競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

阪神10R 甲南ステークス 予想:本命04ワンダーピルエット

time 2018/03/11

阪神10R 甲南ステークス(16下) ダ2000m
馬場想定:良~稍、やや高速馬場想定

展開予想

馬場は微妙だが土曜は速いなと感じることもあった。標準寄りのやや高速という感じで見ておく。展開予想だがこれが難儀。内に逃げ先行勢が揃っている。カフェブリッツは包まれたくない中で2番枠だと出して行って前走みたいな感じになるのも嫌だし難しい立ち位置。アポロテキサスも芝スタートでスッと行けるという感じではないが3走前で壁を置いてやれているので無理せず2列目でという感じかも。外のディープオーパスがハナを主張しそうだがこれが芝スタートでどうかというのもあるし、セセリも芝だとそこそこ速いので前を狙っていくかもしれない。ビッグアイランドなんかはちょっと外過ぎるのであまり前目を取れないだろうし、何が逃げるかとなると結構難しいところ。一応ディープオーパスかカフェブリッツの逃げで想定、ペースは前半速く2角で緩む、そこからのロンスパを想定しておく。

予想

◎04ワンダーピルエット
〇13レッドサバス
△03モズアトラクション
△05クレマンダルザス
×08セセリ09ストライクイーグル
3連複◎〇軸△×BOX
3連単F◎〇-◎〇△-◎〇△×

◎ワンダーピルエット

この馬は1800の傾向を見てもバランス的に上がり過ぎない方が良いし、崩れているのが2走前、5走前でともにバランス的にハイで基礎スピードを問われているというところで共通している。個人的に評価したいのが吹田特別の2着、阪神1800で49.6-49.8と平均、12.3 – 12.3 – 12.5 – 12.2 – 12.3 – 12.8と中弛みからのロンスパで行為の中目から終始おっつけ通しながらも直線入りで前が壁になって置かれて外に出すロスが響いた。そこからも抜け出したクリノリトミシュルに対して最後まで食らいつけていたようにポテンシャルは非凡。エンパイアメーカー産駒は中長距離での基礎スピードを持った馬が多い印象で、この馬の傾向を見ても後半要素を問われた方が良い。阪神2000だと前半の入り方は重要だが1~2角で緩むのでそこからしっかりとロンスパに持ち込めれば結構混戦模様のここなら力は通用すると思う。

〇レッドサバス

相手はこれに。3走前の晩秋Sの内容が良い。東京2100で前がある程度飛ばす流れ、12.1 – 12.1 – 12.5 – 12.8 – 12.6 – 13.1と消耗しているが後方中目から3~4角で勝ったメイプルブラザーに外からプレッシャーを受けて直線も最後までしぶとく食らいついた。まあ流石に勝ち馬の方がパフォーマンスは上だがL1での食らいつきは評価したいしこのレベルならというのとL1でバテ差せる阪神2000は合いそう、という点も含めて。

△モズアトラクション

枠が微妙で前半の立ち回りは重要。ただジャンポケのダート型らしく非常に高いレベルでポテンシャルは秘めている。5走前のジュンスパーヒカル戦でも差せはしなかったが12.2 – 12.2 – 12.3 – 12.3 – 12.7 – 13.4とコーナーでも速いラップを維持する形で外目から追走して直線L2-1で大外から伸びてきたし入線後まで伸びを見せていた。前走は内で詰まって動けなかったしそもそも速度負けしていた感が強い。基本的に出し切って何ぼのタイプのはずで、3角までのどこかで外に出していければ。

△クレマンダルザス

この馬も隠れポテンシャルタイプっぽい感じはする。2走前の赤穂特別が物足りなかったので強くは狙えないが、前半無理せずゆったり入ってのロンスパは良い。前走和布刈特別も48.7-49.4と小倉1700としてはそこまで上がり切らずややハイに肉薄の平均レベル。12.4 – 12.1 – 12.5 – 12.7 – 12.1とL4で最速タイながら後方から押し上げながらL1でグンと突き抜けてレースラップ的には加速してきている。余力としてはまだあったはずで、仕掛けが早い方が良いから阪神2000は結構怖いかも。

×セセリ

近走全く結果が出ていないので流石にこれ以上の評価はできないが、ストライクイーグルに勝った1000万下戦は61.6-63.1とハイペースからの13.2 – 12.1 – 12.5 – 12.4 – 12.6 – 12.2 – 13.4とポテンシャル戦で番手からしぶとく抜け出し粘って完勝しているように適性は高いはず。力の要る馬場の方が良いと思うが、ある程度外枠で突きながら先行できるのは良いし怖さはあるなと。

×ストライクイーグル

一応の押さえ。2走前の京都1900m戦は平凡も、前走の東京2100m戦ではゆったり入って好位から鋭く抜け出した。一方で前述のセセリが勝った1000万下戦でも13.2 – 12.1 – 12.5 – 12.4 – 12.6 – 12.2 – 13.4とロンスパの流れで最後まで伸びてきての3着だしハイペースにも対応はしている。ここに入ると休み明けも含めてちょっと物足りないが3着ヒモなら。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第52回 フィリーズR(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フィリーズRを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞の前哨戦、1967年に阪神4歳牝馬S(現3歳)として創設。2001年にフィリーズレビューに名称が変更された。桜花賞のトライアルレースで3着までが優先出走権が与えられる。過去の勝ち馬では、エイシンサニー、イシノルーブル、キョウエイマーチ、フサイチエアデール、ローズバド、ヤマカツリリー、ラインクラフト、アストンマーチャン、アイムユアーズ、メイショウマンボ、クイーンズリングなどGI戦線で活躍した馬が多い。

過去10年、人気別の成績では、1人気[2.3.0.5]、2人気[2.0.2.6]、3人気[2.1.0.7]と上位人気馬はそれぞれ2勝しているが、1人気が連対率5割をキープしている。平均配当では、馬連1万2820円、3連複4万8710円、3連単32万4990円と波乱傾向。16年8人気ソルヴェイグ、10年9人気サウンドバリアー、08年11人気マイネレーツェルが優勝し波乱の立役者となっている。二桁人気馬も4頭馬券圏に好走しているように、若駒牝馬でもあり荒れる牝馬重賞。

ステップレース別では500万条件[4.3.3.50]と最多勝利数の4勝を挙げている。その他では阪神JF組[2.3.4.16]、エルフィンS組[2.1.1.14]、クイーンC組[1.1.1.14]。同レースをステップにして桜花賞で好走したのは08年のレジネッタ(桜花賞1着)、昨年のレーヌミノル(桜花賞1着)の2頭のみ。距離が異なるだけに本番に直結するケースは少ない。

競馬セブンではここ5年で4度的中のドル箱レース。13年には3連単9万6300円の特大万馬券を的中している。今年のフィリーズレビューでも人気にならない厩舎の秘密兵器やとなる陣営が「桜花賞では勝負にならないから、ここが目一杯勝負」と送り出す勝負馬など、紙面上には載らない関係者情報を独占入手!週末情報は馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フィリーズR・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第52回 フィリーズR(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フィリーズRを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スプリンターズステークスを制した大西直宏元騎手の予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。