競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ニュージーランドトロフィー 2018 予想:本命04アイスフィヨルド

time 2018/04/06

ニュージーランドトロフィー 2018 予想:本命04アイスフィヨルド

2018ニュージーランドトロフィーの予想

中山11R ニュージーランドトロフィー(GII) 中山芝外1600m
馬場想定:良~稍、高速馬場想定

ニュージーランドトロフィーの展開予想

Bコースに替わった先週で急激に高速化した中山。雨の影響がどの程度あるかだが、開催中には降らないと思うし今週も高速馬場と想定しておく。

展開予想だが先行勢が多い中でひと先ず逃げたいコスモイグナーツが主張、エントシャイデンが中目から番手を狙うがカシアスなんかも番手を狙ってくる可能性は十分にある。家からはデルタバローズやアイスフィヨルドも先行策でポケット狙い、外からはアンブロジオが大外を引いてどういう出方をするか。ファストアプローチなんかも今回は2列目~好位を狙っていくだろう。前半はそれなりにポジション争いが激化しそうな感じがするし、エントシャイデンも前走である程度ペースを引き上げて良さが出ているので積極的なレースメイクをしてくる可能性も高い。今の馬場なら34秒前後は出るはずなので、入りで47なら平均ペース。おそらくそれぐらいのペースになると思う。平均~ややスローぐらいを想定。一応ハイペースも考えてはいるが保険程度で基礎スピードだけでなくそこからしっかりと脚を使える馬を狙いたい。いわゆる総合力勝負になると思う。

ニュージーランドトロフィーの予想

◎04アイスフィヨルド
○14ケイアイノーテック
▲12リョーノテソーロ
△05カツジ
△06カシアス
×07エントシャイデン10ファストアプローチ
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

<PR>

▼昨年は超穴馬レーヌミノル(8人気)が1着▼【NEW】さらに先週の大阪杯でも!【NEW】
穴馬ペルシアンナイト(6人気)が2着に激走!
――――――――――――――――――――――――
ラッキーライラックに迫る超穴馬はこれだ!
1番人気相手の馬連でも想定30倍以上!

【桜花賞】の超穴馬を今すぐ教えます!

<PR>

◎アイスフィヨルド

この枠の並びで一気に浮上したなという感じ。今回総合力タイプが多い中で問われるのは高速馬場での対応力、ある程度速い脚を使えないといけないわけだがこの馬は2走前のハーレムライン戦の内容がいい。47.9-46.7と1.2のややスローからの12.0 – 12.1 – 11.4 – 11.3 – 11.9とL2最速戦でハーレムラインを目標にしながら番手から直線L2の最速地点までは優位を保てていてL1でちょっと甘くなった。L3でもほぼ最速に近いラップなので比較的仕掛けが早い展開になったが番手からしっかりと脚を使ってきたし、ゴールドギア比較でみても上位2頭は強い。前走の500万下勝ちは適性的には?だが時計・ラップ推移でバランス的にみれば結構高いレベルのパフォーマンス。準OP幕張Sが47.5-46.8と平均で1:34.3なのでやや時計が掛かっていた状況、その中で47.7-47.4と平均だが11.8 – 12.3 – 12.4 – 11.3 – 11.4と中弛みで仕掛けを遅らせて12.4-11.3とギアチェンジを伴う競馬で2列目外からしぶとく反応。オメガラヴィサンとともに2列目を一気に引き離してラストでこれを競り落とす競馬。要所の機動力が高い。この馬はこれまで1400までだとポジショニングで苦労していたのが距離を延ばしてすっとポジションをとっては入れるようになったことで総合力が活きてきた。またギアチェンジを持っているので流れ切るよりも馬場が読みにくい中で適度にまぎれたほうがいいし内枠もその点で歓迎できるはず。2~3列目のポケットで平均~ややスローなら外から勝ちにいかなきゃいけない先行勢と比較して浮上のチャンスはある。単でも面白いので本命だが基本は複勝系の軸で考えたい一頭。

○ケイアイノーテック

相手はこのケイアイノーテックになる。本当は外枠でも関係なく本命にしてやろうかと思ったけどやっぱ戸崎がちらついた。後方で壁を作って折り合って馬のケツを追いかけて仕掛け遅れて届かないは十分あり得るなあ…という不安。馬の能力は出し切れればここでは1枚上だと思っていて、力の要る馬場だと性能が落ちるタイプだろう。朝日杯でも4着だったが進路取り出遅れていたのが響いたし、47.2-46.1とややスローには流れていて12.0 – 12.1 – 11.3 – 11.0 – 11.7とL2最速戦でL1での伸びは5着以下とは一線を画すもの。高速馬場でトップスピードに乗ってしまったほうがいいと思うので今の中山の馬場なら持ち味は生きやすい。外枠は不安も今回は先行勢が多いのである程度早い段階で縦長になる可能性が高いと思うし、中団まで取れれば理想だが仮に後方からとなっても3角まではそこまで外を通さなくていいと思う。ただ前走は時計的には実はそこまで評価できるわけではなく古馬同日500万下クラス。ただこの時の500万下は勝ち馬が突き放している。総合的に見てよくて1000万下レベルのパフォーマンスとみてもクラシック戦線ではまだ足りないレベル。このメンツならそれでも最上位だと思うので多少枠が悪くても対抗には据えたい。

▲リョーノテソーロ

本命になる可能性もあったと思うがやっぱり枠がよくないのがね…。ただ前走のクロッカスSでは35.6-34.7とややスローの範囲でそこからの11.8 – 12.0 – 11.5 – 11.4 – 11.8と3F勝負、ここで好位の内からすっと反応してしっかりと内から伸びての勝利。結構L2で速い脚を使って抜け出してきたし、ダート路線からでどうかと思ったが後傾型で結果を出してきたならそう心配しなくてもいいしむしろ距離はこれぐらいあった方がいいのかなと。

△カツジ

正直もう一つ評価を下げようかなと思っていたんだけど、追い切りがよかったと感じたので連下に引き上げた。まあ枠もいいところだしね。ただ前走のきさらぎ賞も2走前のデイリー杯も結局力の要る淀でのもので最速地点での脚でどうこうってわけではなかった。またどちらもペースは適度にスローだが48.7のデイリー杯、49.3のきさらぎ賞と絶対的には速くない。47秒前後で平均になりそうな今の中山の高速馬場でやれるかどうかは結構未知数だとは思うんだよね。なので追い切りを評価しての連下で、正直馬券的には難しいところはある。

△カシアス

こちらは総合的にみてもカツジより上に評価したい総合力タイプ。ゲートも安定しているし、シンザン記念でも49.0-48.1とややスロー中弛みから13.3 – 12.8 – 12.1 – 11.7 – 11.5というラップ推移で一足は使ってツヅミモンとともに粘っていた。アーモンドアイが突き抜けたがこの時の馬場を考えれば立派。3走前の朝日杯でも軽い馬場で47.2-46.1とややスローからの12.0 – 12.1 – 11.3 – 11.0 – 11.7と3F勝負で最速地点で少しキレ負けはしたが相手がダノンプレミアム(皐月賞回避…)。L2の地点ではまだ2列目で頑張れていたし今回は枠の兼ね合いもあるので連下での評価。

×エントシャイデン

高速馬場適性がどうか?だが今回は逃げの手を打てる立場になる。まあコスモが行くなら行かせて番手でもいいしレース運びがしやすい。2走前ののラムセスバローズ戦はあまりハイレベルではなく高速馬場だった中でやや凡戦だが前目から進めて一足は使ってくるタイプ。ベゴニア賞のアンブロジオとの比較でもそこまで悪くないので、逃げ先行馬の中でうまく良い位置を取れるのであれば3着ぐらいはあっても驚けないかな。

×ファストアプローチ

単純な能力だけで判断すれば朝日杯の内容からもカシアス辺りとはそう差はないが枠の並びの問題がある。シンザン記念が物足りなかったしおそらく高速馬場向きではあるが芙蓉Sでも要所の反応、L1のTS持続含めて総合的にサンリヴァルに見劣っている。決定的な武器がない中で外枠。田辺が上手く前目の先行勢から少し距離をとって3~4角でうまくロスを少なく、というところで3着ヒモでひっかける程度に。

昨年は超穴馬レーヌミノル(8人気)が1着
【NEW】さらに先週の大阪杯でも!
穴馬ペルシアンナイト(6人気)が2着激走!
――――――――――――――――
ラッキーライラックに迫る超穴馬はこれ!
1番人気相手の馬連でも想定30倍以上!

【桜花賞】超穴馬を今すぐ教えます!
――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■
桜花賞といえば
毎年のように当社指名の超穴馬が激走!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■
《昨年》穴レーヌミノル(8人気1着)
【5020円】的中!
――――――――――――――――――
《一昨年》穴アットザシーサイド(6人気3着)
【2万0330円】的中!
――――――――――――――――――
《2013年》穴アユサン(7人気1着)
【3300円】的中!
――――――――――――――――――
人気はなくても絶対に聞き逃せない!

【桜花賞】超穴馬を今すぐ教えます!

 そこでご紹介したいのが日本ダービー騎手大西直宏「ワールド競馬WEB」桜花賞は昨年も見事“穴馬レーヌミノル”を抜擢し、8番人気1着=3連複5,020円を的中している得意なレース。
 大西騎手曰く、、「今年の桜花賞もとっておきの超穴馬がいます!ラッキーライラック相手でも馬連30倍はつくと思う」とのこと。大西騎手はG1レースに何度も騎乗して、G1特有の騎手心理などを熟知していて、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるゆえの豪語だろう。↓↓
「超穴馬」がこちら↓
日本ダービー騎手大西直宏自信の
桜花賞(G1)
ラッキーライラックに迫る「超穴馬」
↑無料で今すぐ教えます↑
いま絶好調!先週の穴馬情報も
大阪杯ペルシアンナイト6人気2着激走!
 
阪神2日目2R
6万6160円的中
——————
阪神2日目10R
4万4040円的中
——————
小倉6日目7R
3万5170円的中
——————
小倉6日目9R
2万0080円的中
——————
小倉8日目9R
1万9860円的中
——————
阪神3日目3R
1万9290円的中
——————
小倉8日目6R
1万4390円的中
——————
小倉8日目4R
1万2920円的中
——————
小倉7日目12R
1万2630円的中
——————
小倉6日目11R
1万0950円的中
——————
中山8日目5R
5万2720円的中
2013年穴馬情報アユサン7人気1着!
 
2016年穴馬情報アットザシーサイド6人気3着!
 
2017年穴馬情報レーヌミノル8人気1着!
今年はなんとこの馬!
↓↓↓↓↓↓
大西渾身の「超穴馬」情報無料
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。