競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

高松宮記念 2018 出走予定馬:セイウンコウセイ&松田想定

time 2018/03/19

高松宮記念 2018 出走予定馬:セイウンコウセイ&松田想定

高松宮記念の出走予定馬展望

第48回 高松宮記念(GI)

日程2018年3月25日()

コース中京芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

セイウンコウセイ(松田想定)

昨年の高松宮記念では道悪の中で堂々と直線突き抜け勝利、一気に台頭を果たしたセイウンコウセイが今年は連覇を懸けて高松宮記念に出走予定だ。その後は長らく大きなスランプに陥っていたが、前走のシルクロードステークスでは果敢に逃げて2着とようやく復調の兆しを見せることができた。相手は相当強化されるので前走のパフォーマンスでは物足りない、昨年上半期に見せた輝きをここで再び見せられるか。

シルクロードSの内容的には改善はしてきたといってもパフォーマンス的にはまだ良い頃には足りない。手前を換えないことも多かったが前走は直線から割とすぐに換えられてこれは改善。ただここ最近ずっと直線では甘くなるのが早い印象。良い頃の直線入りで抜け出す鋭さを感じられなくなっているのがどうか。

高松宮記念(GI)1着

中京芝1200m稍 18頭3枠6番
1:08.7 33.8-34.9 H^2
12.3-10.3-11.2-11.4-11.3-12.2

まずは昨年の高松宮記念勝ちから振り返りたい。この時は稍重表記だが重に近いレベルで時計がかかっていた。ややタフな馬場状態にはあったと思う。ペースは1.1でかなりのハイ、ラップ推移的には中盤で11秒台を刻みつつもL1は12.2なので消耗している。

6番枠からまずまずのスタート、二の足良くスッと先行集団に絡んでいって、最終的に控えて2列目という感じ。3~4角でも2列目の中目、外過ぎずいい位置を通って直線。序盤で2列目から前が下がってきたので一気に先頭に躍り出る。L1で内のレッドファルクス、レッツゴードンキが伸びあぐねる中でしっかりと差を広げての完勝だった。

強かったが、力の要る馬場でハイペースだった、というのは一つある。ドンキは恐らくこういう条件は得意だと思うが、少なくともレッドファルクスにとってはこの道悪のハイペースを追走したことで持ち味の末脚が削がれた可能性が高い。その中でこちらは力の要る中でパワー型の基礎スピードを見せてきたし、ラストも消耗せずにしぶとく抜け出す競馬ができたと思う。フラットな競馬でも良い時なら昨年のシルクロードS2着時みたいにやれるが、ベストバウトが高松宮記念なのは疑う余地もないし、時計がかかる中でのハイペースが理想かなと。

京阪杯(GIII)7着

京都芝内1200m良 16頭5枠10番
1:09.0(+0.2) 34.3-34.5 M
12.3-10.7-11.3-11.0-11.2-12.3

そこからは大きなスランプに入り込んだ。2走前の京阪杯ではまだ復調していたとはいいがたい。ペースも平均で収まったしL3最速で4角地点が速いラップ、仕掛けが早めの中でL1は失速気味のラップだ。

10番枠からまずまずのスタートを切って押して押しての先行策、最終的にはソルヴェイグを見ながら2列目の外。3~4角でも2列目の外目を回していたが外からフィドゥーシアが来て一気に交わされその後ろを進める。序盤で追い出されるが手前を換えずに伸び切れない。L1で手前を換えてラストまでジリジリと伸びずばてずの7着完敗。

このレースまでは右手前のまま直線を走る、ということが結構続いていたと思う。ここでもL3最速の4角地点で速いラップを踏んでいたし、ここで少し外を回しかつ外からフィドゥーシアに捲られた。ここから直線での末脚という点でも見劣ってしまったと。ペース的にはそこまで速くなかったし末脚の絶対量が足りないのかなという感じはする。

シルクロードS(GIII)2着

京都芝内1200m良 18頭4枠7番
1:08.6(+0.3) 34.0-34.3 M
12.2-10.9-10.9-11.1-11.5-11.7

前走のシルクロードSでは果敢に逃げの手を打ってきた。ペースは平均で収めていて、終始減速ラップを踏む形にはなっている。頑張って粘ったがファインニードルには差をつけられた。

7番枠からまずまずのスタート、そこから押して押してハナを奪い取る。そのままペースを平均に持ち込んで息を入れずに進め、4角では単独の逃げで1馬身差直線。序盤で粘っていたがファインニードルに一気に捕えられる。それでもL1までしぶとく踏ん張って2着は死守した。

ファインニードルがこの競馬で突き抜けたように、パフォーマンスとしては見劣った、というのが正直なところ。ペース自体は平均で刻んでいるが、この馬はL1の段階では結構甘くなってしまったし、時計的に結構掛かっていた中でファインニードルに負けたとなるとなかなかトップクラスで戦うところまでは難しいかなというのが正直なところ。手前もしっかり換えてきたし復調の兆しは見せたといえるが、V字回復とまでは言えない。

2018高松宮記念への展望

純粋に昨年の出来にあるかどうか、というのは正直に言って難しいかなと。前走のシルクロードSも悪くはないが、積極的にハナを切って平均と理想的なペース配分でファインにあっさり突き放されてしまった。力の要る馬場も歓迎だったはずで、ここで完敗だと上位は手強い。基本的には昨年の宮記念がそうだったように力の要る馬場でハイペース、基礎スピードを問われた中で良さが出る印象で、かといって函館スプリントSみたいに超高速馬場だと質的に足りないのでオーバーペースになるという難しいところ。京阪杯でも感じたが、後半勝負は向いていないと思う。いうほど長くトップスピードを維持できないし、少なくとも昨年宮記念以降では要所の良さも影を潜めている感じ。今回は後半型の競馬だとレッドファルクス、ダンスディレクター、レッツゴードンキ、ファインニードルはトップレベルでかなり手ごわい。力の要る馬場で厳しい流れに持ち込んだとしてもある程度対応してくるメンツだし、飛ばしたらネロやダイアナヘイローも手ごわくなってくる。こう考えるとやはりここで馬券的に狙うというのはなかなか難しいのかなと。現時点では消す予定。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第48回 高松宮記念(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼最近も凄穴◎x激走○で高額万馬券続出!▼

3月11日 阪神11R
『第52回フィリーズR』
◎リバティハイツ
(8人気・単勝22.3倍)
△アンコールプリュ(2人)
△デルニエオール(5人)
3連複  9140円
馬 単  9680円
━━━━━━━━━━━

3月10日 阪神11R
◎タガノエスプレッソ
(9人気・単勝33.4倍)
△サトノファンタシー(4人)
△ラテンロック(6人)
3連複 4万4340円
馬 単 2万2030円
━━━━━━━━━━━

3月3日 中山11R
『第13回オーシャンS』
◎ダイメイフジ
(1人気・単勝5.0倍)
◯キングハート
(10人気・単勝31.3倍)
△ナックビーナス
(2人気・単勝5.1倍)
3連単13万4890円
3連複 1万3740円
━━━━━━━━━━━

2月26日 中山11R
『第92回中山記念』
◎マルターズアポジー
(6人気・単勝14.1倍)
○ウインブライト
(2人気・単勝5.3倍)
△アエロリット
(5人気・単勝7.4倍)
3連単 4万1500円
3連複   8640円
━━━━━━━━━━━

今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『高松宮記念(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・高松宮記念

━━━━━━━━━━━━━━━

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。