競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ファルコンステークス 2018 出走予定馬:アンブロジオ&横山典確定

time 2018/03/15

ファルコンステークス 2018 出走予定馬:アンブロジオ&横山典確定

ファルコンステークス2018の出走予定馬展望

第32回 ファルコンステークス(GIII)

日程:2018年3月17日()
コース:中京芝1400m

予想用・出走予定馬一覧

アンブロジオ(横山典確定)

4戦4連対が示す通り抜群の安定感で1400~マイル路線を渡り歩いてきたベゴニア賞勝ち馬アンブロジオがファルコンステークスに出走予定だ。先行してしぶとく粘る脚質でここまで戦ってきたが、今回は相手が一気に強化されるのも事実。パーフェクト連対をこの舞台でも続けることができるか、賞金を積んでNHKマイルカップへの確実な一歩としたい。

良くも悪くも色が無いというか、まあ総合的に見て何でもこなせるけど、多分決定的な武器はここに入ると持っていないと思う。前走のクロッカスSは結構良い展開だったと思うが末脚勝負で見劣ったし、かといってこれまでの流れから平均ペースで圧倒しているわけでもないからね。この距離だと1200で速い馬がポジションを取ってくると思うから、スプリント寄りのハイペースの流れに巻き込まれないようにしたいし扱いが難しい。

<PR>
――――――――――――――――――――――――
《昨年のスプリングSも◎-穴で当然的中!》
――――――――――――――――――――――――

今年のスプリングSにも
トライアルだから大きく狙える馬がいる!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『勝つ馬はすでに見えています!
しかも相手もほぼ1点!』

byダービージョッキー大西直宏

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スプリングS【◎-穴の1点】特別無料公開!
絶対お見逃しなく!

<PR>

ベゴニア賞(5下)1着

東京芝1600m良 11頭7枠8番
1:35.0 47.5-47.5 M
12.6-11.1-11.6-12.2-12.3-11.7-11.5-12.0

まずは2走前のベゴニア賞から振り返る。東京芝1600m戦でペースは綺麗な平均、中弛みも少しあったがそこからのL2最速11.5で速いラップをあまり要求されなかった。

8番枠から五分には出てそこから二の足でスッと番手の位置につけていく。そこからも番手でコントロールしながら特に動きもなく3角。3角で先頭に並びかけるような感じ、4角で前もペースを引き上げてほぼ先頭列で直線。序盤で馬場の良い外目を進めながらだが反応はイマイチで外から来るエントシャイデンに一旦は前に出られる。L2ではまだ微妙に見劣ったがL1で前に出てしぶとく勝ち切った。

平均ペースの中で楽に番手にリカバーしながらコントロール、しっかりと直線で脚を使えたが鋭く反応できたわけでもないし、L1も踏ん張ったが2着に入ったエングローサーにはジリッと詰められた。悪くはないが4着のソイルトゥザソウルや2、3着馬もさほど高いパフォーマンスをその後見せているわけでもない。前半の基礎スピード面・ポジショニングも含めて前後半のバランスで上手く勝ち切れた感じかなと。

クロッカスステークス(OP)2着

東京芝1400m稍 13頭2枠2番
1:22.3 35.6-34.7 S^1
12.6-11.2-11.8-12.0-11.5-11.4-11.8

前走のクロッカスSはスローの流れの中で前目からしぶとく踏ん張っての2着。0.9でややスローからの3F勝負。稍重であまり速いラップをとわれなかった中でしぶとく粘ったが、という感じ。

2番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと促して上手く2列目のポケットに入る。そのままジッと2列目のポケットで進めて3~4角でも楽な手ごたえで前にスペースを保ちながら直線で外に持ち出す。序盤でマドモアゼルの後ろで風よけ、L2手前で外に出して追い出されるとジリジリと伸びるが内のリョーノテソーロに見劣り2番手。L1までしぶとく伸びるがクビ差まで詰めるところまでの2着だった。

どちらかというと後半要素はポテンシャルというか、L1での踏ん張りの方が良いのかなという感じ。これはベゴニア賞でもそうだったが、瞬間的に切れるという感じはない。ここでもL2でリョーノテソーロにスッと内から抜け出されてしまった。L1は差を詰めかけているのでL2の地点でのキレの差が決定的だったかもしれない。

未勝利1着

東京芝1600m良 15頭8枠14番
1:35.1 47.1-48.0 H^1
12.5-11.1-11.4-12.1-12.6-11.9-11.7-11.8

未勝利勝ちは0.9とややハイでの中でしっかりと進めてはいるんだが、中盤12.6と結構息が入っていてそこからの再加速で3Fを11秒台でまとめる形。もちろんだが速いラップは要求されていないと。

14番枠からまずまずのスタート、そこから促しつつ先行策で2列目外ぐらいで進めていくのだが最終的には先頭列に近いところまで押し上げて3角。3~4角でも先頭列を見ながら進めて3番手で直線。序盤で前2頭を見ながらジリジリと伸びる。L2でもジリジリと伸びてここで先頭に立つと、L1までしぶとく脚を使って差を広げての勝利。

この感じからも多分だが、もうちょっと距離があった方が良いのかもしれないなと。もちろん十分やれているんだが、前半の流れから中盤の淀みでしっかりとコントロールできている、スパッと切れないけど長く脚を使ってきているので割と小回り1周コースの1800~2000辺りで見てみたいなという感じ。

2018ファルコンステークスへの展望

まあ正直言えばここではちょっとパフォーマンス的には足りないとは思っているんだが、欠点は今のところ決定的には見せていない。敢えて言えば要所の反応が若干鈍いところだと思うが、それも中京1400で流れてしまえばそこまで心配ない。基礎スピード面自体は見せているものの、あくまでマイルでの基礎スピード面なので1400で34秒台の流れに先行して脚を使えるかどうかがカギにはなる。昨年がそうだったがどちらかというとスプリント色が強いレースなので、前目の馬だと34秒台のペースに対応できる馬の方が結果が出ている。個人的な感覚としては距離はもうちょっと長くてもいい、という感じなので1400でも中京でスプリントばりに流れてしまうと微妙かも。前半あまり無理をしない方が良いかな。血統的には母系がアンブライドルズソングの系統だし、割と短距離色が強そうだからこれがどう出るかかな。タイプ的にはあまり狙いたくない馬で消すかもしれないが、連下でお茶を濁したい馬。

――――――――――――――――――――――――
《昨年のスプリングSも◎-穴で当然的中!》
――――――――――――――――――――――――今年のスプリングSにも
トライアルだから大きく狙える馬がいる!!★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『勝つ馬はすでに見えています!
しかも相手もほぼ1点!』

byダービージョッキー大西直宏

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スプリングS【◎-穴の1点】特別無料公開!
絶対お見逃しなく!

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。