競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

小倉大賞典 2018 予想:本命02ダノンメジャー

time 2018/02/17

小倉大賞典 2018 予想:本命02ダノンメジャー

小倉11R 小倉大賞典(GIII) 芝1800m
馬場想定:良、標準馬場想定

展開予想

オリンピックも男子フィギュアの羽生君、宇野君の活躍やネイサン・チェンのクワド連発…。カーリングも女子が快進撃で楽しみつつ、でもいつもよりは忙しいのであまり見れてはいない…。ジャンプは結果出ず…残念。

馬場は土曜を見る限りでは少し雨が残っていることを考えても標準ぐらいかなと。逃げ馬が多く、ここでは恐らくウインガナドルがまず外から主張してくる。クラリティスカイやヤマカツライデンも逃げるまではともかくある程度前目を主張してきて外が内に切り込みながらの形。ダノンメジャーが内から先行策だが恐らく外の各馬を行かせながらで少し離れた2列目のポケットで入っていく。恐らく今の馬場だとこの面子なら平均で流れれば46秒半ばが出るかなというぐらいだとみていて、前半は速くなるイメージで。46.5-12-47.5ぐらいでハイペースで46秒台前半ぐらいのイメージで。基礎スピード重視でそこから脚を使える馬、小倉なので早めの仕掛けになるだろうしコーナーからしっかりと脚を使える馬を狙いたい。

予想

◎02ダノンメジャー
〇08マサハヤドリーム
▲15ハッピーユニバンス
△05サトノアリシア
△14ウインガナドル
×04ストレンジクォーク16クインズミラーグロ
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ダノンメジャー

この馬は多少ペースが上がっても大丈夫だろうと。根拠はここ2走で、特に前走の京都金杯。京都マイルで時計が標準に掛かる中で46.8-47.5とややハイ寄りの平均だがそこから12.6 – 12.4 – 12.1 – 11.4 – 11.6と息を入れての2F戦で2列目外から直線でジリジリとだが反応した。本当はあまり仕掛けの遅い展開は得意ではないはずだがペースが速かったこともあって後続の脚を削げたのもあると思う。逆に言えばマイルの重賞レベルで基礎スピードは通用した。そのうえでこの馬にとって理想はコーナーでペースを引き上げる形。5走前の小倉日経OPはそれで、47.1-47.4と平均からの11.6 – 12.1 – 11.6 – 11.6 – 12.1とL3で最速タイ、3~4角地点での動きでしっかりと番手から動いてねじ伏せL1まで踏ん張る競馬。前目からある程度長く脚を使えるポテンシャルが魅力。今回は基礎スピード面でもう少し前半が問われると思うが内枠なので1~2角はロスなく無理なく入れると思うし、3~4角から勝負に行きやすい小回りの小倉なので条件は合致したとみた。タイプ的にウインガナドルが厄介だったが枠でこれだけアドバンテージがあればこちらを本命にしたい。

〇マサハヤドリーム

相手は結構捻ったかなという感じ。ただベースは基礎スピードにあるので、その点で1800で流れた時に噛み合いそうなのはこの馬かなと。前走の京都金杯は46.8-47.5と平均ながら12.6 – 12.4 – 12.1 – 11.4 – 11.6と2F戦の中で中団内で包まれて直線で最内を突いたが少し窮屈な感じ、それでもL1までジリジリとは来ていた。マイルのこの流れで脚を使えているように、元々基礎スピードは見せていて三年坂特別でビップライブリー相手に完勝したのも46.7-46.8と平均からの一足勝負で2列目から直線11.8 – 11.7 – 12.0 – 11.2 – 11.9のラップ推移でL2地点でスッと先頭に立っている。基礎スピードの幅が広いし、4走前の博多Sの勝ちっぷりを考えても2000で流れてポテンシャルでという競馬でも強い競馬ができている。これなら1800で流れればチャンスかなと。

▲ハッピーユニバンス

大穴でこれ。まず5走前のTVh賞が46.0-48.7と超ハイを単騎が刻みつつ11.4 – 11.7 – 12.1 – 12.3 – 12.6と消耗戦の中で後方から3~4角で外々を押し上げながら3列目から直線しぶとく突き抜けているように基礎スピードをとわれてのポテンシャルの高さを見せてきた。ここは結構ハイレベル戦だったし基礎スピードが問われて上がり切った中でのパフォーマンスは今回も通用しそうかな。直近は全てギアチェンジをとわれているので、流れ切って淡々と減速を踏ん張るポテンシャル戦で一発。

△サトノアリシア

前述のハッピーユニバンスとセットで。どうしてもTVh賞では前に行きすぎたし単騎がいたので後続の仕掛けも早かったのでなかなか最後まで踏ん張り切れなかったが自身前傾バランスで踏ん張れたのは立派だと思う。前走の逆瀬川Sでしっかりと勝ち切ってきたが基礎スピードの幅を持っている馬なので内枠で上手く我慢して立ち回れれば。

△ウインガナドル

本命候補だったんだが枠の並びが悪すぎる。1角までの距離が短い1800で逃げる中では一番外になってしまった。ただやはりラジニケ賞が良い内容で、47.5-47.1と平均、息を入れたが12.2 – 12.0 – 11.7 – 11.9 – 11.6 – 11.9と4F戦でしぶとく粘ってセダブリランテスを相手に善戦。このメンバー構成なら…とは思っているが、最序盤の入り方がかなり難しいのでそこだけ。

×ストレンジクォーク

この枠は基礎スピードに不安があるダッシング、追い切りが良かったタイセイサミット辺りとかなり悩んだがこの馬を。基礎スピード面に不安はあるんだが、春興Sで高速馬場とはいえ46.8-45.7とややスローから11.6 – 11.6 – 11.3 – 11.4 – 11.4とL3最速で好位に乗せながらしぶとく粘っていたし、内での立ち回りも上手く前走中山金杯でも見せたがポテンシャル戦でも強い。内内で我慢して前半無理をしなければ何とかハイペースでもこなせるかな。

×クインズミラーグロ

ここ2走は逃げたり前に行って折り合い面で苦労したりと難しくなってしまったが、放っておいても流れるのでそれはこの馬にとっては良い条件だし前に行かずに後方で我慢してくれれば。4走前のクイーンSでも上手く立ち回ったのはあるが、福島牝馬Sみたいに流れた中でバテ差し3着というのもある。適性の幅がある馬なので、ここ3走は物足りないがハイペースに上がり切って紛れての差し込みは警戒したい。

PR【重賞4レース予想】3連単を狙いやすいのはフェブラリーS


的中に特化した予想。
2月10日(土)単勝95.8%、三連単37.5%という高水準を過去4年にもわたり保ち続ける予想データ。
このデータを使って、G1フェブラリーS、小倉大賞典、ダイヤモンドS、京都牝馬Sをひも解いて予想します。
このデータは無料会員になればだれでも今週から見れますので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

それでは、各レースをこのデータ予想の過去結果から分析していきます。
フェブラリーS

今週末一番の的中率に期待できるレースです。
というのは、過去3年、指数1位と2位の予想馬が馬券に絡んでいます。
指数1位と2位で馬券を組み立てるだけで、複勝、ワイドが的中。まずこれだけで安定的に勝てますね。
最も取りたいのは3連単。
2017年から過去3年で見ると、4位予想馬、6位予想馬、7位予想馬が馬券に絡んでいます。
この3頭の共通点を見つければ3連単を十分狙えるレースです。
週末までにじっくり研究したいと思いますが現時点でわかっていることは【2014年1着馬以外、すべて指数値30以下で馬券決着】
今週末はフェブラリーSが一番勝ちやすいレースだと思います。
みなさんも週末までにこの指数について少し調べてみてください。

また、フェブラリーSの予想については、サイト運営者北条氏のブログにて日曜日昼に無料公開されますの。楽しみにしてみてください。
⇒ こちら

小倉大賞典
ダイヤモンドS
京都牝馬S

この3レースの予想が難しい。
この中だったら、ダイヤモンドSが予想しやすいかなぁ。と思いますが、それでも直近2017年成績がいまいちです。
指数1位~3位までの馬が馬券に絡むことは間違いないのですが、馬券内3頭を絞り込むにはもっと分析が必要になります。
しかし、一つだけ予想のヒントとしてあるデータを見つけました。
それは【穴馬発見法】です。この指数データとオッズを組合せて発見します。

例年穴馬の好走が見られますが、オッズの変動でその隠れた馬を見抜ける可能性があります。
指数というのは【全頭の全レースの情報から強い馬の順位を付ける】
しかし僕はここに欠点があると思っています。
その欠点とは【距離適性バッチリの穴馬見落とし】です。

総合評価、つまり全レースで見ると弱いけど、1,800mだけは強い。そんな穴馬たまにいますよね。
オッズだけ見てもこれは正直わからないです。穴馬探しで全頭チェックするのも大変な作業です。
そこで、いい例が小倉大賞典の昨年1着馬マルターズアポジー。
指数14位予想と評価が低いのに、4人気とオッズでは高評価。矛盾が起きました。

どういうことだ?と疑問がうまれマルターズアポジーだけの前レース情報を調べてみました。
すると、2016年2500mの有馬記念で15位と大敗。その前走福島記念G3や、秋風Sなどでは7人気以下にも関わらず1着。
つまり、距離適性は1600m~1800mの馬。G1競争で勝てるほどの実力はないが、G3や特別戦では1着になれるほどの馬とみます。
結果【マルターズアポジー:1800mのG3小倉大賞典は一番力をだせるレース→1着】
ちょっとしたオッズの変化は簡単に気づけません。
しかしこの指数と連携することにより【全体的に見て弱い馬でも、そのレースだけ、ピンポイントで強い馬】を導きだすことができます。

※1点だけ注意
この予想方法で惑わされるのが、大口投票でのオッズ変化です。
大口が入る理由は、調教がすごいよかったなど色々な理由がありますよね。しかしそれは強い馬とは言いきれません。
弱い馬の調教がよくても、いざレースとなると強い馬に勝つのは難しい。
この指数サイトの馬柱の馬名をクリックすると競走馬データが見れますので、適正距離を調べるときに使ってみて下さい。

今週末は重賞4鞍。とても楽しみな週末です。
ぜひこの指数を参考にしてみてください。
⇒ こちら

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。