競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京王杯スプリングカップ 2018 出走予定馬:キャンベルジュニア&石橋脩想定

time 2018/05/08

京王杯スプリングカップ 2018 出走予定馬:キャンベルジュニア&石橋脩想定

第63回 京王杯スプリングカップ(GII)出走予定馬展望

日程:2018年5月12日()
コース:東京芝1400m

予想用・出走予定馬一覧

キャンベルジュニア(石橋脩想定)

ダービー卿チャレンジトロフィーを2年連続2着と重賞まであと一歩というところまで来ているキャンベルジュニアが京王杯スプリングカップに出走予定だ。昨年の京王杯スプリングカップでは重馬場の中で先行策も完敗、その雪辱をかけて今年こそはここで抜け出し重賞初制覇と行きたい。

キャンベルジュニアは突き詰めればトップスピードの持続力が高い印象で、瞬間的な切れ味はそこまででもない。ただ前走で先行して厳しい流れに入って結果を出したし、阪神カップも詰まったのが大きい。その辺をどう考えていくかかな。

ダービー卿CT(GIII)2着

中山芝外1600m良 16頭2枠3番
1:32.3(+0.1) 46.2-46.0 M
12.5-10.9-11.6-11.2-11.2-11.3-11.9-11.6

まずは前走のダービー卿2着から振り返る。超高速に近い馬場でペースは平均。ただ中盤から11.2と速いラップを踏んでいて3~4角地点でそういう感じなので割と中盤まで厳しい流れだったといっていいと思う(1000通過なら57.4になるからね)。高いレベルでの基礎スピードを問われていたと。

3番枠から好発を切ってハナを狙うぐらいの感じ。外からマルターズアポジーが主張したのでそれに譲ってうまく2列目のポケットで進めていく。そのまま2列目ポケットで3~4角でもロスなく立ち回って進めて直線。序盤でそこからすっと外に持ち出してこれ以上ない形で先頭に。しかしL1でヒーズインラブに捕えられての2着惜敗だった。

ここではかなり前半基礎スピードを問われたんだが、好発を切って2列目とはいえこの流れに入っていけたというのは正直意外だったかなと。かなり強い競馬だったと思うし、前半はこの馬の位置でも1000で57秒台にあったと思う。この競馬ができたなら1400でもとは思うんだけどね。

阪神カップ(GII)11着

阪神芝内1400m良 18頭3枠6番
1:20.2(+0.7) 33.6-34.7 H^2
12.1-10.7-10.8-11.2-11.5-11.7-11.5

ただ2走前の阪神カップでは11着と完敗を喫したが、ムーアが詰まった面が大きいか。ペースは1.1でかなりのハイ、1400m戦といってもスプリント戦張りの基礎スピード勝負になっている。

6番枠から出負けして押しての追走、リカバーしつつも中団の内目ぐらいまで。道中は前にイスラボニータを置くような感じで進めながら3角。3~4角でもイスラの後ろを追走しながら直線。序盤で進路を外目に持って行くのにロスが合って窮屈。最後まで上手く脚を引き出せないままの競馬で完敗。

ムーアも流れたときに強さを出すと思っていたのでここまで詰まるとは思わなかったなという感じはあった。ただ思ったよりもこのレースでも厳しい流れの中で余裕があったともいえるし、まあここで詰まらなかったらどこまでやれたかは読みにくいが、それでもダービー卿でやれていることからもある程度対応していた可能性が高いかな。基本的には基礎スピード面だったり、TS持続だったりでエンジンがかかった状態をキープするのが得意な印象なのは確かで高速馬場向き。

京王杯スプリングカップ(GII)11着

東京芝1400m重 13頭3枠3番
1:23.8(+0.6) 36.4-34.2 S^3
12.8-11.3-12.3-12.6-11.6-11.1-11.5

一方で昨年の京王杯スプリングカップは11着と力負け。この時は重馬場ではあったがラップ推移をみての通り3Fのトップスピード戦となっている。しかも12.6-11.6-11.1と結構高いレベルでギアチェンジを問われていて、その辺りが影響したのかなと。

3番枠からまずまずのスタートを切ってそこから様子を見ながら先行策、2列目の中目で進めていく。そのまま3~4角でも2列目の中目で我慢を強いられて直線。序盤で加速していく流れで少し窮屈だが追われてからの反応が乏しく中団に吸収されてしまう。最後まで良いところなくじりじりで完敗だった。

重馬場なのでわかりにくいかもしれないが、緩い流れから一気に加速するというギアチェンジ面が問われたところで甘くなっているのは確かかなと。府中の直線勝負で前に壁、前が一気に加速する流れに置かれていたし、こういった緩い流れからギアを上げていく競馬は合っていない印象。

2018京王杯スプリングカップへの展望

ゲートは安定しているとまではいわないがそれでも基本的には良いスタートを切ることが多いし、ポンと出てしまえばというところはある。それと内で我慢するケースが多いこの馬だがタイプ的にはもう少し早めに動く競馬のほうが合っていると思うし、前走のダービー卿の場合はすっと動けているが、あれは映像的なもので実際はよどみなく入っていて全体で流れていたというのが大きいかなと。ペースが重要で、基本的にはある程度は流れたほうがいいと思う。それ以上にやはり仕掛けだろう。要所で一気に反応できるタイプではないし、瞬間的に切れるわけではない。スローでも例えば過去に小倉1800の関門橋Sで12.0-11.3-11.4-11.9-11.5-11.6-11.6と超ロンスパの流れで圧倒しているように、早めにエンジンがかかって分散してしまえばいい。ただ昨年の京王杯スプリングカップみたいに緩い流れから一気に加速となると怪しい。あと、スワンSなんかでもそうだが基本的には力の要る馬場が得意ではないと思うし、できれば高速馬場でスピードに乗りやすい状況でレースを進めたいところかな。力をつけてきているし、阪神Cでも詰まった面が大きいのでこのレベルでどこまでやれるか楽しみもあるが、府中でとなるとスローで速いラップを問われる可能性もギアチェンジを問われる可能性もそこそこ高く、信頼度はちょっと足りない。現時点では連下辺りで押さえの評価の予定。面白い馬がいれば下げるかもしれない。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第13回 ヴィクトリアM(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『ヴィクトリアM(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・ヴィクトリアM

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。