競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

クイーンカップ2018 予想用ラップデータ:後方一手は利きにくいレース…総合力を重視したい

time 2018/02/05

2018クイーンカップの予想用ラップデータ

クイーンカップの過去10年ラップデータから予想、分析していく。

まずは全体のペースだが基本的には平均ペースで流れる可能性が高いレースという認識で良いと思う。過去10年で見ても6度が平均で最も多く、次点でかなりのスロー、ややスローの2度ずつとなっている。ハイペースまで行くことは過去10年ではなく、基本的には平均ペースを軸にしておくのがいいか。もちろん杯になる可能性が無いわけではなく、傾向としては平均~ややスロー辺りとみておくのが良いと思う。

次に仕掛けどころだが、過去10年で見ても綺麗に分かれている。L2最速、L3最速が共に5度ずつなので、傾向としては全くはっきりしていないと。なのでこの辺りは決め打たない方だ良いと思う。安定させるならギアチェンジ、トップスピードの質、持続力のバランスを重視した方が良いかな。前半の基礎スピード面も含めた総合力がカギになる。

脚質別で見ればそれが如実に表れているかな、という感じ。過去10年で勝ち馬の9割が真ん中より前。差し馬が台頭しきるのはなかなか難しい一戦とみておいていいだろう。2着に差し損ねることが多いので、前目から良い脚を使える馬を狙いたい。

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

アメリカJCCはダンビュライト
から3連複6440円的中

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中

フェアリーSはプリモシーンから
3連単4万6640円的中

今週の京都記念も必見!

▼▼最終結論をお楽しみに!▼▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz03

 

GI馬主・佐々木主浩の最終結論を無料公開



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。