競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

平安ステークス 2018 出走予定馬:サンライズソア&M.デムーロ想定

time 2018/05/16

平安ステークス 2018 出走予定馬:サンライズソア&M.デムーロ想定

第25回 平安ステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年5月19日(土)
コース:京都ダ1900m

予想用・出走予定馬一覧

サンライズソア(M.デムーロ想定)

今年は名古屋大賞典で鮮やかな逃げ切り勝ちを収めているサンライズソアが平安ステークスに出走予定だ。ただ前走のブリリアントステークスでは1番人気を背負いながらまさかの14着惨敗。出遅れも響いただけに、何とか五分に出て巻き返したい。相手強化も4歳世代の勢いを見せたいところだ。

前走ブリリアントステークスは出遅れもあると思うんだが、個人的にはこの馬は意外と馬場の軽さに依存しているかもしれないと。師走Sもそうだったが時計が掛かる馬場だと崩れている印象はある。ある程度軽い馬場のほうが合っているかなというところで、少し渋ってくれば警戒は必要かな。仁川Sは結構強い競馬をしている。

名古屋大賞典(JpnIII)1着

名古屋ダ1900m良 10頭5枠5番
2:02.4 全体FA12.88
勝ち馬上がりFA12.23
1300mFA13.18

まずは名古屋大賞典だがこれに関しては正直ラップ推移がないのでわからない面が多い。ただこの馬の上がり3Fが36.7で逃げているのでこの馬のバランスで考えればまずスローペースは間違いなかった。これは前述のとおりで。前半1300mのハロン平均が13.18ということになるので極めて遅いし、後半3Fが12.23なので馬場が時計が掛かっていたというわけではない。単にスローペースだったとみていいだろう。

5番枠から好発、楽にハナを取り切って主導権。1周目のスタンド前でも楽に進めてスローでキープ。1角で少しバランスを崩しかけるがそこから立て直して向こう正面。ここでもある程度仕掛けを待ちながら後続を引き付けて3角。ここでミツバが外から上がってくるのだが、コーナーワークでしっかりと引き離しながら1馬身差ぐらいで直線。序盤でしぶとく粘って外から食らいつくミツバを決定的には寄せ付けず半馬身差の勝利。

ちなみに名古屋の直線は200m無いので(だから小回りじゃなくて、むしろ直線に対してコーナーの割合が大きいので言うほどきつくない)L1の段階ではミツバも差を詰めてきていると。3F勝負ぐらいだと思うし、3~4角でロスなく立ち回った分は結構大きかったと思う。スローでも速いラップを踏める馬なのでそこでうまく結果を出せたと思うけど、これがベストか?といわれると微妙な感じはあるかな。個人的にはもうちょっと短い方がいい感じはしている。それとこの上がりが示す通り、恐らくだがそれなりに軽い馬場だったんじゃないかなと。

仁川ステークス(OP)2着

阪神ダ2000m良 16頭1枠2番
2:04.3(+0.2) 61.3-62.8 H^1
12.4-11.3-11.9-13.5-12.2-12.3-12.7-12.6-12.4-12.8

3走前の仁川Sは結構優秀だと思っている。コース形態的に阪神2000はどうしても芝スタートで速くなるし、1~2角で緩んでという流れ。ここに入っていって1~2角でコントロールしてそこからのL6最速という流れはかなりしんどかったと思う。

2番枠から好発、そこから押して先行策をとり逃げる?というところでスズカリバーに絡まれて下がって2列目内。道中もそこで進めていたが2角辺りでブレーキ。そこから間髪入れずにロンスパの流れになってその流れに入っていく。3~4角でも2列目のポケットで我慢しながら4角で一つ外に出して前が壁の状態で直線。序盤で2列目中目から外に持ち出ししぶとく2列目。L1で先頭列を捕えて抜け出してというところを外から一気にナムラアラシに食い込まれての完敗だった。

この流れの中で前半から脚を使ってペースダウンからのロンスパ。かなりロスの多い競馬になったと思う。もちろん3~4角ではロスなく立ち回れたし、前に壁を置いて器用に競馬ができたのは流石だが、厳しい流れだった。ただ武蔵野Sなんかでもそうだが、ギアの上げ下げが結構うまい馬なので、その辺が多少よどみがあった中でも対応してきた要因だと思う。ポテンシャル戦でとなるとナムラアラシが手ごわいが、この位置だと基礎スピードを問われた中で強い競馬ではあったかなと。

ブリリアントS(OP)14着

東京ダ2100m良 16頭6枠11番
2:13.1(+2.3) 62.0-62.8 H^1
7.0-11.4-12.1-12.7-12.7-12.1-12.3-12.8-12.6-12.3-12.8

前走のブリリアントSは時計的にも平凡だったが、この時の府中は少しダートも時計が掛かっていた。1000万下立川特別が1400mで1:25.2と24秒台に入れていない。出遅れもあったがこの辺も響いたかなという気はする。ペースはややハイだが、割と現実的なペース。L6最速で動いていったのもしんどかっただろう。

11番枠から出負けしてバランスも悪くなって行き脚つかず後方から。向こう正面で積極的に押し上げていって中団に取り付いて3角。3~4角では中団から大外をぶん回す競馬で流石にひどい形。序盤で甘くなって苦しくなっての終戦。

ミルコはたまにこういう無茶な騎乗をするが、出遅れた段階で難しい競馬になっているのも間違いない。それと、こういう形になってミルコがかなり強引に押し上げて3~4角で相当ロスがあった。3~4角でペースが落ちたのである程度仕方ないにせよ、輸送で馬体減もあって、反動がなければいいなというような感じではあると。力の要る馬場の中でこうやって後手を踏んでしまうとちょっと難しい。あまりゲートで遅れるイメージもなかったんだけど、その辺りの心配材料が増えてしまったのがね。

2018平安ステークスへの展望

今回はかなりハイレベルな一戦だと思うが、そこに入ると見劣るかな、リスクが多いかなと感じる面が多い。仁川Sは前半が速い中で巻き込まれてそこからのロンスパでもしぶとく。一定以上のパフォーマンスは見せてきたと思うしポテンシャル・基礎スピード面は結構高いレベルにある。また武蔵野SなんかでもL2最速のギアチェンジが問われた競馬で戦えているようにギアの上げ下げも含めてうまい。速いラップを踏む競馬は得意で名古屋大賞典でも3F勝負でしっかりと速度的にミツバに優位に立てている。この辺は強みだが、一方で純粋なポテンシャルではグレイトパールが相当な狂的だし、テイエムジンソクは基礎スピードも含めて総合力の高さを見せている。ミツバとの比較でみてもチャンピオンズCでテイエムジンソクが見せたパフォーマンスはかなりのもの。現時点ではこの2頭は手ごわい。またそう考えると1900mでゆったり入れればコスモカナディアンが強敵に浮上するし、ナムラアラシもこの距離では手ごわくなる。単純な実力面、適性面でちょっと上位が手ごわいなと感じる中で、今開催の京都もよほど雨が降らなければ時計が掛かり気味のダートでこれが一つ引っかかるし、前走馬体減から中1週でここというのも調整面での課題は出てくる。そして出負けした前走からしっかりとゲートを出られるか。条件が好転する馬も多い、上位2頭も状態面での不安はあるにせよ強い。その中でとなるとなかなか積極的に馬券的に…とはいかないかな。消す可能性は十分あるが、距離自体はもっと短くても良いぐらいだと思うので短縮するのはプラス。それでも…微妙なライン。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第79回 オークス(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
オークスを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、桜花賞組から13頭が連対、内8頭が優勝。忘れな草賞組からは2頭の優勝馬が出ている。桜花賞組に続き出走頭数の多いフローラS組みからは、10年の同着優勝となったサンテミリオンがいる。近年では別路線組みで連対はなし。スイートピーS組みは23頭が出走、500万勝ち組みも10頭が出走し馬券圏の好走はなし。近年では桜花賞・フローラS・忘れな草賞の3レースが主体となっている。

過去10年、桜花賞馬がオークスを制したのはジェンティルドンナ、アパパネ、ブエナビスタの3頭。ジェンティルドンナ・アパパネの2頭は秋華賞も制し3冠馬になっている。今年の桜花賞馬アーモンドアイはアパパネを育てた国枝厩舎だが、先輩に続き3冠馬になれるのか?

過去10年、人気別の成績では、1人気[4.2.1.3]、2人気[1.3.2.4]、3人気[2.0.1.7]と上位人気馬が安定した成績を残しているが、13年メイショウマンボ(9人気1着)、11年エリンコート(7人気1着)などの伏兵が優勝し波乱となっている。平均配当では、馬連8790円、3連複1万5270円、3連単12万7570円。3連単では10万馬券以上が3度、最高配当では11年の54万馬券が出ている。

今年は桜花賞の連対馬アーモンドアイ、ラッキーライラックが人気を集めるだろうが、別路線組みではフローラS優勝馬サトノワルキューレがM.デムーロとのコンビで2強に挑む。その他ではフラワーC優勝馬カンタービレ、忘れな草賞優勝馬オールフォーラヴなどが虎視眈々と1冠獲りを狙っている。

競馬セブンでは桜花賞も◎アーモンドアイから的中。オークスも4年連続的中のドル箱GI。今年のオークスも裏づけが取れた確信情報を公開。お見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『オークス・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第79回 オークス(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
オークスを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。