競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬:リッジマン

time 2018/02/15

ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬:リッジマン

ダイヤモンドステークス(GIII)

日程:2018年2月17日(土)
東京芝3400m

予想用・出走予定馬一覧

ステイヤー路線で徐々に頭角を現し、前走の万葉ステークスでは早仕掛けからしぶとく踏ん張って2着のリッジマンがダイヤモンドステークスに出走予定だ。長距離路線で存在感を見せる名手蛯名正義との再コンビで重賞初制覇を目論む。府中の舞台で直線での決め手が問われたときが課題だが、ポテンシャルの高さを活かして強気の競馬に持ち込みたい。

ステイヤーズステークスに出ていたらちょっと面白かったかなと思うが、府中の3400mでとなるとトップスピード面での課題はある。ロンスパになり切ってくれればいいけど、それでも万葉Sのレベルで力で捻じ伏せきれなかったわけなので、現状では噛み合ってどこまでという立ち位置。52kgで再度の軽ハンデを活かし、徐々に押し上げていってほしいかな。

万葉ステークス(OP)2着

京都芝外3000m良 9頭7枠7番
3:07.1(+0.1) 61.8-65.7(FA13.14)-59.6 S^2
12.9-11.8-12.0-12.9-12.2-12.7-13.3-13.4-13.0-13.2-12.3-11.5-11.6-11.9-12.3

前走の万葉ステークスから振り返る。標準ぐらいには時計がかかっていた中で、ペースはかなりのスロー。中盤もしっかりと緩んでいてハロン13を切らないゆったりとした流れからラストで加速、坂の下りのL4最速で11.5とポテンシャル戦。3~4角地点での立ち回りは結構問われていると思う。

7番枠からまずまずのスタートを切ってそこから下げて後方内内で進めていくという形。道中はゆったりと入りながら単騎で前2頭が引っ張る中で無理せずに脚を残しつつ1角。2角過ぎにはグランアルマダの単騎逃げの形になって後方の内目で我慢しながらだが向こう正面で流石に前がある程度ペースを引き上げて行くという流れ。3角では差が詰まってそこからはトミケンスラーヴァが引き上げペースが上がっていく、その流れで外々から追走、4角で一気に押し上げて2列目外で直線。序盤で粘るトミケンスラーヴァに懸命に追い縋って半馬身差ぐらいというところからなかなか詰まらずL1まで脚色優位に立てずに粘り込まれての2着。

ただ3角手前から2列目がペースを引き上げて行ってコーナーでは速いラップを踏んでいる。その流れで外から勝ちに行ってのものだから52kgの軽ハンデがあったとはいえプロレタリアトを撃破できるほどには高いポテンシャルを引き出してきたとみるべきだと思う。もともとポテンシャルに関しては非凡なものを見せていたし、こういったロンスパで早めに出し切る競馬で良さが出たのは納得かなと。まあ、逆に言えばこういう競馬で府中だと長距離でもなかなかやりにくいとは思うが。

グレイトフルステークス(16下)9着

中山芝内2500m 16頭8枠15番
2:34.9(+0.8) 61.4-60.8 M
7.0-11.5-12.1-12.0-12.2-13.0-12.8-12.7-12.3-12.4-12.6-11.7-11.8

2走前のグレイトフルSでは休み明けというのもあったがそれでも完敗を喫してしまった。展開的には平均ペースだがこれは単騎逃げでのもので、2番手は恐らく63秒近いのでかなりのスロー、実質的にはそこからの5Fぐらいのロンスパ的な競馬になっていると思う。

15番枠から好発を切っていて、そこから様子を見ながら控えて好位の外目で進めて前にポポカテペトルを置いて折り合いを意識、少しハミを噛んでいるかなという程度で1角に入っていく。向こう正面でもポポカテペトルの後ろでマークするような形で進めてじわっと進出を狙う。3角で外から促されてポポカテペトルの外を回すが外から一気にステイパーシストに交わされて直線。序盤で甘くなって最後までジリジリと下がっての9着完敗だった。

ステイパーシストとの比較で見ればこんなもんかな、という感じだが休み明けが影響していた可能性も考えないといけない。一気に外からステイパーシストに来られてしまったのも痛かったと思うし、ラップ推移が結構読みにくいところはあるが4角でキレ負けしていた感じもあったので。

札幌日刊スポーツ杯(10下)1着

札幌芝2600m良 14頭5枠7番
2:40.9 62.4-61.0 S^1
12.8-11.7-12.7-12.8-12.4-12.8-12.5-12.2-12.0-12.1-12.4-12.1-12.4

結構強かったなというのがこの札幌日刊スポーツ杯。ここでも人気の一角となるレジェンドセラーを撃破しているわけだし、2着のウインヴォラーレも1000万下レベルではポテンシャル戦で強敵といえる相手。これを楽々蹴散らしてきているのは評価できるポイント。まあ55kgのハンデはあったがポテンシャル戦での強さを見せた一戦といえる。

7番枠から五分には出たが行き脚が微妙である程度促しつつ最序盤は後方外で進めながら。スタンド前でも前にマイネルヴンシュを見ながら我慢しながら向こう正面。ここでじわっと促して早めの競馬を展開、3角ではマイネルヴンシュの更に外から大外をぶん回しつつもしっかりと捲って4角では徐々に内に切り込みつつマイネルヴンシュの外で先頭列。序盤でそこからしぶとく伸びて粘る。まで手前を換えなかったが寄せ付けずの完勝だった。

厳しいロングスパートの流れで良さが出ているといえるし、ポテンシャル面に関しては少なくとも4歳勢のレジェンドセラーやホウオウドリームよりは高いレベルのものを見せているといえるし、力の要る洋芝でしっかりと結果を出しているのは好感。やはりタフな条件の方が良いのは確かだろう。

2018ダイヤモンドステークスに向けての展望

ただし、これまでを見てもわかると思うが、典型的なポテンシャル特化型だし、それで捻じ伏せきれるほど突き抜けたパフォーマンスを見せているとはいいがたい。また、この馬の場合トップスピード戦に関しては全くの未知数だし、血統的にもそこを望むのはちょっと難しいかなというのはある。府中に替わるのは正直プラスとは思えないし、トゥインクルが勝った時のようなズブズブの馬場ならまだしも、先週ぐらい明確に軽い馬場になってしまうと…という感じはある。前走の万葉Sが52kgでトミケンに届かなかったことを考えても信頼は置きにくい。ただし、ポテンシャル戦なら少なくともレジェンドセラーは夏の時点で上回っていたわけで、フェイムゲームはかなり手ごわいがメンツを見ると本当にそこまで強敵がいるかどうかは懐疑的。渋ってくれば結構目は出てくるんじゃないかなと。上がり勝負では多分フェイムゲームだけでなくラブラドライトや4歳勢にも見劣るのでいかにロングスパートに持ち込むか、府中ではかなり難しいが力の要る馬場になってくれれば要警戒。馬場次第で評価を変えるべきかな。ゲートは意外と上手い方だと思うので、良馬場なら最序盤であまり下げる意識を持たずに好位外ぐらいから中盤以降でじわっと前に対してプレッシャーを与えて行く競馬が必要かな。

――――――――――――――――――――――――――

前哨戦も2戦2勝で獲った!

《東海S》1万4690円的中《根岸S》2540円的中
――――――――――――――――――――――――――

ゴールドドリーム?テイエムジンソク?ノンコノユメ?

フェブラリーSで大きく狙えるのはこの3頭!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第35回 フェブラリーS(GI)
絞りに絞った3連複3連単1点で教えます!

―――――――――――――――――
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

混戦に見えても大きく狙えるのはこの3頭!

◎○▲の1点で3連単なら想定300倍以上!!

========================

この3週だけで万券25本

========================

2回京都6日目1R
8万0020円的中!
2万4020円的中!

——————–
1回東京3日目10R
6万7690円的中!
——————–
2回京都1日目1R
6万6250円的中!
2万3940円的中!

——————–
2回京都6日目12R
6万5140円的中!
1万1220円的中!

——————–
1回東京2日目1R
5万6200円的中!
——————–
1回中京6日目3R
5万6140円的中!
——————–
1回東京2日目10R
3万2630円的中!
——————–
2回京都3日目9R
3万1100円的中!
——————–
1回東京1日目7R
2万6880円的中!
——————–
2回京都4日目1R
2万2080円的中!
——————–

その他的中多数!

※200倍以下は割愛

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【フェブラリーS】3連複3連単1点は今すぐコチラから!

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。