競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ニュージーランドトロフィー 2021 予想:本命05ヴィジュネル

time 2021/04/10

ニュージーランドトロフィー2021の予想

中山11R 芝外1600m
馬場想定:良、標準馬場想定
風向想定:東北東2m/s想定

展開予想

 馬場はBコース替りの先週の感じなら多少良くなっているけど劇的では無いかな。今週も標準から多少軽くなってもやや高速ぐらいまでを想定。1分33秒台後半ぐらいかな。風向は東北東2m/s想定で、中山外回りだと3角の緩やかなカーブ地点で追い風となり、HSでは右方向からに近いがやや向かい風という感じ。

 展開予想だが、逃げ馬がそこまではっきりしない。一応内のバスラットレオンがそれなりにペースを作りたいので逃げの手も厭わずペースを作っていくところに、内からはこれといっていないので、外からワーズワースやゲンパチミーティア辺りが積極的に逃げの手を打ってくるかな?というぐらい。これらを行かせてロンギングバースも外からじわっと。大外のシュバルツカイザーも絡みそうだけど枠が悪いし速度的にそこまででもない。ペースは読みにくいけど、そこまで極端にはならないかなと見て、47-47ぐらいを中心に考えておきたい。3角追い風なのでここで少し上がってくる可能性もあるけど、ニュージーランドTの傾向からはあまりコーナーでのペースアップが無いので決めつけないで進めたいところ。

予想

◎05ヴィジュネル
○?(note版のみ)
▲?(note版のみ)
△04ワザモノ
△14スパークル
×02シティレインボー03アヴェラーレ
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ヴィジュネル

 少し悩んだけど直感を信じてヴィジュネルかな。正直追い切りはそこまで目立たなかったからね。ただ内容的に前走のファルコンSで進捗がうかがえたのは好材料。

 中京の1400m戦で33.7-35.0とかなり基礎スピードが求められた一戦。10.9 – 11.4 – 11.1 – 11.5 – 12.4とL4の3角地点で少し緩んでいるが、L3最速で4角地点で南東から5.1m/sと結構な追い風が吹いていた中で仕掛けが早くなっている。こうなるとコーナー地点で無酸素運動になっているのでここでの距離ロスは響いたかなと。中団外目から3~4角で正攻法で勝負して少し苦しくなったが、それでもモントライゼ辺りとの比較で見れば最後まで食らいつけていたからね。上位は3~4角でロスが小さかった馬だし、1400でこの馬場だと基礎スピードの質的に苦労していたがそれでも思ったより流れに乗っていけたなと。これなら平均で流れやすい中山のマイルなら面白いかなと感じた。

 それと、2走前の白梅賞は時計的には地味だが、その中で一足を使ってきたし器用さはもっていると。47.6-47.4と平均だが稍重で少し中弛み気味、11.8 – 12.1 – 11.8 – 11.5 – 12.0のラップ推移で後方で進めながら3~4角で上手くロスなく運んでいたが直線前が大きく横に広がる中でL2の地点でスッと伸びて先頭に立ってきた。この加速は良かった。個人的には前半の二の足がいまいちだったのが引っかかるけど、前走で改善してきたから今のこの馬ならもうちょっと流れに乗れると思う。

 スローだと3走前みたいにトップスピード戦に明確に切れ負けするし、軽い馬場では質的に足りないので先週ぐらいの馬場状態なら。5走前の新馬戦でアールドヴィーヴルのクビ差2着のときも不良で時計が掛かる中で48.8-47.8とややスローで番手で支配して逃げ馬を捕えて抜け出したところを大外ズドンだったから、個人的には前半のパワー型基礎スピードを活かせる条件で狙いたかったという感じ。その点で今の中山マイルは合うと思う。

○?

▲?

△ワザモノ

 シンザン記念がそんなに悪くないなと。中京マイルで46.3-47.0と平均でもややハイ寄り。中京マイルはスタート後にすぐに2角が来るので中山マイルほどではないにせよ外枠が難しい。この中で中団外から流れに乗って11.6 – 11.8 – 11.6 – 11.6 – 12.0のラップ推移で3~4角でも外目から直線で難しくなったもののラストまでジリジリとは来ていた。もう少し枠が良ければというところはあったし、その中で今回は内枠を引いてバスラットレオンの後ろを狙えそうな状況でもあると。これなら少し怖さはあるね。シンザン記念からもある程度流れて良さが出そうな感じだし不気味。

△スパークル

 個人的には先行策を取ってほしい。平均ペースの流れに好位ぐらいで乗れていればというところかな。4走前の未勝利戦がなかなか。中京マイルで46.9-47.4と平均、11.5 – 11.7 – 11.7 – 11.8 – 12.2のラップ推移で淡々とという中で2列目の内から直線で馬場の内目から追われてしぶとく伸びて先頭列に並びかけ、L1で外でふらついていたジェラルディーナを競り落としての1馬身1/4差。このジェラルディーナが勝ち上がって阪神JFでも7着と流れたマイル戦でそこそこやれているんだよね。3着トーカイキングもそこそこやれているので、レベル的には未勝利としては高かったはず。前走も悪くないけど、ロングスプリントの形だとラストはちょっと甘くなっているので、前半から流れに乗って基礎スピード面を活かしてほしい。

×シティレインボー

 内枠を引いたのは良い材料やね。前走のフローラルウォーク賞では不良で47.5-49.7とかなりのハイペースを中団外から進めて甘くなったが馬場かペースか、ちょっと判断が難しいところがあった。こうやまき賞では中京マイルで48.1-46.0とかなりのスローから11.7 – 12.0 – 11.5 – 11.0 – 11.5のラップ推移を後方馬群の中からしぶとく捌いてL2で結構伸びてきたという感じ。L1では少し甘くなってストゥーティと僅差だったがこれがチューリップ賞でも3着。このクラスなら通用していいものは見せているので、後は流れて対応できれば。個人的には内目で脚を温存しての一足に期待している。

×アヴェラーレ

 まあ消そうかどうかというレベルでの馬ではあるが、今回は既存の上位勢がそこまで抜けていないので別路線からも押さえておきたいというのはあるかな。ドゥラモンド辺りとの比較でこの枠で脚を温存できればというところ。トップスピード戦で性能が高いのは言うまでもないと思うが、前走春菜賞が36.0-33.8と超スローからの12.0 – 12.3 – 11.5 – 11.2 – 11.1とL1最速の流れの中で好位の内からしっかりと捌いてL2で先頭列からL1で抜け出す競馬。L1最速11.1は立派だし底を見せなかった。ただ、新馬戦も含めて自身の位置では顕著にスローなので、前半から流れて脚を使わされるリスクはあるので人気では信頼しづらい。また同じような系統のパフォーマンスならサトノブラーヴを上位に取りたいということでこの評価までとした。

sponsored link

【PR・オススメサイト】━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業40年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
過去10年で平均配当11万4370円のGI

    3連単を無料公開
    桜花賞(GI)
   4月11日13時  無料公開!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
3/28 阪神11R  1万1720円的中
3/21 阪神12R  3万8990円的中
3/20 阪神6R  15万7790円的中
3/14 中山7R  1万0240円的中
3/13 中山牝馬S 1万9250円的中
3/7  中山7R  15万6820円的中
3/6  オーシャンS   1万8650円的中
2/28 小倉12R  1万6200円的中
2/27 阪神10R  1万8400円的中
2/21 フェブラリーS  2万4940円的中

 →桜花賞(GI)の無料閲覧方法 ←


何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。