競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

府中牝馬ステークス 2018 追い切り・調教評価:ソウルスターリング、馬なりでも軽快に加速して雰囲気は良いはず…!

time 2018/10/11

府中牝馬ステークス2018の追い切り・調教評価一覧

4/アドマイヤリード(畑端)

10/10 栗東坂路良

51.8-37.1-24.4-12.6 単走一杯

終いは少し甘くなりやすい馬で、一杯に追われていたものの最後は11.8-12.6と減速。脚捌きはしっかりと鋭く動かせていたし、全体を考えればラストもまとめた方かな。最速ラップが速いので落差が目立つが、休み明けとしてはまずまずいいと思う。

4/カワキタエンカ(助手)

10/10 栗東坂路良

54.8-39.1-25.1-12.6 単走馬なり

最初はブレーキ気味から途中で外しつつ最後は軽く。ラップは地味だがしっかりと前肢を動かせていたし、力強さもあった。そんなに追い切りで時計を出してくる馬じゃないのでまずまずというところ。

4/キョウワゼノビア(助手)

10/10 栗東坂路良

54.0-39.3-24.9-12.2 併走終い軽め

終い重点でしっかりと最後まで加速して終えてきた。併走馬を楽に離し、前肢の伸びも大きく掻き込むような感じ。動く馬なのでこの馬らしい時計でもありまずまずというところかな。

4/クロコスミア(助手)

10/10 栗東坂路良

53.5-38.7-25.5-12.8 単走馬なり

いつも坂路で馬なりで時計を出してこないのでこんなもの。動き自体は結構きびきびとしていて最後まで力強いフットワークで楽に走れていたし雰囲気はまずまず。

4/ジュールポレール(助手)

10/10 栗東坂路良

52.5-37.5-24.4-12.3 単走終い一杯

結構ハードに追われてピッチ良く、掻き込みながら最後まで大きく落とさずに走り切った。休み明けでどうかな?とも思ったがこの直前追いで変わってきそうな感じはあるね。まずまず。

5/ソウルスターリング(助手)

10/10 美浦南W良

54.3-39.3-12.6 外9 単走馬なり

いつも走るんだよなあ。前肢の回転力が良いし手先の返しも鋭くもっとやれていい馬なんだけどなあ。馬なりで楽に加速しているし、動き自体は問題ないはず…あてにはできないけど。

3/ディアドラ(助手)

10/10 栗東坂路良

63.7-46.2-30.4-15.0 馬なり

動き自体はそこまで気にならないけど流石に直前で緩めとはいえ15-15では…というのはあるかな。1週前にハードにやられているので軽くというのもあるかもしれない。判断が難しいところやね。

3/フロンテアクイーン(蛯名)

10/10 美浦南W良

85.4-69.1-53.6-39.5-13.1 外8 併走終い強め

終い併走馬の内からしっかりと伸びてきて鞭も入って抜け出してきた。ピッチ良く最後までそこは落とさず抜けきったが、ラップ的には少し物足りず前走時の動きの方が良かったかなという感じはある。及第点。

4/ミスパンテール(西谷)

10/10 栗東坂路良

55.1-39.0-24.7-12.2 単走終い軽め

終い重点で軽く促されてピッチを上げつつしっかりと加速。前肢の伸びも良いが手先の返しが鋭く結構軽快な感じ。終いだけなので何ともだがまずまず。

4/メイズオブオナー(福永)

10/10 栗東芝良

64.3-48.3-35.2-11.6 外3 単走終い軽め

芝なので何とも言い難いが、しっかりと動きも大きくピッチも保ってという感じで軽快さは伝わってきたかな。まずまず。

4/リスグラシュー(M.デムーロ)

10/10 栗東坂路良

52.5-37.9-24.5-12.2 単走終い強め

全体で出しつつも終いしっかりと加速ラップで終えてきた。前肢を外向きに伸ばすこの馬らしい走りだが、しっかりと大きなフォームで走り切れたし初戦から出来ているかな。まずまず。

PR”大魔神・佐々木主浩氏の秋華賞予想はこちら↓

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。