競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

阪神大賞典 2018 出走予定馬:トミケンスラーヴァ&秋山想定

time 2018/03/14

阪神大賞典 2018 出走予定馬:トミケンスラーヴァ&秋山想定

阪神大賞典2018の出走予定馬展望

第66回 阪神大賞典(GII)

日程:2018年3月18日()
コース:阪神芝内3000m

予想用・出走予定馬一覧

トミケンスラーヴァ(秋山想定)

3000mのオープン特別である万葉ステークスでリッジマンを撃破したトミケンスラーヴァが阪神大賞典に出走予定だ。前走のアメリカジョッキークラブカップでは2200の距離で積極的な先行策もやはりちょっと距離が短い中でスピード不足だった感もある。距離延長で明らかにパフォーマンスを上げているだけに、3000mに戻る今回も侮れない存在。有力馬を尻目にアッといわせる逃げ切りを狙う。

前走でも中山2200なら面白いかなと思ったんだが思った以上に前半で優位性を取れなかった。万葉Sは結果的に見てもリッジマンを撃破できていることからポテンシャル戦で普通に通用していいはず。ここも過小評価を受けそうなのでこの面子なら積極的に狙いたい。

万葉ステークス(OP)1着

京都芝外3000m良 9頭6枠6番
3:07.0 61.8-65.6(FA13.12)-59.6 S^2
12.9-11.8-12.0-12.9-12.2-12.7-13.3-13.4-13.0-13.2-12.3-11.5-11.6-11.9-12.3

2走前の万葉Sから振り返る。ペースは2.2でかなりのスロー、中盤の1000はハロン13を超えているように遅い流れといって良いが、後半はL4最速11.5とそこそこ速いラップを踏んでいての5Fのポテンシャル戦というところだろう。

6番枠からまずまずのスタート、様子を見ながら内のグランアルマダを煽って前に行かせて楽に番手を確保し進めていく。道中も単独の2番手で3番手とは少し離してスタンド前。向こう正面では前のグランアルマダが単騎で進めていく中で離れた番手で進めて3角手前ぐらいから一気に差を詰めて3角。3角では先頭に並びかけ、抵抗するグランアルマダの外で先頭列。4角でもまだ余裕があって馬なりに近い形で直線に入ってくる。序盤で追いだされてまず先頭に立つが外からしぶとく伸びてくるリッジマン。これをL1で振り切っての勝利となった。

ハンデがあったとはいえプロレタリアトを楽に撃破、リッジマンはポテンシャル戦となったダイヤモンドSでもしっかりと2着に好走しているので、3角で正攻法で勝ちに行ってねじ伏せたこの馬のパフォーマンスは素直に高かったとみるべきだと思う。ロンスパの流れになった中でポテンシャルで捻じ伏せたわけだし、ゆったりとした流れの中で楽にポジションを取って折り合えていたわけで、距離に関しては血統的に違和感があるだけで多分これぐらいがベストだと思う。

アメリカジョッキーCC(GII)8着

中山芝外2200m良 11頭2枠2番
2:14.9(+1.6) 61.3-60.0 S^1
12.8-11.2-12.3-12.5-12.5-12.0-12.2-11.8-11.8-12.1-12.1

前走のAJCCでは中山2200の傾向的にちょっと期待したんだが、思ったより全体で流れたなというのが正直な感想かなと。もちろんややスローという程度だが万葉Sと違ってこの馬もこの流れに近い位置にいたし中盤も息が入らなかった。

2番枠から好発を切ってそこから促して先行策、外の各馬が結構競ってきたので序盤で促しながら先頭列に絡んでいって、最終的には2列目のポケットを確保していく。道中もマイネルミラノの後ろで進めて途中で3番手に下がってからは前2頭から離れた3番手で進める競馬。3~4角で追いだされるが一気に有力各馬に交わされ下がってしまって直線。序盤でも抵抗できずの完敗だった。

恐らく2200だとちょっと忙しかったと思う。中山の場合1角の上りの影響でペースが上がりにくいしそこでゆったり行けるかなと思ったんだがそこそこ忙しかったし、結局向こう正面で下げて有力馬の近く、そこから先に外から動かれてしまったのでどうしようもなくなった感じ。ただ単純にこのレベルでペースもそこそこでとなると余裕が無かった。この一戦を見て距離に関してはやっぱり長い方が良いのかなという感じを受けた。

古都ステークス(16下)1着

京都芝外2400m重 9頭5枠5番
2:33.0 64.8-61.9 S^3
13.1-12.0-12.6-13.6-13.5-13.0-13.3-13.2-12.5-12.1-11.8-12.3

3走前の古都Sでは道悪というのはあったが顕著にスローからのL2最速戦でシッカリと出し抜いてきた。この馬は高速馬場でも意外と要所での反応は良い馬なのでその辺も武器の一つにはなる。

5番枠からまずまずのスタート、そこから促しながら楽にハナを取り切る。道中もスローの流れで割と団子状態の中先頭で3角。3~4角でも仕掛けを待ちながらでノーブルマーズに並ばれて直線。序盤でしぶとく伸びて半馬身ほどのリードを取る。L1ではノーブルを突き放し、外のコウエイワンマンもほとんど寄せ付けずの完勝だった。

2018阪神大賞典への展望

距離に関してはこれぐらいあった方が良い。万葉Sを見ても楽に前に行ってペースをしっかりとコントロール、息を入れて後半長く脚を使ってきた。その相手がリッジマンやプロレタリアトなわけで、ハンデの関係はあるにせよ重賞でも通用する目途は立てている。特に今回のメンバー構成だと恐らくヤマカツライデンが逃げるとしてその番手で主導権を取りやすい状況だろうと。クリンチャーがこの距離でも軽い馬場だと行き脚に不安があるので、その辺りとのポジションの差をどう作っていくかがポイントかな。アルバートやクリンチャーがすぐ後ろにいてのポテンシャル戦では流石に難しいと思うが、シッカリと息を入れられて3角までに4~5馬身リードを取っていればチャンスも出てくる。相手関係は強化されるし、万葉Sのハンデ、パフォーマンスからプロレタリアトとの比較で圧倒しているアルバートに勝つには相当恵まれないと難しいが、馬券的には十分チャンスはあるとみて、連下~3着ヒモ穴で拾いたい一頭かな。3複の片軸として狙う可能性もある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第67回 スプリングS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
スプリングSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気馬の成績では、1人気[3.3.3.1]、2人気[1.1.2.6]、3人気[2.1.0.7]と1人気 が馬券圏から外れたのは1回のみ。平均配当では、馬連5100円、3連複6220円、3連単4万5090円。近年は波乱が少なく順当な決着となっている。

ステップレース別では500万条件[4.4.3.33]、きさらぎ賞[2.1.1.6]、朝日杯FS[1.1.3.6]、 共同通信杯[1.3.1.13]、オープン[1.1.1.17]と500万条件組みが4勝と強さを見せている。 また、京成杯[0.0.0.10]、未勝利[0.0.0.8]、弥生賞[0.0.0.4]は馬券圏好走がなくステップレースとしては厳しい。

今年は朝日杯FS・2着馬ステルヴィオ、きさらぎ賞の勝ち馬で2戦無敗のサトノフェイバーやルーカス、ゴーフォザサミットなどが出走。名馬を送り出している皐月賞のトライアルレースだが、今年はスプリングS出走馬からクラシック路線で活躍する馬はいるのか!?

直近7年で6度的中のスプリングSは競馬セブンのドル箱重賞!今年も早くから「勝つの はウチの馬」と豪語するとある陣営の勝負情報を独占入手!さらに、無印濃厚の人気薄激 走馬の大駆け情報を緊急入手!週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『スプリングS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第67回 スプリングS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
スプリングSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。