競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

日本ダービー 2018 出走予定馬:コズミックフォース&石橋脩想定

time 2018/05/23

日本ダービー 2018 出走予定馬:コズミックフォース&石橋脩想定

第85回 日本ダービー(GI)出走予定馬展望

日程:2018年5月27日()
コース:東京芝2400m

予想用・出走予定馬一覧

——PR——-
 ダービージョッキー大西直弘曰く、、「ダービーは昨年も絞った3頭のみで的中できましたが、今年も自信あり!買うのはこの3頭だけでよいはずですとのこと。↓↓
「買うべき3頭」がこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
日本ダービー(G1)
「揺るがぬ自信の◎馬」
↑無料で今すぐ教えます↑

コズミックフォース(石橋脩想定)

ダービートライアルでも勝者のみに権利が与えられる狭き門のプリンシパルステークスを制したコズミックフォースが日本ダービーに出走予定だ。すみれステークスでは強敵キタノコマンドールを前に5着と涙を呑んだが、府中の舞台で好位からしぶとく抜け出し好時計で勝利をもぎ取った。その余勢であっと驚く台頭劇を見せたいところだ。

まあすみれSの感じからも純粋な決め手勝負ではちょっと難しいかなと思うし、プリンシパルSで良さが出たのは全体で流れたことも大きいかな。その点でも2400はちょっと長いんじゃないかなと感じている。

プリンシパルS(OP)1着

東京芝2000m良 14頭4枠6番
1:58.2 59.2-59.0 M
12.7-11.3-11.3-11.6-12.3-12.0-11.9-11.3-11.8-12.0

前走のプリンシパルS勝ちからまずは入っていこう。ペースは見ての通りできれいな平均。中盤で若干緩んだといっても12.3という程度なので基礎スピードも高いレベルで要求されたしL3最速と仕掛けも早く出し切る競馬。基礎スピードとTS持続力の高さを要求されたかな。

6番枠からまずまずのスタートを切ってそこから無理はせずにじわっと外目に誘導しつつ好位の外を確保する。道中前4頭ぐらいが少し離して進めていて、その後ろの集団の外で進めながら3角。3~4角でも前3頭が少し話している状況、離れた3列目の外でじわっと取り付いて直線。序盤でばてた馬を拾いながら2番手、L2でそこからしぶとく伸びて先頭に立つが後ろも追撃。最後は外からブレステイキングに決定的な脚を使われるが何とか頭差凌いだ。

直線でしぶとく伸びてきたが、ラストは外からブレステイキングがやってきてこれは何とか退けたという感じ。ただ前半からそれなりの位置にはいて、結構流れた中でもしっかりと末脚を引き出すことができた。基礎スピード面での進捗があったというのは大きな材料かなと感じる。ただし、この日は超高速状態で、1000万下の1400m戦でも1:20.0、3歳500万下牝馬限定の1800m戦で1:45.6と非常に速い時計が出ているように、あまりあてにはしづらい。好時計といっても1:58.2に3着までが入っているように、単純に馬場が非常に軽かったことが大きいというのはあるだろう。

すみれステークス(OP)5着

阪神芝内2200m良 8頭2枠2番
2:12.5(+0.8) 60.6-58.8 S^2
12.6-11.6-11.9-12.4-12.1-12.3-12.3-12.0-11.8-11.0-11.7

2走前のすみれSは内容的にはちょっと物足りない競馬。この時も超高速に近い馬場状態で、ペースは1.8とかなりのスロー。ただそこまで遅いというわけではないし、後半もL2最速戦で仕掛けそのものはそこまで早いわけではなかった。

2番枠からまずまずのスタートを切っていたが無理はせずに中団馬群の中で進めていく。1角までには下げて6番手で様子を見ながら。向こう正面でも特に動かず、3角で手が動いているがいまいち反応できず。4角でそこから追い出されるが反応できないまま一気にキタノコマンドールに交わされて直線。序盤でもそこから追い出されるがいまいち伸びない。最後は前も落としているのだがそれでもなだれ込むところまでも行かずの完敗だった。

スローの流れの中で後ろからだと後半のギアチェンジ、トップスピードの質、持続力という総合力を高いレベルで問われたが、ここでキタノコマンドールに内容的にどの地点でも完敗を喫してしまった。後半の決め手勝負に正攻法で挑んだ結果決め手で見劣ったという点で不満が多いかな。前走のプリンシパルSで2000mで厳しいな流れの中の方が速い上がりを使えていることからも、個人的には距離は2000までがベストかなと感じるところはある。新馬みたいに極端に遅ければ別だろうがそれでもあの時も超高速馬場で単純に33.2というのを評価できるかは疑問。

京成杯(GIII)2着

中山芝内2000m良 15頭3枠5番
2:01.3(+0.1) 59.7-61.5 H^2
12.5-10.7-12.2-11.8-12.5-12.4-12.1-12.5-12.3-12.2

3走前の京成杯はジェネラーレウーノに敗れたが内容的には結構よかった。皐月賞のジェネラーレは後ろとは違う競馬なので比較が難しいが、それを相手に厳しい流れの中で脚を使ってきたという点で一定の評価は必要か。力の要る馬場での1.8とかなりのハイ。パワー型の基礎スピードは問われていると。]

5番枠から五分のスタート、そこから無理せず控えて中団での競馬となる。道中も中団馬群の中で我慢しながらハイペースの中で脚を残して外に誘導して3角。3角で手が動きながら中団外から徐々に取り付き、4角でライトカラカゼの後ろから中団で直線。序盤で追い出されるがここではまだ切れずに好位列、3馬身ほど後ろ。そこからL1までしぶとく伸びて最後は前のジェネラーレウーノに差を詰めて半馬身差及ばずの2着。

負けはしたけど厳しい流れの中でしぶとく脚を引き出してきたという感じ。ラストもかなり詰めているのでほとんど落としていないかもしれない。ポテンシャル面は見せたと思うが、それでも全体で流れたことで良さが出ているというのはある。このあたりを考えても現時点では前半流れた中で、という立ち位置かなと。

2018日本ダービーへの展望

プリンシパルSの時計そのものは早いんだけど、当時の馬場を考えると鵜呑みにはしづらい。それに、京成杯やプリンシパルSは全体で流れた中で脚を引き出せた、いわゆる前半の基礎スピード面が問われた中で良さが出たとみるべきだろうと。逆にスローの流れで後半勝負となった時にキタノコマンドールに完敗、となるとここに入ってスローの決め手勝負で戦えるとは思わないかな。チャンスがあるとすれば流れた中での一足をどこまで引き出せるか。ジェネラールウーノが比較で難しいところがある(皐月賞で違う競馬をしていた前3頭の1頭)が、少なくとも皐月賞に出ていたらある程度流れに乗っている前提で掲示板圏内ぐらいはチャンスがあったかも?とも。それでもダービーはやはりどうしても流れた中でも11秒前後のトップスピードの質、それを維持する持続力はどうしても問われる。すみれSの内容が物足りないこと、基礎スピードを問われた2000で良さが出ていることを考えると個人的には2400は他と比べてプラスになるとはいいがたいかも。現時点では馬券的に手を出さないつもりでいる。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。先週までNHKマイル・ヴィクトリアM・オークスと東京G13連続的中で今ノリにノっています!
 そして今週の日本ダービーは、大西騎手本人がサニーブライアンで逃げ切り勝ちを収めたレース。ダービー勝利騎手として熟知した東京2400Mだけに、この過酷なコースを乗り切れる馬を見抜けるのだという。
 大西騎手曰く、、「ダービーは昨年も絞った3頭のみで的中できましたが、今年も自信あり!買うのはこの3頭だけでよいはずですとのこと。↓↓
「買うべき3頭」がこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
日本ダービー(G1)
「揺るがぬ自信の◎馬」
↑無料で今すぐ教えます↑
今年も得意の東京競馬で
万馬券連発お届け中!
 
先週!5/20 東京8R
3連単1万8540円的中
——————
先々週!5/13 ヴィクトリアマイル
3連複8850円的中
——————
3週前!5/6 NHKマイルカップ
3連複2万1840円的中
——————
4/29 晩春S
3連単1万8680円的中
——————
4/22 東京1R
3連単3万9050円的中
一頓挫あったダノンプレミアムは大丈夫?
 
ブラストワンピースはここでも通用する?
答えはダービージョッキーに聞け!
↓↓↓↓↓↓

大魔神・佐々木主浩氏の秋華賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。