競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中山牝馬ステークス 2018 予想:本命13オートクレール

time 2018/03/09

中山牝馬ステークス 2018 予想:本命13オートクレール

2018中山牝馬ステークスの予想

中山11R 中山牝馬ステークス(GIII) 芝内1800m
馬場想定:重~不、かなりタフな馬場想定

展開予想

馬場は金曜正午の段階で重、そこからも降っているので不良まで考慮に入れつつかな。かなりタフな馬場を想定しておく。展開予想だが、逃げたいのは外のカワキタエンカだろうと思うが、この枠なので行き切れるかどうか?というのは一つある。中目のエンジェルフェイス辺りもハナを狙う可能性はあるし、トーセンビクトリーの逃げもあるメンバー構成。シャルールも逃げまではないと思うがもともと先行していた馬で内田なので前を狙いそう。内からエテルナミノルはそれらを見ながら好位ぐらい。ペースは流石に上げたくない意識が働くと思うがそれと馬場のバランスでどうかという感じ。1秒程度のハイまでは十分あり得ると思う。後半は12秒台前後というところでまとめてくるとして49-49ぐらいをイメージしつつ、前後させる。多分だけど仕掛けの意識は遅くなると思うし段階的な加速というよりは淡々と12秒前半ぐらいからL2で一足加速できる馬はするのかな、というイメージで入る。

予想

◎13オートクレール
〇01エテルナミノル
▲10レイホーロマンス
△02トーセンビクトリー
△04マキシマムドパリ
×05キンショーユキヒメ14カワキタエンカ
3連複◎軸〇▲△×BOX
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎オートクレール

雨が想像以上に降ったのでこの馬から入りたいかなと。この馬もエテルナミノルもそうなんだがタフな馬場の中で良さが出ているし、特に5走前の紅葉Sは圧巻だった。不良馬場で非常にタフな馬場状態、50.4-51.3とバランス的にはややハイからの13.4 – 13.3 – 12.2 – 12.5 – 13.3と中弛みからのL3最速でぶっちぎってきた。直線勝負に近い形なのでコースロスとかはほとんど関係なかったと思うし、その中でL3最速ッデL1まで差を広げ続けての圧勝と使える脚の絶対量が違った感じ。このタフな馬場でマイルでハイバランスでもゆったり入れたという感じならこれまでの軽い馬場のマイルでは基礎スピード的に足りなかったかなと。ここで力の要る馬場で長くポテンシャルを引き出せてきたなら距離適性的には本来もうちょっと長い方が良かったかもしれないし、シンプルに力の要る馬場が合っている。ハイペースでもある程度は問題ないのでこの枠ならオートクレールを目標にしながら前目~好位を確保できるだろうと。これまでもギアチェンジ負けが多かった印象だし、速いラップをまず問われそうにないこの条件なら一気に浮上しそう。

〇エテルナミノル

1800への短縮が微妙にマイナスかなと思っていたが、ここまで道悪が残れば話は別かなと。恐らく前半そこまで絶対的に速い通過時計にはならないと思うしパワー型なので歓迎できる。4走前の八坂Sが重馬場で力の要る馬場の中、50.6-46.6と超々スローからの12.6 – 12.1 – 11.9 – 11.0 – 11.6とL2最速で一気に加速してぶっちぎった。力の要る馬場でもトップスピードの質を削がれず引き出せるのが武器で、逆に軽い馬場で速度を高めてくる方ではないというイメージ。前走の愛知杯では60.3-59.8と平均で流れた中で2列目中目で立ち回って12.6 – 12.1 – 11.8 – 11.3 – 12.0とL2最速でしっかりと外に出してからスッと反応抜け出せた。この感じなので1800でも重馬場で力の要る馬場になれば平均ぐらいまでは問題ないはず。ややハイもこなせそうかなと。後は56kgでどうかだけ。

▲レイホーロマンス

愛知杯ではちょっと予想外な感じで、60.3-59.8と平均からの12.6 – 12.1 – 11.8 – 11.3 – 12.0とL2最速で要所のギアチェンジも問われた中でしっかりと伸びてきたというのは意外だった。ただ個人的に評価していたのは2走前の尾張特別で、中京2200mで11.5 – 11.7 – 11.9 – 12.2 – 12.7 – 12.1 – 12.4とポテンシャル戦となったがこれは単騎で前目が進めたもの。好位の中目から3~4角で勝負に行っているのでここで動いた中で最後までしぶとく伸びて内から食らいつくチェスナットコートを撃破。これが1000万下、準OPの早春Sと連勝しているわけでこれ相手に正攻法でのポテンシャル勝負で捻じ伏せたのだから結構侮れないかもと。1kgこそ増えるが52kgと引き続き軽ハンデで臨める。道悪が合うかは微妙な感じはするが、パフォーマンス的にここ2走を高く評価しないといけないかなと。

△トーセンビクトリー

追い切りが個人的にはちょっとだけ気になったかなと。悪くはないんだが右手前で走っていたので鋭さが少し足りなかった感じ。まあそれを除けば一瞬は良い脚を使えるし、前走のAJCCでもロンスパの流れで外からの競馬になったが最後までジリジリと食らいついての5着は相手関係を考えても悪くない。昨年の様にスローからの3F勝負で器用にというような競馬にはならないだろうが、内枠でもあるし馬場や展開を読んで柔軟に対応してくる田辺とのコンビなら押さえておきたい。

△マキシマムドパリ

この馬も道悪でここまで悪化するとだが、愛知杯を勝った時が稍重で渋った中でのポテンシャル戦で突き抜けたのだから性能は高いレベルにあると思う。61.6-59.8とかなりのスローからの 11.8 – 11.9 – 11.8 – 11.7 – 12.6とポテンシャル戦で中団外から正攻法で突き抜けきっている。相手は楽だったにせよ、この競馬ができているなら渋ってのポテンシャル戦は問題ない。後は前半のペースが地味に不安で、重賞で勝ち切っているときはいずれもスロー。エテルナミノルとの比較でここが下げた要因かな。クイーンSを見ても1800で綺麗に流れてとなるとポジションや基礎スピード両面でちょっと短い感じはしたと。まあ道悪なのでそこまでマイナスにならないと思うが、エテルナミノルの方を上位にという感じかな。

×キンショーユキヒメ

サムソン産駒の中でこちらを選んだという感じ。サムソンは結構微妙なバランスで成り立っている馬が多くて、道悪でも上がり切ってしまうと良くないが平均ぐらいで一脚を使うパターンで食い込むことは結構ある。フロンテアクイーンはどちらかというと軽い馬場で総合力を活かすタイプで、キンショーユキヒメは逆に割と中長距離的な競馬で前半無理せず入って長く脚を使いたいタイプのイメージ。カレンラストショー相手に強い勝ち方をした小牧特別がスローロンスパで12.5 – 11.9 – 11.6 – 11.6 – 11.8 – 11.8という流れで中団内から上手く立ち回ったとはいえ楽に突き抜けた。前半この馬場で楽に行けるタイプかどうかは未知数だが、後半長く脚を使えるので怖さはある。

×カワキタエンカ

逆にここまで悪化しきった方が良いかもしれないが、それでも今回はそういうタイプの強敵が多くて大外枠で行き切れるかどうか、目標にされるという面もある。この馬の場合ローズSにしてもそうだがある程度前後半で平均まで上げて基礎スピードを活かしてきた面はあるし、秋華賞も重馬場の59.1-61.1とかなりのハイを逃げて作ってしぶとくは踏ん張った。ブラックオニキスよりは評価したいが、エテルナやオートクレールといった道悪の鬼がいることを考えるとこの辺りでとどめておきたいかな。

――――――――――――――――――――――――
《先日の中京でも独占的に聞いていた話通りの決着》
東海S(G2)1万4690円【的中】

――――――――――――――――――――――――
▼今週の金鯱賞も自信アリ!▼

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《《的中宣言》》
第54回 金鯱賞(G2)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

勝つのはアノ馬しか考えられない!

【金鯱賞の結論】を特別無料で公開します!

========================
先週も先々週も
怒濤の万券的中ラッシュ!
========================

阪神2日目2R
6万6160円的中
——————
阪神2日目10R
4万4040円的中
——————
小倉6日目7R
3万5170円的中
——————
中山1日目3R
2万8060円的中
——————
小倉6日目9R
2万0080円的中
——————
小倉8日目9R
1万9860円的中
——————
阪神3日目3R
1万9290円的中
——————
小倉5日目5R
1万6280円的中
——————
小倉8日目6R
1万4390円的中
——————
阪神2日目6R
1万3190円的中
——————
小倉8日目4R
1万2920円的中
——————
小倉7日目12R
1万2630円的中
——————
中山2日目9R
1万1200円的中
——————
小倉5日目6R
1万1010円的中
——————
小倉6日目11R
1万0950円的中
——————
中山4日目2R
1万0560円的中

その他的中多数!

■■■■■■■■■■

【的中宣言】金鯱賞の結論はコチラから

■■■■■■■■■■

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。