競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

マイルチャンピオンシップ 2021 予想:12グランアレグリア

time 2021/11/21

マイルチャンピオンシップ2021の予想

阪神11R 芝外1600m
馬場想定:良、標準馬場想定
風向想定:南東1m/s想定

展開予想

 まずポイントだった天気と馬場だが、外回りが少ないので何ともながら2400m戦を見る限りそんなに変わらないかな。標準馬場ぐらいだと思う。風は南東からなので3角地点が完全向かい風、HSが追い風に近い形になるが1m/s程度ならそこまで気にしなくていいだろう。北→東→15:00南東という感じで3時間ごとに風も変わるし正直風向も当てにしていない。

 展開予想だが、この状況でホウオウアマゾンがどうするかやね。基本的には内からある程度主張して進めつつ、外からはロータスランドやサウンドカナロアが主張。サウンドカナロアなんかは行く気なら行けると思うし、サウンドキアラとのチームプレーもあるかも?というところでこれがペースを引き上げつつ、サウンドキアラもある程度好位ぐらいで前を取ってくる可能性はあるかなという見立て。サウンドカナロアが逃げてこれが少し離して進め、離れた2列目がロータス、ホウオウ辺りに外からグレナが絡んでいく。多少の前後はあると思うが、これらを見ながら好位のサウンドキアラ、インディチャンプという感じでその後ろにグランやサリオスというところだろう。ペースはそれなりには上がると思うが、それでも46.5-45.5ぐらいで1:32.0前後を想定。このレベルなら31秒台にも入ってくるとは思うが、一応想定としてはこれぐらいを置いておく。

予想

◎12グランアレグリア
○?(noteのみ)
▲?(noteのみ)
△07インディチャンプ
△09グレナディアガーズ
×05サウンドキアラ11カテドラル
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎グランアレグリア

 まあグランに対して色々思うことも無くはないんだけど、最後は本命で。ただ、もちろんだけど土曜の馬場と天気予報を見ての判断やね。雨が降っても本命を打った可能性はあるけど、良馬場だからあまり悩まずグランを本命にしたという感じ。標準馬場ぐらいまでが良いと思っているからね。

 まず前提として、2000mは今でも問題ない馬だと思っているけど、ベストはマイルだとは思う。この条件ではとにかく全てが高いレベルで、特に基礎スピードと後半のトップスピードの質、ロングスプリントという質量を全てにおいて高いレベルで見せているというのはなかなか過去にいなかった。パーフェクトな存在と言っても過言ではない。やはり衝撃はアーモンドアイを子ども扱いした安田記念勝ちだろう。

 東京マイルで稍重馬場だったがこの時が雨の影響があって標準ぐらいの馬場状態。45.7-45.9と平均で流れていて、そこからの11.5 – 11.6 – 11.4 – 11.0 – 11.9とL2最速。これで中団やや前目で進めながらL2で好位列からぐんと切れてここで一気に先頭に立ってきたからね。ここでインディチャンプより鋭かったし、アーモンドやインディをラストで全く寄せ付けなかったのはとんでもない馬だなと。まあ正直言って今アーモンドアイが全盛期の状態で入ったとしてもマイルだとちょっと厳しいとは思っているし、今の方が全体のレベルはハイレベルだとは思っているが…それにしてもこの馬場でペースがここまで上がっても削がれない基礎スピードと、それでいて後半の末脚が質量で圧倒的。なかなかとんでもない馬だなという認識だった。

 今年は安田記念2着が物足りないというのも、グランとしては…というところ。しかも後半の末脚ではなくやはり最序盤になる。46.4-45.3とややスローの流れにも関わらず前に入っていけなかった。追走で苦労して後方で進めながらになったが、11.5 – 11.4 – 11.2 – 11.0 – 11.7のラップ推移で直線後方馬群の中目から馬群を捌きながら内に誘導しつつしぶとく伸びて最後は内から食らいついてのアタマ差。基本的にグランの凄いところはこういう競馬でもL1は必ず突っ込んでくるんだよね。

 前走の天皇賞秋では本格化以降で恐らく初めて差された形での3着だった。ただこれも個人的にはちょっとかわいそうな部分もあったかなと。東京2000で60.5-57.4と超スロー。前半の基礎スピードも武器なんだがもちろんこれは封印。番手を取ったが逃げ馬に並びかけるような感じになったし、結果12.0 – 11.8 – 11.1 – 11.1 – 11.4とレースラップに近い形で11.8-11.1とギアチェンジを結構求められた。自分の中でグランは非常に高いレベルではギアチェンジが得意ではないと思っていて、ベストはゆったりと加速させてロングスプリントで末脚の絶対量を高めさせてやった方が良いという認識。ここで前で一気に加速させたことでラストちょっと甘くなってしまった。まあそれでもL1はこの馬で11.6なのでこれでも落としていない方だし、後半特化で良さが出る中長距離型の土俵に上がってよくやったというレベルだと思うけどね。

 ここで本命にしたのは、まず雨が降らずに31秒台の決着でグランに勝てる馬はそうそういないという点が大きい。想定は一応1:32.0だけど、正直このレベルなら31秒台は出る馬場だと思っている。秋天を使った後で輸送があっての藤沢厩舎のラストラン(タイキシャトルとか)と不安もあるとは思う。ただ、これまでのパフォーマンスを見ても、最低限と言える今年の安田記念の競馬ができれば勝つ可能性が最も高い馬だと思うしあれがグランのベストではないことは明らか。マイルの舞台なら流れても基礎スピード的に問題ないし(余程ハイペースで前を取るとかでなければ)、馬場もマイルで標準ぐらいなら安田でインディを3馬身離している競馬からむしろベストバウトをたたき出しているぐらい。雨が降って明確にタフならロングスプリントを引き出せないリスクもあるので…と思っていたけど、その心配もなくなったなら、最後は稀代の名マイラーの有終の美を見せてもらいたい気持ちが強いかな。

○?(noteのみ)

▲?(noteのみ)

△インディチャンプ

 ん~正直去年以上の競馬をどう展開するかだろうね。ワンチャンスあるとすれば前が引っ張る中で離れた2,3番手で進めてグランが後ろからで差し損ねるぐらい。仮に内の馬場が明確に良いなと感じていたら単穴でも良かったんだけど、土曜を見ても外差しの方が来ている印象なので。昨年マイルCSも今年の安田もまさに今のインディチャンプで良い脚が一瞬しかない。マイルCSでは46.9-45.1とかなりのスローで12.0 – 11.6 – 11.0 – 10.8 – 11.7とL2最速。これで中団から進めつつ4角でグランの外にスーッと入って進路をふさいで直線最速地点でスッと伸びてここで先頭もL1で伸びきれずグランにあっさり。インディは良い馬なんだけど使える馬が一瞬しかない。トップスピードの質は高いレベルにあるけど、減速地点での上り坂も合ってない印象で完璧に運んでグランに余裕に交わされてというのは辛いね。また安田記念であも46.4-45.3とややスローから11.5 – 11.4 – 11.2 – 11.0 – 11.7とじわっと加速していく流れの中で中で上手く好位で進めて直線でも仕掛けを待ちながらも加速ができていたしL2で先頭に立ってきたけど内外からロングスプリント型に差し込まれての4着。シュネルマイスターにもこの時点で敗れているし、簡単な一戦ではない。連下での押さえまでやね。

△グレナディアガーズ

 展望の段階では評価していなかったけど、追い切りが良かったというのは大きいかな。そのうえで、前走の京成杯AHも決して悪い競馬ではない。中山マイルで45.6-46.4とややハイで流れていたが、11.0 – 11.2 – 11.4 – 11.4 – 12.4と終始淀みなく11秒台前半を4角地点ぐらいまで踏んでいる中で4角でかなり外外を回す羽目になった。前半の位置取りも基礎スピードを考えれば後ろになってしまったし、4角のロスも響いてL1で突っ込めたと。ここで上手く立ち回ったカテドラル辺りとの比較だとこのレースでは量的にそれなりにやれたなという印象。ただ、本質的には前半の基礎スピードを活かしてこそなので、今回想定はややスローだけど、ハイ寄りに振れた中で上手く2列目外ぐらいで立ち回れれば粘り込み警戒かな。

×サウンドキアラ

 あとは前を取れればのサウンドキアラかな。基本的に基礎スピード面をある程度持っている馬だという認識で、ここで勝負になるならハイペース寄りになってほしいと。前走のスワンSは噛み合っていたら多分勝っていたかなという評価で、34.1-35.1とややハイで流れて11.3 – 11.5 – 11.4 – 11.6 – 12.1のラップ推移で好位で進め目ながら3~4角で窮屈になってポジションダウンしたし直線途中まで進路確保で後手を踏んでいた。そこからラストで差し込む形になったが、前半のロスを考えても結構頑張ったなという印象。スローでは切れ負けするのはヴィクトリアマイルからも明らかだし、量的にはもっと問題があるので、サウンドカナロアが参戦してくるしこれが引き上げてという中で前目で流れに乗ってペースを引き上げての粘り込みに期待かな。京都金杯勝ちが結構強かったし個人的には時計は少し掛かるぐらいの方が怖さはある。

×カテドラル

 カテドラルは前走京成杯AHは上手くロスを最小限にできたとはいえ淀みない流れで結果が出たのは好印象かな。45.6-46.4とややハイで11.0 – 11.2 – 11.4 – 11.4 – 12.4と淡々とという流れ。その中で中団の内目で脚を温存しつつ3~4角で外から押し上げてきたグレナと比較してここでかなり我慢ができたと思う。そこから直線で少し捌くのに苦労はしたが、L1のバテ差しはその貯金が活きる形。本質的にカテドラルも本当にいい脚は一瞬タイプだと思うけど、基礎スピードを持っているのが良い。ベストは前半が速くて中盤遅くての中弛みが嵌ればというところかな。押さえてはおきたい。

sponsored link


朝一稼げる無料買い目予想
先週土日で計5万円GET
獲得狙い目は2~4万円ほど♪
時には24万円馬券もでます!
━━━━━━━━━━━━━━
先週の無料買い目予想
・11/14 東京3R 着順:13-6-4
馬連27.6倍/3連複×
合計【27,600円】
・11/13 東京1R 着順:11-2-10
馬連7.7倍/3連複14.6倍
合計【22,300円】
※各1点1,000円投資
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
この秋最大値(無料予想)
・10/16 東京2R 2歳未勝利
馬連5点/3連複11点(1点1,000円)
着順:9-6-1/3-10-2人気
馬連105,000円 払戻
3連複138,400円 払戻
合計【243,400円】
3人気軸に相手馬に10人気お見事です!
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
直近1か月で+27万円の収支だした無料予想♪
コツコツ勝ちながらドカンと大勝ちもあるので
レース前夜はここの無料予想を確認してください!
→コツコツ稼げる無料予想
重賞の展開読んだ『真相競馬NEWS』も無料公開♪
マイルCS前に合わせてチェックしておきましょう!

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。