競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

東京スポーツ杯2歳ステークス 2019 予想:本命07ソウルトレイン

time 2019/11/16

東京スポーツ杯2歳ステークス2019の予想

東京11R 芝1800m
馬場想定:良、超高速馬場想定

展開予想

 馬場は良馬場想定でおそらく先週通りの超高速馬場。展開予想だが、逃げたい馬自体がほとんど不在で、とりあえず外からソウルトレインとマイネルデステリョが様子を見ながら先行しつつ、内からラインベックも絡みながらという感じ。もしかしたらコントレイル辺りまでは逃げの手はあるかなと思っているがおそらく外目が主導権でペースは落ち着くとみる。48.5-45.5ぐらいかな。おそらく3F勝負になるだろう。

予想

◎07ソウルトレイン
○06コントレイル
△02リグージェ
×01ラインベック05アルジャンナ
3連複:◎軸○△×BOX
3連複:◎○軸△×流し
3連単F:◎○→◎○△→◎○△×

◎ソウルトレイン

 まあ週の頭から穴馬ならこれと決めてはいたんだが、本命にしたのもやはり他を見て今の時点ではまだ何とも言えない馬が多かったというのが正直なところ。全体の評価としてまだ不安のある馬が多い。その中でソウルトレインも不安がないわけではなくむしろ新馬、前走の紫菊賞とは物足りない競馬。紫菊賞は京都の2000で稍重と力の要る馬場状態、63.2-60.2と超スローだが12.8 – 12.3 – 12.0 – 11.3 – 11.8と2F戦で番手で進めていたが甘くなるのが早かった。力の要る馬場が合わなかったし2000も長かった可能性が高いと。1周コースでは物足りないのは確か。

 ただ2走前の未勝利は結構強い。阪神の1800m戦でもちろんワンターン。49.2-46.7とかなりのスローからの12.1 – 12.0 – 11.4 – 11.6 – 11.7というラップ推移。逃げ馬から離れた3番手で進めて3~4角で3列目の内で前のドゥーベを目標にしながら直線、序盤での伸びはドゥーベのほうが上だったがしぶとく食らいついてL1では1馬身半ぐらいあった差をしっかりと捕え切った。L1は11.7だし11.5ぐらいでは自身で踏めている。スパッと切れる感じではないものの長くロングスプリントできそうなので高速馬場は良さそう。前目で進められそうなのと早仕掛けが基本の石橋脩とはフィットしそうなのもあるので思い切って勝負したい。

○コントレイル

 相手以下は難しいね…。その中でコントレイルを選択。悩ましいところだけど、前走のセンスは良かったと思う。49.7-46.1と超超スローからの13.1 – 12.4 – 11.6 – 10.7 – 11.4とL2最速で10.7。ここで2列目から先頭に並びかけてきたし、まあ10.6に近いラップは踏めていると思う。L1は突き放せたがラップ的には落としていて、馬場を考えると微妙なところはある。超超高速馬場ではあったからね。ただゲートも良かったし控える形で2列目を取れたのはセンスの良さではあると。今回もこれといって逃げ馬不在だし、前目で折り合えるのは強み、一足も鋭く府中の坂の登りでやれるか?というのはあるが総合的には信頼しやすいかな。

△リグージェ

 追い切りが良かったのと、やはり素材的に出し切れれば?という面で一番はリグージェかなと。前走の新馬戦は新潟外回りの1800なのでなかなか鵜呑みにはしづらいが、それでも49.1-48.1と前が単騎で引っ張りつつの12.8 – 12.6 – 12.1 – 11.6 – 11.8というラップ推移で中団馬群の中で包まれ手洋書ので反応が鈍くL2で外に出してからしぶとく伸び始めてL1で一気に伸びて捕え切った。エンジンがかかるまでは少し時間がかかったがそこから最後までしぶとく伸びたしアドマイヤミモザとは接戦だったがこの素材は不気味かな。追い切り面も含めて。

×ラインベック

 ん~まあ悩んだんだけど、やっぱりここ2走で人気の中心には押し出されるだろうというのと、いうほど素材的に高いレベルなのかはこの2走だけでは何とも言えん。新馬戦は稍重の中京マイルで52.2-47.1と極端なスローだったし、13.1 – 13.1 – 12.1 – 10.7 – 11.2と2F戦でギアチェンジに特化した一戦。まずまずのスタートから番手でしっかりと進めてきたのはいいし、L2では先頭に立てなかったがL1でアージオンは捕え切った。前走の中京2歳SはOPだが未勝利級の馬が多かったし何ともだが重馬場で48.7-47.8とややスローから11.8 – 12.1 – 11.6 – 11.6 – 12.5と3F勝負で好位外から早め先頭で抜け出してきた。ただレベルは微妙だし時計的には平凡(同日2歳未勝利の方が上)。いろいろ踏まえても総合力は評価したいけど素材的には上がいると思う。押さえまでにしたい。

×アルジャンナ

 前走の阪神内回り2000の内容はいいんだけど、やっぱり超超高速馬場状態だったのであまり鵜呑みにはしたくないかな。65.2-59.2と極端に遅く、12.7 – 12.5 – 11.5 – 11.1 – 11.4のラップ推移でゲートから二の足もいまいち、5頭立てなのでよかったけどという感じ。ただ今回は外枠である程度リカバーできるチャンスはあると思うしペースもそこまで上がってこないだろうと。L2の地点で楽に抜け出す形ができていたし、このメンバー構成で出し切れれば。

その他

 オーロラフラッシュはこれまでも流れた中で良さが出てきた感があるので1800への延長でゆったり流れると決めての絶対量勝負になりそうでそれはどうかなと。それと使いつつ良くなっていたとはいえ二の足で不安があって新馬戦みたいにふらふら走るリスクもあるし、そんなにスムーズに前に行けるイメージはわかなかった。この枠で内の先行勢ラインベックとの比較でとなると起用に前を取るのは難しいだろうし、包まれてスローだと?という感じかな。ルメール×藤沢である程度人気するし消したい。

sponsored link

 因みにこのアーモンドアイが敗れて波乱となった前走、安田記念を鮮やかに的中させた、この予想家をご存知でしょうか?

 
 ↑この的確な馬場読み、展開読みを披露したのは予想屋マスター。なんと13年連続プラス収支継続中で、ナンバーワン予想屋の呼び声も高く、地上波のテレビ等にも出演しているので、ご存知の方も多いはず。
 
 ただ、かなりの人気予想家でJRAのオッズを動かしてしまうほどになったため、基本的に有料会員のみ、しかも登録は抽選制となっています。
 
 が、このページを見られた方は幸運だと思います!私が以前から仲良くさせていただいているとある方のツテで、限定のキャンペーンに参加できまして。
 毎週のメインレース予想動画を「無料登録」で「抽選なし」で公開していただけることになりました!

 
 しかも来週分まで無料で見られます。実際予想動画見せていただいたのですが、展開読み・馬場読みを10分間詳細に解説してくれて、最後には買い目もわかってしまう内容でした。
 
 数学偏差値100超え、慶大理工学部卒で、超難関資格弁理士という方だけあって、論理が明快で動画自体も面白いです。
 
 予想が当たるのはもちろんのこと、予想屋マスターの凄いところは予想セミナー・バックヤードツアーや牧場旅行など、会員と一緒に競馬を楽しむ企画にも取り組んでいる点。
 もちろんこれらに興味の無い方は参加する必要ありませんが、このこと自体が信頼の証なのです。
 つまり、よく考えてみてください。他の会社と全く違い、予想している本人に会おうと思えば会えてしまうということ。予想に自信があるから、逃げも隠れもしないのです。この誠実さゆえ、会員さんがリピートし続けているのがよくわかります。
 他の悪徳予想業者に辟易している方にも、予想屋マスターの予想は自信を持ってオススメできます。なかなかない機会なので、ぜひお試しください!
 
https://www.keibariron.com

 
 

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。