競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

スプリンターズステークス 2018 出走予定馬:ヒルノデイバロー&四位騎手想定

time 2018/09/27

スプリンターズステークス 2018 出走予定馬:ヒルノデイバロー&四位騎手想定

第52回 スプリンターズステークス(GI)出走予定馬展望

日程:2018年9月30日()
コース:中山芝外1200m

予想用・出走予定馬一覧

ヒルノデイバロー(四位騎手想定)

今年は函館スプリントステークスで10番人気ながら2着に好走、不安定ながらも強さを見せているヒルノデイバローがスプリンターズステークスに出走予定だ。昨年スワンステークスでもサングレーザーと接戦。力はあるはずだが謎の大敗も多く難儀な馬だ。この大一番でどちらに振れるか…?

ぶっちゃけ人気がない時に押さえておいて人気の時に外しておけばいいんじゃないかなと。力関係というより何かがかみ合わないと来ないって感じかな。時計的にも詰める要素はあるし、函館スプリントステークスだけやれれば圏内ぐらいはとも思う。好走パターンもばらばらで正直よくわからん馬でわかろうとしないほうがいいかもしれない。

<PR>

函館スプリントS(GIII)2着

函館芝1200m良 16頭5枠9番
1:07.6(+0.0) 33.1-34.5 H^2
11.8-10.4-10.9-11.3-11.3-11.9

2走前の函館スプリントS2着から。昨年ほどではないにせよ高速馬場状態でペースは1.4とかなりのハイ。割とスプリント戦らしい前半の基礎スピードを要求された一戦。

9番枠から五分のスタート、押して押しての追走でやや苦労していたが好位の外目ぐらいには付けていく。3~4角でも好位の外で食らいついて直線。序盤で前のナックビーナスと伸びがそんなに変わらずジリジリ。しかしL1でグンと来るとナックを交わして逃げるセイウンコウセイにハナ差まで決定的な脚を使っての2着だった。

速いラップ地点では来る感じはなかったが、それ以上にL1の減速バテ差しで伸びたなという印象。また3~4角のロスがあったししかも開幕週の馬場だったからね。そう考えると実はこの3着までのメンツの中では一番強い競馬をしていることになる。正直に言って1200で高速馬場の基礎スピード戦で来るとは全く思ってなかったので意外だったし、能力はある程度評価していたけどスワンSのイメージだったので1400の方がいいだろうというのも普通にあった。1200でも前半緩ければ?というところでこの流れに乗って好位外から正攻法で2着だからね。驚きが大きい一戦だった。ただ、敢えて言えば厳しい流れといっても高速馬場で自身走破でみれば33.7-33.9と平均までだったというのはある。

キーンランドC(GIII)14着

札幌芝1200m稍 16頭2枠3番
1:11.4(+2.0) 33.7-35.7 H^2
12.1-10.7-10.9-12.0-11.6-12.1

前走のキーンランドCは大敗を喫している。稍重でかなりタフな馬場状態、洋芝でも真逆の馬場状態でペースは2秒とかなりのハイペース。ラップ推移的にはL3-2で再加速があるのはあるが、後半は遅め。前半のパワー型基礎スピードが大前提にはなっている。

3番枠から出負けして押っ付けつつも二の足悪く最後方へ。道中も最後方を走りながら内目で3角。3~4角で徐々に押し上げながら外に持ち出し4角では大外をぶん回して直線。しかし序盤で早々に伸びずに最後方列。最後まで良いところなくの14着惨敗だった。

根本的にゲート・二の足が明らかに見劣った、というのはあるし3~4角の大外ぶん回しはコーナーが緩く長い札幌では難しい。4角付近で緩んでいたので凝縮する中で押し上げたのでそこまででもないがそれでもあそこまで大外だと流石に。それを差し引いても伸びる気配が全くなかったし別の馬のような負け方ではあったかな。前半から全くついていけなかった点の方が気になるし、これが解消できないと信頼はできない。まあ人気しないだろうからいいんだけど。

オパールS(OP)2着

京都芝内1200m良 13頭7枠10番
1:07.5(+0.0) 34.3-33.2 S^2
12.2-11.0-11.1-11.2-10.8-11.2

この馬の厄介なところはトップスピード面は結構持っているという点にある。もちろんここに入るとこのレースレベルでは何ともだが、後傾型の競馬で鋭く食い込んだ。ペースは1.1で1200としては異常に遅いレベルのスロー。ラップ推移的にもコーナーで上がり切っておらず4角出口から直線入りで最速の10.8。ここで相当速いラップを要求されたようにトップスピードの質やギアチェンジ面も問われた。

10番枠からやや出負けして押して押しての追走、前半早いうちに前がスローにコントロールしたので徐々に押し上げて好位の外で3角に入っていく。3~4角でもペースが上がり切らない中で好位の外から押して押して3列目の曽於t。序盤の最速地点でもそれなりには伸びるがジリジリ。L1で2列目をまとめて交わして前のソルヴェイグに迫っての2着。

これがややこしい。タイプ的にもエンジンのかかりが遅いのは確かで、そこからL1で強襲する形でこれは函館スプリントSと同じ。ただし、スローで11秒前後の連続、L1も11.2とそこまで落ちてない中でも伸びてきているようにトップスピードの持続力だけでなく質もある程度高いレベルで持っているということになると。もちろんソルヴェイグや3着イッテツ、ラヴァーズポイントレベルではあるのでそこまでの評価はできないにせよ、後半に特化した競馬でもやれちゃうのが扱いとしては難儀になるかな。

スプリンターズステークス2018への展望

まあ一応傾向としてみると基本的には後半余力があるときに結果が出ているのは確か。スワンSも流れたけど自身では平均ペースの範囲だったし、これは函館スプリントSでも同じ。スローのオパールSでも鋭く脚を維持してきた。ただし、それが好走パターンか?といわれるとそうでもなくて、同じように平均だった阪急杯では大崩れしている(0.8差、ハイレベル戦なのでそこまで悪くはないが)し、京阪杯もいまいち。前走のキーンランドCにしたっあの位置なら後傾バランスで入れているはず。上がり3Fを落としすぎたので失速しているがあれぐらいのペースで脚を使えないはずはない。大外ぶん回しを差し引いてももっと来ないと…というのはある。よくわからない馬なのは確かかな。ネックになるのは前半の基礎スピード面・ポジショニングで、32秒台の入りになってしまうと恐らく後方からは確実になる。一方で軽い馬場適性自体は見せているし、オパールSの感じからも後半32秒台を引き出せる馬。函館スプリントSも踏まえてもう少し時計を詰めてくる可能性が残っているのも確か。エンジンのかかりが悪いので何ともだが、高速馬場でハイペースを内内で立ち回り、ドンキ辺りがいたとしてそれを目標にできればあわよくば…ってところかな。ナックビーナスを地力で撃破している以上は力は通用する。狙うとしたらそういう部分がかみ合えば。色々見て判断したい一頭。

―――――――――――――――――――――――――
【スプリンターズS】
『絞りに絞った3頭』を無料で教えます!

―――――――――――――――――――――――――

▼スプリンターズSは今年も任せて下さい!▼

【2012年】1万7540円的中!
【2013年】2万8020円的中!
【2014年】1万9580円的中!

もちろん昨年も!7650円的中!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ファインニードルに迫るのは衝撃の超穴馬!

『絞りに絞った3頭』を無料で教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

―――――――――――――――――――――――――
【万券】 この1ヶ月だけでも的中ラッシュ!【万券】
―――――――――――――――――――――――――
■9月 2日札幌  11R9万9970円的中!
■9月15日中山   5R7万2530円的中!
■9月 2日新潟   1R5万2400円的中!
■8月26日新潟   3R3万8310円的中!
■9月 2日札幌  12R3万0390円的中!
■9月17日中山   6R3万0020円的中!
■9月 9日中山   6R2万5380円的中!
■9月 1日小倉   1R2万4920円的中!
■8月26日札幌   8R2万3080円的中!
■9月16日阪神   1R2万1280円的中!
■9月16日中山  11R2万0860円的中!

≪その他的中多数!≫

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪≪今週のスプリンターズSも任せて下さい!≫≫

『絞りに絞った3頭』を無料で教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。