競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

函館2歳ステークス 2018 出走予定馬:スズカカナロア&池添確定

time 2018/07/19

函館2歳ステークス 2018 出走予定馬:スズカカナロア&池添確定

第50回 函館2歳ステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月22日()
コース:函館芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

スズカカナロア(池添確定)

初年度から活躍馬を多く輩出したロードカナロアのセカンドクロップからスズカカナロアが函館2歳ステークスに出走予定だ。前走の新馬戦では稍重の中で番手からしっかりと抜け出し強い競馬。世代最初の重賞勝ち馬となるか?

まあ前走は悪くない競馬だったと思うけど、ここで上位人気になるほどか?といわれると微妙。

新馬戦1着

函館芝1200m稍 7頭1枠1番
1:11.1 35.3-35.8 M
12.0-11.4-11.9-12.0-11.8-12.0

新馬戦では平均ペースの流れの中で番手からしっかりと一足を使ってきた。L2で再加速、L1は少し落としているという感じ。

1番枠から五分のスタート、そこから押して押して先行争いだがショウブが速いのでそれを行かせて番手。そこからは楽に番手で進めて3角。3~4角でも前を追いかけて直線序盤で並びかけ、L1で競り落としてメジャーハリケーンの追撃を振り切った。

この馬としては二の足は評価すべきかなと思う。2歳戦で上り坂の函館1200で入りの1Fが12.0なのでこれはショウブが速かったと思う。楽に番手を取るだけのテンの速さは見せたと思うしそこは良い材料。ただし、レースの時計・ラップとしては正直そこまで高く評価できるものではない。同日の3歳未勝利が1:10.2でこれは雨が降る前だったというのもあるが、雨が降り続けて悪化した8Rの3歳500万下でも1:10.1とそこまで遅くない。この馬もL2で良い脚を使って加速はしたけど、L1を落として1:11.1とここに入って人気の一角を占める馬としてはちょっと物足りないかな。

2018函館2歳ステークスへの展望

二の足は結構高いレベルにあると思うし、ペースもコントロールされた中でのものなので時計的にはもうちょっと詰めても良いかもしれない。ただし、L2の最速地点での動きが良かったけどL1では甘くなっていたし、実際ラップ的にも減速しているのでそこまで上げてこられるかどうかかな。ちょっと甘くなったな、という印象が強いので1,2番人気になるかもという馬としてはワンパンチ足りない感じはある。血統的にはロードカナロア×ハーツクライ。ロードカナロア産駒は思っていたよりもマイル色が強いイメージで、アーモンドアイは別格としても、活躍馬は割とマイル以上の方が多いイメージ。その点からも一足の使い方という感じからももうちょっとゆったり運べた方がいいかもしれない。タフな馬場で流れて消耗戦でどこまでやれるか?という感じはあるかな。もちろん怖さはあるとはいえ、人気を考えると取捨が難しい一頭になるかな。

<PR>中京記念2018の競馬をやって何が悪いch動画

ダービージョッキー大西直宏の予想はこちら↓

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。