競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

凱旋門賞 2021 出走予定馬:クロノジェネシス&マーフィー騎手想定

time 2021/09/29

凱旋門賞 2021 出走予定馬:クロノジェネシス&マーフィー騎手想定

第100回 凱旋門賞(GI)出走予定馬展望

日程:2021年10月3日(日)
コース:パリロンシャン芝2400m

予想用・出走予定馬一覧

クロノジェネシス(マーフィー騎手想定)

 日本が誇るグランプリ3連覇の女傑クロノジェネシスが凱旋門賞に出走予定だ。今年の春は果敢にドバイシーマクラシックに参戦したがミシュリフ相手に競り負ける形の2着。海外ではこれが2戦目となるが、日本のエースが記念すべき100回目を数える伝統の一戦を制することができるか。

※この記事はnote,ブログ無料公開対象です。

 日本においては有酸素運動で化け物レベルの馬だが、それでも突き詰めれば宝塚型なので前半のパワー型基礎スピードを強めに求められた方が良いタイプだと思うんだよね。仮にロンシャンの2400で有酸素運動の競馬になったとしてもスローロンスパだと有馬の感じでは簡単ではないかなと思っている。それとトップスピード戦ではちょっと物足りないところもあるので、どう克服するかだろうね。勝利を狙うのであれば、個人的には前目でレースを作る立場で進めてほしい。

宝塚記念(GI)1着

阪神芝内2200m稍 18頭8枠16番
風向き:西1.0m/s(豊中市15:40)
2:13.5 60.0-61.1 H^1
12.3 – 10.9 – 11.4 – 12.7 – 12.7 – 12.4 – 12.4 – 12.4 – 11.9 – 12.1 – 12.3

 個人的にはクロノジェネシスのベストバウトは?と聞かれたら間違いなく昨年の宝塚記念勝ちです、と答える。それぐらい圧倒的で付け入る隙が無かった。この一戦が稍重でタフな馬場状態、ペースこそバランス的にはややハイだがこれで2着のキセキに1秒離していて、更に3着のモズベッロに1.8秒離しているという圧倒的なパフォーマンス。他の馬にとっては超ハイだった中で、クロノだけがややハイ程度でまとめてきたという方が正しいだろう。

 16番枠からまずまずのスタート、そこから様子を見ながらコントロールしつつ最終的には中団の外ぐらいで正攻法で進めていく。道中もブラストワンピースの後ろで進めながら3角へ。3~4角で外からじわっと仕掛ける形で楽に先頭列、4角で外から上がってきたキセキを寄せ付けずに先頭列でラッキーライラックを呑みこむ。そのまま序盤で一気に突き抜けて4馬身差。L1で突き放して6馬身差の圧勝だった。

 とにかくパワー型基礎スピードが抜けていたという感じやね。このペースで楽々ついていけて3~4角で外から上がってきたキセキに対して待ちながら4角でスーッと動いて、他が甘くなってもこちらはばてずに最後まで突き抜ける競馬ができていた。この辺からも前半のパワー型基礎スピードが抜けていたと判断した方が良いと思う。キセキもベストはこういう競馬だと思っているし、クロノがいなければキセキが圧勝でGI久々に勝てて良かったね、ってレースだったと思うんだよね。そのキセキを6馬身千切ってきたというのは化け物レベルだと思う。少なくとも日本の現役馬でパワー型有酸素運動の競馬になったときにクロノに勝てる馬はいないだろうなと。レイパパレも悪くないけど、モズベッロとの比較でみてもこの競馬は異常なレベル。

有馬記念(GI)1着

中山芝内2500m良 16頭5枠9番
風向き:北東1.6m/s(船橋市15:40)
2:35.0 62.2-60.7 S^1
6.8 – 11.8 – 12.2 – 12.5 – 12.5 – 12.8 – 12.9 – 12.8 – 11.8 – 12.3 – 12.1 – 11.9 – 12.6

 有馬記念は勝つには勝ったし、相手も手強かったがそれでも苦戦した。良馬場でも時計が掛かっている状況だったが、宝塚記念と違って前半がスロー。そこからのロンスパで5F勝負となった。ポテンシャル特化戦と言っていい。風は北東からなので3角地点が完全追い風。

 9番枠からやや出負け、そこから無理はせずに序盤は後方で進めていく。スタンド前でも中団馬群の後ろでラッキーライラックを見ながらマークして向こう正面。ここでしっかりと勝負に行く選択を取ってラッキーを交わして前に押し上げ好位の外。そのままカレンブーケドールの外からスーッと取り付いて2列目の外で直線。序盤で追われて伸びるが内のフィエールマンの抵抗を許してまだ2番手、クビ差ほど。L1でこれを何とか捕えて外のサラキアの強襲をクビ差で振り切っての勝利。

 まあもちろん辛勝と言えども横綱競馬でのものだからこれは評価したい材料。後半のポテンシャル戦で3~4角で外からだけど、押し上げたタイミングは向こう正面である程度上手く上げきったしコーナーでのロスも小さめに抑え込めたと思う。この辺は北村友一の判断が正しかったかな。そのうえで、上手く立ち回ったフィエールマンを何とかねじ伏せてきたし、サラキアに突っ込まれたもののポテンシャル戦でも現役最強を証明できたと。ただ、化け物レベルではないね。後半のロンスパというくくりで見ると、宝塚記念程のインパクトは正直感じなかった。もちろん強かったんだけど、この馬はマラソンランナー的な要素もあるので、突き詰めると前半のパワー型基礎スピードを求められた方が良いタイプだと思う。日本国内レベルならそれでも勝ち切れているんだけどね。

ドバイシーマクラシック(GI)2着

メイダン芝2410m良 9頭7番枠
2:26.70(+0.05) 75.46-71.24 S^3
75.46(1200m)-12.26-11.92-11.86-11.43-11.23-12.49(210m)
26.31 51.13 1:15.46 1:27.72 1:39.64 1:51.50 2:02.93 2:14.16 2:26.65

 ドバイシーマクラシックを振り返っておきたい。メイダンの2410m戦でペースは超スロー。後半はL2最速で11.23という程度。2段階加速的な感じになっているかな。その中でミシュリフ相手にL2最速でちょっと見劣ったし、ラヴズオンリーユーにかなり苦戦して何とか2着を確保という競馬。これが凱旋門賞でどうかやね。

 7番枠から五分のスタート、そこから軽く促しつつ流れに乗ってというところで好位の外目を進める。道中も5番手ぐらいで無理はせずにウォルトンストリートを前に置いて我慢しつつ3角へ。3~4角でも徐々にペースが上がる中で中団外外でロスを作りつつ、4角で外に出して2列目付近で直線。序盤でラヴズとの激しい叩き合いで先頭列を狙うが、先に外からミシュリフに交わされてしまう。それでも最後まで踏ん張って抵抗してラヴズは競り落としたがミシュリフにはクビ差の2着。

 まあ悪くはないし、ミシュリフは英インターナショナルSでもトップスピード戦で6馬身差と抜けていた感じだから、思ったよりも強敵相手だったかもしれないね。ラヴズの成長を褒めた方が良いのか…という感覚でもある。4着以下は離しているし、この一戦の評価が結構難しい。ただラブやアレンカーなんかとの比較で見ればミシュリフ相手にトップスピード面が求められて戦えたというのは個人的には大きな武器になると言えるかもしれないね。そもそも今回のメンバー構成でそこまでトップスピード戦で目立つパフォーマンスを見せている馬はいないと思う。クロノジェネシスにとってもベストの条件ではないが、それでも時計が掛かるタフな馬場で実績を残せていることと適性の幅が広いというのは良い材料だね。

凱旋門賞2021への展望

 まあ今年の宝塚記念は前走なのにあえて触れていないけど、この3走をしっかりとみておきたかったからというのがある。今年に関しては相手も楽だったと思うし、60.0-58.5とスローからの12.3 – 11.5 – 11.5 – 11.5 – 11.7と4Fで後半4F戦。ロングスプリントに近い中で好位内から正攻法で綺麗に勝ち切った。こういう競馬もできるし、今のところ弱点らしい弱点を見せていないのがクロノジェネシスの良さ。その中でも、突き詰めればパワー型基礎スピードを前半から求められた方が良いと。個人的にはそういう競馬なら距離は長くてもいいと思うし、逆に良馬場でロンシャン2400でありがちなスローの競馬になると、クロノジェネシスの持ち味を活かし切れない。その中でも戦える目途は立てているが勝負を考えるなら前半のパワー型基礎スピードを引き出したい。

 相手関係は手ごわいとは思う。ハリケーンレーンなんかもパリ大賞が強かったので手強いとは思うし、スノーフォールも英オークスのパフォーマンスから後半のポテンシャル面を高いレベルで求められると手強い。ただ、こちらもタフな馬場での有酸素運動の競馬は強い。後半のロンスパだとスノーフォールはかなり厄介だとは思うが、それでも日本ではパフォーマンスの差はあれど有酸素運動の競馬では最強だし、トップスピード戦でも噛み合えば勝ち負けできる馬だからね。後はとにかく人事を尽くして天命を待つという気持ちで挑んでもらいたい。ペースをできれば極端なスローにしないように運んでほしいね。

sponsored link

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると話題になっています。
 自分の力だけでなく、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。

 

で、「うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
因みにこのセントウルSの結果は覚えてますよね?

こうなりました↓
結果
1着レシステンシア(指数2位)
2着ピクシーナイト(指数1位)
3着クリノガウディー(指数4位)
4着ジャンダルム(指数5位)
5着カレンモエ(指数3位)

指数5位までの馬が掲示板を独占!
あっさりと3連単53.2倍的中!

特に圧倒的人気のレシステンシアを指数1位のピクシーナイトが僅差まで差し込んできた時には鳥肌立ちました!


遡って高松宮記念の指数もチェックしておきました↓


1着ダノンスマッシュ2着レシステンシア3着インディチャンプなので、ほぼ指数順!
さらには16番人気4着のトゥラヴェスーラを推してるところも末恐ろしいところ↓


少し調べてみましたがこの人↓
北条直人という人がコラボ指数を考案したとのこと

「北条直人の競馬ブログ」より

過去に遡って的中率も調べてみたところ、、↓↓

コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!

この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://miraito.collabo-n.com
3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
ここはオススメできます!

 「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。

 プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。今週も3連単で当てたいですからね!

 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
http://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。
 

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。