競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

函館スプリントステークス 2018 出走予定馬:ワンスインナムーン&石橋脩想定

time 2018/06/14

函館スプリントステークス 2018 出走予定馬:ワンスインナムーン&石橋脩想定

第25回 函館スプリントステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年6月17日()
コース:函館芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

ワンスインナムーン(石橋脩想定)

昨年のスプリンターズステークスでは3着と台頭を果たしたワンスインナムーンが函館スプリントステークスに出走予定だ。昨年夏のテレビユー福島賞で好時計勝ち、そのまま勢いを維持してGIの舞台でも3着と結果を残した。京都牝馬ステークス5着からだがサマースプリントシリーズを狙っての参戦、今年も夏の充実から秋へとつなげたい。

基礎スピードを高いレベルで持ちつつ、スプリンターズSではコントロールして後半勝負でもある程度高いレベルで対応と、今は中心視していいレベルかな。京都牝馬Sは力の要る馬場でスローすぎたのもあるし、基本は高速馬場で前半要素をある程度求めていきたい。平均~ややハイの範囲なら安定する一頭かな。

スプリンターズS(GI)3着

中山芝外1200m良 16頭3枠6番
1:07.7(+0.1) 33.9-33.7 M
11.9-10.8-11.2-10.9-11.1-11.7

3走前のスプリンターズSではペースをコントロールした中でしぶとく粘っての3着と結果を残した。ペースは平均でうまく支配、L3最速で4角地点で速いラップを踏んでペースが遅い分だけ比較的仕掛けの速い展開となっている。

6番枠から五分のスタートだが押して二の足良くすっと出てダイアナヘイローの内からハナを取り切る。そこからはペースをうまくコントロールして3角までうまく運ぶ。3~4角で促しながら2列目を4角で出し抜く感じで1馬身半差ほどで直線。序盤でしぶとく粘って1馬身ちょっと、L1で内からドンキに交わされ、さらにレッドファルクスにまとめて差し切られての3着も健闘した。

基礎スピードをコントロールする形で後半の末脚勝負に持ち込んである程度高いレベルで粘り込めたと。特に1200m路線で後半のL3最速10.9というのは結構速いラップだし、ここで脚を使って(最短距離ではあるが)L1まで11.7でまとめてきているようにこの馬自身ある程度後半のTS持続力を持っているというのはある。なのでペースをコントロールさせても戦えるのは強みかなと。

テレビユー福島賞(16下)1着

福島芝1200m良 16頭6枠11番
1:07.6 33.2-34.4 H^2
11.9-10.5-10.8-11.2-11.1-12.1

5走前のテレビユー福島賞では逆に厳しい流れで結果を残してきた。ペースは1.2でかなりのハイペース。ラップ推移的にはL3-2で誤差程度の加速はあるがL1で12.1と落としている。コーナー地点ではまだ速いラップを維持できているが、基本的には前半の基礎スピード勝負とみていいだろうと。

11番枠からまずまずのスタート、そこから促していたが内からアポロノシンザンが行き切ったので控える形で楽に番手だがペース自体は速い。3~4角でも番手外でコーナーでも速いラップを踏むという流れの中で楽な手ごたえで追走して直線。序盤で追い出されて楽に並びかけ、L1で抜け出したところに外からアレスバローズに食らいつかれるが半馬身差残しての勝利。

この時はかなりの高速馬場状態で500万下でも1:08.4とそこそこ速い時計が出ていたが、2着以下は離されていた。この1:07.6はある程度高く評価できると思うし、アレスバローズもハイペースでは強い馬でオープン入りしてある程度活躍している馬。休み明けでこういう正攻法の競馬で捻じ伏せられたのは評価したいかな。まあスプリンターズSみたいにコントロールしたほうが強敵相手にはよさそうだけど、33秒台前半の基礎スピード戦でもある程度やれるのは強み。

京都牝馬ステークス(GIII)5着

京都芝外1400m良 12頭2枠2番
1:23.4(+0.4) 36.1-34.7 S^2
12.4-11.4-12.3-12.2-11.8-11.3-11.6

個人的には高速馬場なら1400がベストな距離かなと思っているんだが、前走の京都牝馬Sの場合は力の要る馬場でのもので、しかもかなり遅く1.4とかなりのスローとなり、2F戦ではあるが後半特化といっていい競馬となった。もちろん休み明けもあるし、それよりもやはり香港明けの影響は無視できなかったかなとは思うが。

2番枠からまずまずのスタート、促して楽にハナを主張し、そこからはかなり落としてコントロールする。3~4角でも少し仕掛けを待ちながら直線で追い出すとすっと話して一瞬やったかな?という感じも徐々に甘くなり外のエスティタートに並びかけられる。L1ではさらに甘くなって外差しに屈しての5着だった。

昨年は同じような感じの競馬で結構頑張っていたが、香港遠征明けを考える必要はあると。もちろん悪くはないんだが、香港スプリント出走時に馬体が17kgも減っていて、そこから2か月をかけて調整、というのは馬体を戻しながらが中心になったと思う。全力で走れる状態煮なかった可能性は結構高いと思うので、そこは考慮に入れるべきかなと。レースの流れだけでみればやはりスローにしすぎてトップスピード面での強敵が多かった印象は強い。それでもエスティタートあたりに逆転されていることを考えると状態面の可能性を考えるべきかな。

2018函館スプリントステークスへの展望

この馬が一番状態面次第で評価が変わってくる馬かなと。ペースが上がってもやれるのはアレスバローズ比較でみても確かで、ダイアナヘイローの方がかみ合えば上だと思っているがそれでも十分戦えるレベル。またハナを取り切って主導権を取り、ペースをコントロールしてもしっかりと出し抜く脚を持っているし、スプリンターズSで見せたようにTS持続もこの路線なら結構高いレベルにある。ダイアナヘイローとの比較だとL3最速でコーナーで脚を使わせることができれば面白いが、函館スプリントステークスの傾向から考えるとL2最速になりやすいので、この通りならダイアナヘイローの方がかみ合いやすいかな。あとは状態面で、前走の京都牝馬Sは恐らく陣営の方も半信半疑で立て直しながらだったと思うし、そこで結果が出なかったので立て直す、という選択をとってきたんだろうと。コメントからもサマースプリントを目指してということなので、まずは追切を見て判断したい。前走で448kgまで戻していてほぼ馬体重的には戻せているし、そこからの調整なら立て直せるチャンスもあるかな。ナックビーナスより良い位置を取れると思うし、ダイアナヘイローが主張しなければ逃げること自体はそんなに難しくないメンバー構成。チャンスは十分あると思う。

PR) 近年大荒れの函館スプリントS  今年も万馬券は出るのか・・・

函館競馬いよいよ開幕!
今年も函館スプリントSの季節がやって参りました。
4年連続で10万越えと魅力的なレースです。
そろそろ堅い決着になる予感がするので人気馬中心で転がします。

ここ最近…勝率が一気に下がり、、マイナス収支が膨らむ一方で悩んでいたんです。
そんな時 たまたま知り合った人が競馬好きの人で、
『昨年まで勝率悪くて悩んでいたけど指数サイトを見てから勝率が上がった!』と。
その指数サイトをこっそり教えてもらいました!

ークリックして無料登録ー
※登録は簡単!メールアドレスを入力するだけ!

先週の的中率結果はコチラです。

指数サイトの【うまコラボ】。
毎度毎度、複勝率が素晴らしい。
この指数サイトを参考に複勝にドカンと賭けてみるのも有りですね。

えっ!3連単が3回に1回当たる?!
指数上位馬6頭の3連単BOXを買うと3回に1回は的中するという噂です。
気になる方は、是非検証してみては・・・?

無料登録でも十分楽しめます。
毎週金曜日に1R~6Rの指数予想がアップされます。
過去の指数結果のデータも見れるので指数傾向を確認できます。
このデータを基に、自分の予想と融合させて予想をしていきます。

\週末が楽しみになってきますよね!/

函館スプリントSの予想は指数を参考にしてみては・・・?

指数サイトに出会ってから、競馬の見方や予想の仕方が少し変わりました。
こんな予想の仕方もあるんだなと。
今後は、毎週この指数サイトにお世話になることを決めました。

えっ!3連単が3回に1回当たる?!
勝利の近道は【うまコラボ】!!!

ー函館スプリントCの予想を見るー
※登録は簡単!メールアドレスを入力するだけ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。