競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

スプリングステークス 2018 出走予定馬:エポカドーロ&戸崎想定

time 2018/03/13

スプリングステークス 2018 出走予定馬:エポカドーロ&戸崎想定

 

スプリングステークス2018の出走予定馬展望

第67回 スプリングステークス(GII)

日程:2018年3月18日()
コース:中山芝内1800m

予想用・出走予定馬一覧

エポカドーロ(戸崎想定)

新馬戦こそ3着に敗れたが、ここ2走は逃げの手で連勝と開眼したエポカドーロがスプリングステークスに出走予定だ。前走のあすなろ賞では逃げて厳しい流れに持ち込みスーパーフェザーら強敵を寄せ付けずの逃亡劇を見せつけた。相手は強化されるが皐月賞へ向けてこの馬の良さを前面に出すスピード勝負で押し切りを狙う。

前走なんかはかなり厳しい流れに持ち込みながらも息を入れてしっかりと後半で一脚を使ってきている。ギアの上げ下げが上手い印象でレースを支配しやすいタイプかなと。ただ前半部分で後続の脚を削いで結果を出せているので中山1800の坂スタートでしっかりとペースを上げることができるかどうかがカギ。

あすなろ賞(5下)1着

小倉芝2000m良 12頭1枠1番
2:00.8 60.5-60.3 M
12.3-10.9-11.5-13.0-12.8-12.7-12.4-11.7-11.7-11.8

前走のあすなろ賞から振り返る。小倉の2000m戦でペースは実は平均で収まっていて中盤でペースをかなり落ち着かせている。そこからの3F勝負でL1まで11.8と落とさずに進めたのは立派で、ギアを下げてしっかりと。

1番枠からまずまずのスタートを切ってそこから押して押してハナを主張、外からラスエモーショネスも絡んできたので前半はペースも速かったが中盤で上手く息を入れてペースダウン。3角ではまだ馬なりで楽な形、外からラスエモーショネスも絡んでくるが余裕をもって仕掛けを待って4角でもまだ馬なりで半馬身差で直線。序盤でスッと出し抜いて2馬身差、L1まで後続を寄せ付けずの圧倒だった。

まあ実は上手くペースをコントロールできた、というところに勝因があるとは思う。前半は34.7なので速いラップを踏んでいるんだが、そこから13秒に近いラップを3F踏んでいる。そこで息を入れることが後半のしぶとさ、3Fで11秒台後半でまとめて底を見せなかったという点でもしっかりとギアを下げて余力を残せたことになる。こういうタイプは個人的にはもうちょっと距離が長い方が良いかも?というのは感じていて、京都新聞杯とか出てくると面白そうな印象かな。一方で前半が早く中盤が遅いというラップは、坂スタートの中山1800とは逆のパターンではあるのでここはカギになる。それとレースレベルは少し楽だったかなと思うので、今回は強敵相手になるのでそこは考えないといけない。

未勝利1着

京都芝内1600m良 16頭4枠8番
1:36.1 48.1-48.0 M
12.8-11.4-11.8-12.1-12.2-12.3-11.7-11.8

2走前の未勝利勝ちも実はペースが途中で落ち着いて仕掛けが少し遅くなったパターン。良だが雨の影響があって通してみてもかなり時計がかかっていた。明確にタフな馬場であまり速いラップを問われなかったし、その中で余裕をもってペースを引き上げて仕掛けを遅らせて楽に突き放した。

8番枠から好発を切って促しながらハナを主張、最終的にハナを取り切ってレースを支配する。道中も少し緩めつつも平均でしっかりとコントロールして3角に入っていく。3~4角でも仕掛けを待ちながらで楽な手ごたえで直線。序盤で促して楽に突き放して2馬身半ほど。そのまま突き放して最後は流しての楽勝。

マイルでシッカリとペースをコントロール、平均から一頭だけ余裕をもって加速して突き放す競馬ができたし結構基礎スピード的に高いレベルのものを見せてきたと思う。まあこの段階では2000への延長で良さが出る鎌では読めなかったが、しっかりとここでもペースを少し落として息を入れて後半に繋げていたのである程度の目途は立てていたのかなと。ここ2走は逃げてギアを落とすことで息を入れられているのが強み。距離適性への幅は見せていると思う。レースレベル的には微妙なんだが、馬場を考えると時計・ラップは優秀でこの馬だけ違う競馬をした感じ。

新馬戦3着

京都芝外1800m良 10頭6枠6番
1:50.9(+0.5) 51.2-46.0 S^5
12.6-11.7-13.2-13.7-13.2-12.3-11.6-11.3-10.8

ただもちろん弱点もハッキリしていて、新馬戦はそれがもろに出た。5.2と極端なスローからのL1最速10.8が示す通りトップスピードの質を相当高いレベルで問われた一戦だ。

6番枠から五分に出て立て直しつつすっと二の足を利かせて先行策、番手を確保してレースを進めていく。道中も折り合い面で余裕をもって進めてドスローでも問題なく3角へ。3~4角から徐々に加速する中で途中までは楽に追走、4角で前に少し離されて仕掛けて直線となる。序盤で追い出されるがイマイチ伸びずに離されてしまう。L1でも伸びは微妙でこの馬自身では加速しているかもだがキレ負けしての完敗だった。

L1では10秒台の鋭さを問われたんだが、そこまで持って行くのに苦労していたし、キレ負けも恐らくしていたんだろうと思う。緩すぎる流れから一気に加速というようなギアチェンジを持っているわけではない。多分ここ2走で要所でスッと動けたのは他の馬が加速するだけの余力が無かったことが大きいんじゃないかなと。そう考えるとやはり前半の基礎スピード面を活かす競馬ができるかが重要になってくると思う。

2018スプリングステークスへの展望

前半ある程度ペースを引き上げて中盤に息を入れたいタイプではあると思う。ただ中山1800はどちらかというと坂スタートで前半が上がりにくく、2角過ぎの下りで勢いがつきやすいので比較的後半型の競馬になりやすい傾向にある。この辺りは前半の基礎スピード面を上手く使ってきたこの馬としてはどう働くかだろう。前半多少意識的にペースを引き上げて行かないと多分スローロンスパの流れ、もしくはL2最速戦になる。スローでこうなると決め手で見劣る可能性は出てくるので注意。いずれにせよこの馬の出方がカギを握ることになるのは間違いない。基礎スピード的にも前走の小倉2000の内容的にも1800なら優位に立てるし力の要る馬場も得意。とにかく全体のペースをある程度引き上げ単騎気味に持ちこむことで上手く中盤に息を入れたいかな。それができればチャンスも出てくると思う。キレ負けはしていたがポテンシャル面でも底を見せていない馬なので結構侮れない。この馬も含めて本当に難しい一戦やなあ。今の馬場だと馬券的には外しにくい。ゲートも上手いし血統的にはロンスパでもやれる可能性はあるからね。レースレベル的にはそこまで強気になれないし強く狙うところまではいかないが、不気味さはある。本当に混戦で枠や馬場次第でガラッと変わってきそう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第67回 スプリングS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
スプリングSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気馬の成績では、1人気[3.3.3.1]、2人気[1.1.2.6]、3人気[2.1.0.7]と1人気 が馬券圏から外れたのは1回のみ。平均配当では、馬連5100円、3連複6220円、3連単4万5090円。近年は波乱が少なく順当な決着となっている。

ステップレース別では500万条件[4.4.3.33]、きさらぎ賞[2.1.1.6]、朝日杯FS[1.1.3.6]、 共同通信杯[1.3.1.13]、オープン[1.1.1.17]と500万条件組みが4勝と強さを見せている。 また、京成杯[0.0.0.10]、未勝利[0.0.0.8]、弥生賞[0.0.0.4]は馬券圏好走がなくステップレースとしては厳しい。

今年は朝日杯FS・2着馬ステルヴィオ、きさらぎ賞の勝ち馬で2戦無敗のサトノフェイバーやルーカス、ゴーフォザサミットなどが出走。名馬を送り出している皐月賞のトライアルレースだが、今年はスプリングS出走馬からクラシック路線で活躍する馬はいるのか!?

直近7年で6度的中のスプリングSは競馬セブンのドル箱重賞!今年も早くから「勝つの はウチの馬」と豪語するとある陣営の勝負情報を独占入手!さらに、無印濃厚の人気薄激 走馬の大駆け情報を緊急入手!週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『スプリングS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第67回 スプリングS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
スプリングSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スプリンターズステークスを制した大西直宏元騎手の予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。