日)香港国際競走/香港シャティン競馬場
14:40 発走【香港ヴァーズ】芝2400m
15:20 発走【香港スプリント】芝1200m
16:30 発走【香港マイル】芝1600m
17:10 発走【香港カップ】芝2000m
─────────────────────
海外競馬の中でも比較的毎年注目されている【香港国際競走】。今年は香港カップに出走予定だったアーモンドアイが、発熱で回避をするという発表が出たばかりで、少々盛り上がりに欠ける部分もございますが、それでも日本馬が9頭出走予定となっております。 先日、そのうちの7頭が最終追い切りに臨みました。 香港カップに出走する、インディチャンプは芝コースで力強い脚さばきを見せました。初の海外タイトルに向けて良好な様子です。 香港ヴァーズ出走予定のディアドラも、快活な走りで注目を浴びていました。
─────────────────────
そしてここで朗報!今回はじめて無料メール会員になると!
香港予想買い目無料版が前日夜21時頃見れると確認いたしました!



海外専門チーム組んでる予想さんなかなかないですもんね。ここは重宝するはずです。
同時に阪神JF含めた数レースの無料版買い目も見れるので今週はお得です。 中央重賞情報もがっちり無料版で的中(マイルCS228%・フルーツラインC384%・エリ女290%・犬山特別330%)してるのでこれもチェックはマストです(無料) →サイトはコチラ


何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。