競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

神戸新聞杯 2018 出走予定馬:ゴーフォザサミット&蛯名騎手想定

time 2018/09/20

神戸新聞杯 2018 出走予定馬:ゴーフォザサミット&蛯名騎手想定

第66回 神戸新聞杯(GII)出走予定馬展望

日程:2018年9月23日()
コース:阪神芝外2400m

予想用・出走予定馬一覧

ゴーフォザサミット(蛯名騎手想定)

ダービートライアルの青葉賞を制したゴーフォザサミットが神戸新聞杯に出走予定だ。本番のダービーでも7着とまずまずの結果を残したが、休み明けの札幌記念では古馬の壁に弾かれた。得意の2400m戦、菊花賞トライアルも制すことができるか?

まあ前走の札幌記念に関しては適性的にかみ合わないと思っていたので7着なら言うほど悪くない。ダービー、青葉賞の内容通りならここでも圏内は狙えると思うが、エタリオウなんかはダービーで強烈だったしその辺をどう考えるか。

<PR>

青葉賞(GII)1着

東京芝2400m良 18頭5枠9番
2:24.4 60.8-58.6 S^2
13.2 – 11.2 – 11.8 – 12.2 – 12.4 – 12.7 – 12.3 – 12.2 – 12.0 – 11.6 – 11.1 – 11.7

3走前の青葉賞から振り返る。2400に距離を延ばして末脚炸裂したというところ。ペースは2.2でかなりのスロー、ダービーと違うのは後半は3F勝負でしかもL3でも11.6とそこまで速くない。L2地点での切れ味が問われた一戦。

9番枠からまずまずのスタートから無理せず楽に先行争い、そこから抑える形でポジションを下げて好位につける競馬となる。道中も好位の内目で進めて3角へ。3~4角で先行集団がかなり凝縮する中で少し包まれた状態で直線。序盤で外に出して先頭列5頭の外からじりじりと伸びる。L2で先頭列に並びかけてしっかりと粘るエタリオウを引き離して2馬身差の完勝。

要所で少し進路確保で後手を踏んだがそこからしっかりと加速してL2最速地点で1馬身半ぐらいの差を詰め切ったし、そこからL1で2馬身広げている。この辺からも3F勝負の中でトップスピードの質・持続力ともに高いレベルのものを見せたといっていいと思う。

日本ダービー(GI)7着

東京芝2400m良 18頭3枠6番
2:24.0(+0.4) 60.8-58.3 S^2
12.7 – 11.0 – 12.3 – 12.4 – 12.4 – 12.3 – 12.2 – 12.0 – 11.7 – 11.2 – 11.2 – 12.2

2走前の本番、日本ダービーでは強気の競馬で7着と力及ばず。ただ悲観するほど悪い内容ではない。ペースはかなりのスローでこれは青葉賞と近いのだが、やはりL4から11.7でL3で11.2と仕掛けが早い流れになった中で外からという形になったのが痛かったと思う。

6番枠から五分のスタート、そこからポジションを取りにある程度促して入っていくが、外からくる馬が多く1角辺りで好位の内目のポジション。1~2角でさらにかなり窮屈な感じになって下げて中団。道中も中団馬群の中で折り合わせつつ3角手前で徐々に外に。3角で外に出して4角では促しながらワグネリアンの後ろをとって直線。序盤で外に持ち出して追い出されるが伸びは地味。L2でも伸びあぐね、L1まで食らいつくが最後は激しい3着争いから1列後ろの7着完敗だった。

まあ少なくとも前目で外から勝ちに行ったワグネリアンと同じコースから直線で伸びあぐねているのでそこは力負けの面はある。ただし、ワグネリアンが強かった、というのもあるしこの馬自身も3~4角のロスはそこそこあった中で全体でも早仕掛け。そう考えると最後まで食らいつけたのだからそこは一定の評価が必要だろうと。

札幌記念(GII)7着

札幌芝2000m稍 16頭4枠7番
2:01.7(+0.6) 59.1-62.0 H^3
12.5 – 10.4 – 11.5 – 12.1 – 12.6 – 12.4 – 12.0 – 12.6 – 12.5 – 12.5

前走の札幌記念は展開・馬場を考えると苦戦するかなと思っていたがそこまで悪くはなかった。ペースも3秒近い超ハイで消耗戦といっていい流れ。

7番枠から五分のスタート、そこから促してある程度ポジションをとってから様子を見て中団やや前目。道中もスティッフェリオを見るような感じで進めて3角。3~4角で好位の外目を追走するが鞭が入って反応に苦しむ。それでも2列目の一角で直線。序盤でサクラアンプルールに抜け出されて2列目の一角のまま。L1でも食らいつくが最後は少し離され7着完敗。

ここでは厳しい流れの中で後半のトップスピード面は全く問われず。というよりほとんど前半のパワー型基礎スピードが重視された一戦だったので、それでも大きく崩れなかったのは成長といって良いんじゃないかなと。ただ、もちろんこの競馬では難しいし、基本的には前半ゆったりからトップスピード勝負で良さが出てきた馬なので。

神戸新聞杯2018への展望

前走の札幌記念はそこまで気にしなくていいと思うが、やはりダービーでワグネリアン相手に完敗だったという点はここに入るとちょっと弱い材料となる。もちろん今回はワグネリアンが叩き台、こちらは一つ叩いてということもあるので状態面でのアドバンテージはあるかもしれないが、それでも逆転までは恵まれないとという感じ。加えてダービーで強烈な末脚を見せてきたエタリオウやアドマイヤアルバといったところもいて、差し馬の序列としてみても微妙なところではあるかな。ペースが上がって良いわけでもないし、押さえとして拾うかどうかというライン。

―――――――――――――――――――――――――
【神戸新聞杯】本当にワグネリアンの相手探し?
―――――――――――――――――――――――――

その最終ジャッジは
ダービーも的中のWORLDにお任せ下さい!

\\\\\\\\\\\\V////////////

神戸新聞杯の【◎-穴】馬連1点を教えます!!

////////////∧\\\\\\\\\\\\

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
―――――――――――――――――――――――――

【【今年のダービーもキッチリ獲った】】

◎ワグネリアン-穴エポカドーロ

【馬 連】7950円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪さらに!この1ヶ月のメインだけでも万券連発!≫
―――――――――――――――――――――――――
[9月2日]札幌11R ◎コルコバード
3連単⇒9万9970円【的 中】
3連複⇒2万1050円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[9月8日]中山11R ◎ノームコア
3連単⇒1万6070円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[8月26日]新潟11R ◎アンブロークン
3連単⇒1万5950円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[8月18日]札幌11R ◎ララエクラテール
3連単⇒1万3160円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪≪今週はこれで分厚く狙え!≫≫

神戸新聞杯の【◎-穴】馬連1点を教えます!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。