競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

マイラーズカップ 2019 レース回顧・結果:ダノンプレミアム、マイルでも圧倒、楽に抜け出しいざ安田記念へ

time 2019/04/21

マイラーズカップ2019のレース回顧・結果

京都芝外1600m良
1:32.6 48.5-44.1 S^4
12.6 – 11.4 – 12.0 – 12.5 – 11.8 – 10.9 – 10.3 – 11.1

展開分析・総評

 京都で超高速馬場だとまあ上がり切ることはないだろうとは思っていたが、それにしても遅かったなという感じ。4.4で極端なドスロー、そこからの完全な3F勝負となっていてL2最速10.3は京都というか新潟外回りを除いてみたことないようなラップを踏んでいる。L1も11.1でL2と比較すれば結構減速しているが…究極の切れ味勝負という感じ。

毎週日曜の22:00からツイキャスでマイラーズカップなど重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです! http://twitcasting.tv/c:nandecas 競馬ナンデトップページからも視聴できます http://www.keibanande.net

1着06ダノンプレミアム

 まずまずのスタート、ハナも厭わずというところを外のグァンチャーレが微妙に主張してきたので控えて番手で進める形を選択する。道中も単独の2番手ぐらいで進めてグァンチャーレを遊ばせる。3角でもまだ一気には上がらず、ここでじわっと仕掛けながらグァンチャーレに並びかけ、ここでグァンチャーレが一気に引き上げてきたので流石に少し反応鈍く直線。序盤の最速地点でそれでも流石の伸び、グァンチャを競り落とすと最後は楽に流すぐらいで1馬身半差の完勝。

 う~ん…一瞬やったかグァンチャ?と思ったんだけどね、一瞬だったね。この馬にしては直線入りの反応が少しだけ遅くて川田が何度か首元をパンとしているんだが、それでようやく並びかけてきたという感じ。いつものダノンなら楽に並びかけられるという意識だったと思うけど、これは逃げたグァンチャーレを褒めないといけない。ただグァンチャーレ比較でみるとこの馬のトップスピードの質・持続力でともに1枚上だったのは間違いないと思う。だからこそトップスピードに乗ってからはあっさりと抜けたし最後も離した。スローでここまで極端な上がり勝負で質が違ったというのは大きいが、TS持続力を測るにはちょっとあまりにも瞬間的な決め手勝負になりすぎた感はあるから難しいね。安田記念はもっと全体で流れると思うから、その辺りでどう出てくるか。ものが違う気もするけど。

2着08グァンチャーレ(池添)

 まずまずのスタート、内のダノンとの競り合いとなるが、ダノンに対してじわっとプレッシャーをかける形で控えさせてスローのままレースを支配する。そのままペースをドスローにコントロール。3角でもまだじわっと上げる程度、ここで外からダノンに並ばれたので4角で一気にペースを引き上げてコーナーワークも含めて一瞬出し抜いて直線に入る。序盤で半馬身差あった差で頑張っていたがここでクビほど前に出られる。L1でも踏ん張って2着争いは何とか制した。

 これしかないという競馬をしてくれたと思う。これで負けたならダノンを褒めるしかない。ただ逆に川田に一瞬いつもと違うなと思わせるぐらいには伸びたと思うんだよ。ダノンとの比較でみるとさすがにL2の最速地点では苦労してしまったし、L1はもっと甘くなった。それでもあそこまで緩い流れから一気にトップスピードまで持っていく加速性能はこの路線でもトップレベルだったし、それを武器としているダノンの持ち味、一瞬の反応を感じさせないほどにはこちらも一気に加速できていたと思う。グァンチャーレもギアチェンジだけならダノンに渡り合えたといっていいんじゃないかな。ただ流石にここまでドスローで切れ味勝負でとなってしまうと直線で見劣ったね。それでもパクス・インディの2頭を抑えての2着は立派だったと思う。展開も最高だったし騎乗も最高だったけどね…流れてもやれる馬だけどそうなるともっと強い馬もいるから難しい。この形がベストだったと思う。逃げてこれができるなら逃げもしっかりと選択肢に入れて良いんじゃないかな。

3着02パクスアメリカーナ(藤岡佑)

 やや出負け、そこからじわっと進めて2列目ポケットまで押し上げていく。最終的にダノンが単独の2列目に入ってきたのでその後ろぐらいで我慢しながら3角。3角でダノンが外から押し上げにいったタイミングで2列目の内のスペースが完全に空いたのでそこを活かして4角で楽な感じでスピードに乗せていってロスなく立ち回って直線。序盤でグァンチャーレの後ろでスペースを詰めながらジリジリと伸びてくる。L1でしぶとく差を詰めてインディチャンプを捕え、最後はグァンチャーレにも迫ったが及ばなかった。

 馬券的にはこの馬がここまでトップスピード戦でやれてしまったらしょうがない…というところかな。ここまでのイメージは正直わかなかった。インディチャンプより上に来るとは…というところ。ただ騎乗も良かったのと展開に恵まれたのはあるかな。ダノンがやっぱり2列目で前にいてくれて、それが外からグァンチャに並びかけてくれてこの2頭なので直線前半は確実に伸びてくれるのでこちらの加速スペースがあてになったというのはある。そのうえでL1までに進路を作り切ってそこからは伸び良く。L1だけならダノンとの差も少し詰めているからね。TS持続という観点で高いレベルのものを見せてくれたのは良い材料。次は府中に替わるので、坂の登りでの加速性能を引き出せるかどうか。今回もL2の地点で前2頭には少し離されていた部分があった。府中だと坂の登りでそうなる可能性もあるからね。非常に高いレベルでの話だが、加速性能やトップスピードの質ではダノンの方が一段上。この辺りをどう考えて進めていくかやね。前半のゲートでも少し見劣るので突き抜け切るには展開が完全に味方しないとかな。

4着03インディチャンプ(福永)

 五分には出てそこからのポジション取り、ダノンが下がってきたので少し下げて、ここで掛かり気味になる。ペースもドスローだったのでコントロールを意識。3~4角でダノンが動いてくれたのでその後ろを追走しながら4角で一気にペースアップする中で楽な感じで追走。しかし直線で追い出されてから少しタイムラグがあり、L1でそこからジリジリとはなだれ込んでくるがグァンチャは捕えられず、パクスに差されての4着完敗。

 ん~…まあ難しいところやね。ダノンとドスローの流れで正攻法で勝負したけど、単純なトップスピードの質では勝てなかったしL1も詰められていないので前をとられていたことを考えるとTS持続でも優位性を作れなかった。それに加速性能でもタイムラグがあったので恐らく見劣っている。後半3要素を決定的にというわけではないが全てにおいて見劣ったかな。なのでやはりインディチャンプがダノンに勝つチャンスがあるとすれば全体のペースが上がって基礎スピードを要求されたほうが良いということになると思う。スローの決め手勝負だと前半もポジショニングで見劣ってしまうし、後半要素でも完敗だったからね。上がりは速いんだけどこれならL1で詰めてきたパクスの方が武器としてTS持続力があるだけ良かったかな。この馬は総合的にスキはないんだけど、後半特化では強敵相手にはちょっと足りない。それを補うには前半の基礎スピード面をという感じで、本番はこの馬も逆転する可能性はあると思っているけどね。枠やペースが上がってくれば。

5着01ストーミーシー(北村友)

 出負けして後方からの競馬だがこれはいつも通り。道中も後方内目で進めながらパクスアメリカーナの後ろぐらい。3~4角でも後方内内でジッと我慢。そのままパクスの後ろ辺りを狙って直線。序盤でそこから徐々に外に誘導するが前との差はつまらない。L1でジリジリと足を使ってきたが5着まで。

 ストーミーは以前東京新聞杯でもドスローの直線だけの競馬でそれなりにやれていたから、まあ今回もこうなればそれなりにやれるだろうというのはあったがあの位置になるのでこのレベルではこれが限界だと思う。やっぱり高いレベルまで来るとスローで決め手勝負では強い馬もいるし、流れると足りないから難しいね。

7着04モズアスコット(ルメール)

 五分のスタートから中団馬群の中目で進めていく。道中も中団の真ん中で進めて特にアイデアなく。3~4角でも中団外で進めてロスもあって直線。序盤でそこから追い出されるがジリジリとしか伸びてこず。L1まで良さが出ずストーミーシーにも少し離されて完敗。

 内容的に見てもスローの決め手勝負で質・持続力で良さが出てこなかった。もともと厳しい流れで良さが出ている馬でスローの決め手勝負ではダイメイフジあたりにも差されるレベルではあるからね。このペースではどうにもならんというのは感じるかな。敢えて言えばルメールがやる気なさ過ぎたというか、ここで結果を出すならリスクを背負ってでも前目で勝負をしてペースを作る意識が必要だったと思う。まあこの頭数で逃げ馬がいないと難しいのはわかるけど、あの競馬でこの展開ではどうにもならんわなという感じ。

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。
 
で、「うまとみらいと」の何が凄いの? ↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。
 
使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。
 
3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。
走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
 
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?
コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク
この5頭で勝負したわけですが、、
 
結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着
 
どうですか?
いとも簡単に3連単41,560円GET!
 
この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓
「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋
重賞予想解説者:北条直人
 
6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、
 
この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果 ================================== 単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7% ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2% ==================================
 
コラボ指数:12月24日(日)的中率結果 ================================== 単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8% ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7% ==================================
 
コラボ指数:12月23日(土)的中率結果 ================================== 単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5% ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0% ==================================
 
一般的に3連単の的中率は10%程度なので、 平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。
 
https://miraito.collabo-n.com 3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!
  さらに、的中を重視したいときには「的中率90%の反則技指数」、高配当を狙っていきたいときは「魅せる穴馬HitMake」と使い分けることができる。このあたりは、その時々のお財布事情次第で使い分けるとよいとは思います。
 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 
 当然、「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。
 
 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。
※全レースの指数を見放題できるコラボ放題プラン(月額1,980円)もあります。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。