競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

キーンランドカップ 2018 出走予定馬:デアレガーロ&横山典確定

time 2018/08/23

キーンランドカップ 2018 出走予定馬:デアレガーロ&横山典確定

第13回 キーンランドカップ(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月26日()
コース:札幌芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

デアレガーロ(横山典確定)

2走前のTVh杯では器用に立ち回って抜け出し完勝、サイドオープン入りを果たしたデアレガーロがキーンランドカップに出走予定だ。今年は重賞戦線でも存在感を見せていた馬だが夏に降級も即勝ち上がり。前走のUHB賞では不利もあったが4着、再度同じ札幌の1200mを舞台に今度は逆襲となるか。

力の要る馬場が合うのは確かだと思うけど、前半はある程度ゆったり入った方がいいタイプだと思う。前走のUHB賞の場合は不利も多少あったかなとは思うがそれでも根本的に流れが厳しかった可能性が高いかな。今回もそうなったときには強敵が多いので…。

TVh杯(10下)1着

函館芝1200m稍 14頭3枠3番
1:08.6 34.1-34.5 M
12.0-10.9-11.2-11.3-11.3-11.9

2走前のTVh杯から振り返る。函館の1200m戦、稍重で少し渋った状況だが開催序盤なので時計はそこまで掛からず標準ぐらい。ペースは平均でコントロールされていてそこまで速くない。前後半のバランスが問われた一戦。

3番枠から出負けして後方からの競馬、そこから促してリカバーしつつ中団馬群の中ぐらいまで押し上げる。3~4角では好位3列目の内目から我慢して直線。序盤でそこから進路を確保するとじりじりと伸びて、L1で一気に突き抜けての完勝。

出負けからリカバーして押し上げて、そこで脚を使ってはいるものの全体のペースとしてはそこまで速くない。3~4角でロスなく立ち回れたこともあって直線でしぶとく伸びてきた。この馬自身後半ある程度速いラップを踏める馬だが、それでもここではL1でのバテ差しという形で勝ち切ったとみるべきかな。

UHB賞(OP)4着

札幌芝1200m良 10頭8枠9番
1:08.5(+0.2) 33.5-34.8 H^2
11.9-10.6-11.0-11.4-11.7-11.7

前走のUHB賞では札幌の1200m戦で良馬場もペースが1.3とかなりのハイペースまで上がってしまったのはあるかな。不利があったのは確かだが、それでもそこまで決定的とは思わないしラストの伸びが甘くなったというのも確かだと思う。

9番枠から出負けして押っ付けられるも二の足が微妙、まずは後方から追走。道中も後方外目から3~4角で仕掛けを待ちつつ。4角でじわっと促しながら勢いに乗って大外に持って行って3列目付近だがここで内の馬に少し張られてロスが多くなる。直線そこからの伸びで一瞬は伸びかけたがL1で伸びきれずに2着争いで少し見劣った4着。

まあ4角で確かに内の馬に張られているのでそこで必要以上に外を回す形になったのは多少はある。ただ不利としては程度は小さく、ロスはあったがスピードを削がれるような張られ方はしていない。余力が残っていれば差し込めたと思うし、不利の分を考えて2着争いはもうちょっと際どい可能性はあるが、勝ち切るところまでは難しかったかな。ゲートがどうしてもまずいからね…。

京都牝馬S(GIII)2着

京都芝外1400m良 12頭8枠10番
1:23.1(+0.1) 36.1-34.7 S^2
12.4-11.4-12.3-12.2-11.8-11.3-11.6

4走前の京都牝馬Sが面白い内容。良馬場でも雨が残っていて時計が掛かっていた。恐らくややタフな馬場状態でその中で1.4のスローからの2F戦に近い内容。後半のトップスピード戦である程度ギアチェンジを問われた一戦。

10番枠からやや出負けして促されつつも後方からの競馬。そこからも後方外目で追走、少し掛かりながら3角に入っていく。3~4角でも後方馬群の中で進めて仕掛けを待つ形で直線。序盤で外のエスティタートの後ろをとるまでの反応も良く、最後はミスパンテールに見劣ったもののしぶとく食らいついて2着を確保した。

要所ですっと動けたし、あんまりマンハッタンカフェ産駒っぽくない感じの走りだった。力の要る馬場で後方で我慢、直線で加速していく過程でもしっかりと動けていたしこの器用さを活かせたのは良い。ただし、逆に言えば緩い流れで余力があった状態で要所の加速に良さが出た。コーナー地点では12秒前後、という遅い流れから最速11.3まで持って行くところで、と考えると11秒前後から減速していく流れになる1200m戦が本質的に合っているかどうかは結構懐疑的な面はある。

2018キーンランドカップへの展望

能力的には面白いものを持っているが、1200で流れてどうか?は良いイメージではない。前走は確かに4角で外に張られたことが影響している部分もあるが、逆に言えばあのレベルで53kg(他も軽かったが)で不利があれば馬券圏内に届かないレベルの脚だったということになる。ハイペースの追走で後半の決め手が甘くなってというパターンに見えたかな。トップスピード戦では強い馬だし京都牝馬Sの内容面から判断しても距離自体は1200よりはマイル寄り(VMではだめだったが…)だとは思うんだけどね。今回は特にハイペースで強い馬が多いわけで、そうなってくると難しい。UHB賞のレベルも個人的には微妙(500万下で斤量57kgの馬で1:08.9)だと思っているので、ここでは狙わないつもりかな。ただ今回はノリで、厄介なのがポツン最後方から3~4角ロスなく立ち回ってのL1滑り込み3着とかがありえなくはない点…。流れに乗っていこうとすれば難しいが、前半を捨てて3~4角地点が長く緩い札幌でロスなく立ち回って…が嵌る可能性も多少はあるのでそこが怖いといえば怖いか。このレベルでハイペースの流れに乗ってしまっては難しいタイプだと思う。

―――――――――――――――――――――――――
【キーンランドC】◎-穴の馬連1点【無料公開】
―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨年のキーンランドCも◎-穴で仕留めた!

[1着]エポワス(12番人気)[2着]ソルヴェイグ

【馬 連】4570円【【的 中】】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年も勝つ馬はすでに見えている!

さらに相手も『ほぼ1点』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
≪波乱必至のキーンランドC≫

キーンランドC『◎-穴の馬連1点』無料で教えます!

―――――――――――――――――――――――――
先週も馬連2万馬券など高配当連発!
まだまだ『儲かる夏競馬』は終わらない!
―――――――――――――――――――――――――
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

先週日曜【新潟8R】
馬連《2万0800円》3連複《2万0540円》的中
―――――――――――――――――――――――――
先週日曜【新潟6R】 3連単《1万5580円》的中
―――――――――――――――――――――――――
先週日曜【札幌9R】 3連単《3万9820円》的中
―――――――――――――――――――――――――
先週土曜【札幌11R】3連単《1万3160円》的中
―――――――――――――――――――――――――
先週日曜【新潟10R】3連単《1万1990円》的中
―――――――――――――――――――――――――
先週土曜【小倉8R】 3連複《1万0430円》的中
―――――――――――――――――――――――――
その他にも的中多数!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
―――――――――――――――――――――――――

▼今週末のキーンランドCも絶対に見逃せない!▼

1番人気は現在6連敗中!
レッツゴードンキで本当に大丈夫?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

◎◎◎昨年以上の大回収も十分あるぞ!!◎◎◎
―――――――――――――――――――――――――
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

キーンランドC『◎-穴の馬連1点』無料で教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。