競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

弥生賞ディープインパクト記念 2021 予想:本命07タイムトゥヘヴン

time 2021/03/07

弥生賞ディープインパクト記念2021の予想

中山11R 芝内2000m
馬場想定:良、標準馬場想定
風向想定:東北東3m/s想定

展開予想

 余談から入るがコントラチェックショックが結構大きい。1200短縮がずっと良いと思っていて、でも1200で結果が出ずに違うのか…ともやもやしたまま切ったらこうなるっていう…。なかなか辛いなこれは…。

 土曜は思ったよりも時計が掛っていたなという印象を受けたかな。馬場も結構掘られていた印象でキックバックも大きかったからね…。稍重ではあったし日曜は恐らく良には回復すると思うが、そこまで降ったわけでもない中で思ったよりも時計に影響している。標準馬場ぐらいとみておきたい。

 展開予想だが、逃げるのは恐らくタイトルホルダーになるのかな、というところ。内からダノンザキッドもある程度は主張しつつ最終的に行かせて2列目のポケットで我慢という形になりそう。外からタイムトゥヘヴン辺りも前目を狙ってくると思うのでこの2頭がダノンザキッドに被せるような感じで進みそうかな。それを見ながら外からタイセイドリーマー辺りが好位、内からゴールデンシロップやテンバガーといった所がダノンの後ろを狙うというところだろう。馬場が想定より2段ほど重く感じているので、多少回復して標準~やや高速としても61.5-60.5ぐらいの感じでややスローと置いておきたい。L2でそれなりに速いラップを踏むと思うが、それでも11秒台前半~半ばまでかな。

予想

◎07タイムトゥヘヴン
○?(note版のみ)
★?(note版のみ)
△04タイトルホルダー
△10シュネルマイスター
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎タイムトゥヘヴン

 正直高速馬場だとダノンで良いかなと思っていたんだけど、土曜の馬場を見てこれならもしかするともしかするかも?ということでタイムトゥヘヴンを本命にしたい。いうほどダノン絶対の条件ではなくなったかなと。

 まず評価の最大のポイントは2走前の未勝利勝ちになる。中山の2000m戦で今回と同じ条件。ペースは62.0-61.0とややスローからの12.6 – 11.9 – 11.9 – 12.6 – 12.1 – 12.5とL5最速タイで11.9と向こう正面からの競馬。この流れに番手でしっかりと乗って進めて4角付近で逃げ馬がしんどくなって少し仕掛けを待ちつつだったが、4角出口で仕掛けてから一気に加速ラップを踏んでL2でほとんど差のないところから一気に2馬身半差まで広げてきた。そこからL1で突き放し続けての8馬身差圧勝でポテンシャルの違いを見せた形になる。まあ本来ならもっと流れていたバランスだけど、この馬が後半で1.4も引き上げたと考えればパワー型基礎スピードも実はそこそこ見せてきたと考えていいと思う。また、単純に同日のホープフルSが61.9-60.9と同じように1秒スローで2:01.8という時計だったこと、ラップ的にも互角に近い踏み方が出来ている点。この辺を評価した。

 前走の京成杯に関してはちょっともったいない競馬だったかなと思っていて、ペースも63.7-59.4と極端に遅かったし、12.3 – 11.9 – 11.9 – 11.3 – 12.0と4F戦でも分散し切れない流れの逃げで、L2でグラティアスに切れ負けする形になってしまった。この形ならもう少し前半からペースを作ったほうが良いとは思うし、流石に今回はここまで遅くはならないかなという印象。まあ仮にそうなっても時計が掛かる馬場ならしっかりと加速まで持って行けるしテンバガー辺りとの比較で見ても余裕があったからね。ダノンはともかくタイトルホルダーとの比較でできればペースを引き上げてほしい。この馬場状態で61.5-60.5ぐらいの感じで運べれば面白いね。三浦がレースメイクをするのが凄く下手なのでそこが一番の不安だが、雨の影響が残って時計が掛かっているのはその点でもいいと思う。

○?

★?

△タイトルホルダー

 まあギアチェンジ戦に持ち込めれば…というかすかな勝利の希望もあることはあるんだが、それでもダノンから1列程度の差になることが想定される中ではどうかな。東スポ杯が48.0-47.0とややスローではあるが単騎逃げを行かせて実質は明確にスロー。12.5 – 12.7 – 11.9 – 11.0 – 11.4のラップ推移でL3の地点で結構詰めているので実際はもう少し仕掛けは早かったとは思うが、それでもL2の地点で既にダノンザキッドに前に出られてしまったからね。前目からしっかりと加速して自分の脚を使えるタイプなのでいつも安定して運べるんだけど、ホープフルSみたいにポテンシャル戦にあるとやはりちょっと甘くなるし、ということでダノンザキッドに勝つイメージがなかなか浮かびにくい面はあるかなと。

△シュネルマイスター

 まあ悩んだけど2番人気は流石にちょっと推され過ぎやなという感じ。新馬戦は正直言って凡戦で、37.0-35.0とかなりのスロー、出負けしてスローの段階でじわっと取り付いて行ったが12.3 – 12.4 – 11.9 – 11.1 – 12.0とL2最速でそれなりに切れたもののL1でラップ的にも明確に落としてしまって無酸素運動が求められるトップスピード戦では正直持続できずに平凡だったと思う。ただ、前走のひいらぎ賞は面白く47.4-48.4とややハイから11.8 – 12.5 – 12.4 – 11.7 – 11.8と中弛みのコーナーで我慢しながら直線捌いてスッと抜け出して3馬身差。この辺からも有酸素運動で良さが出たなという印象はある。とはいえ、ここは前半のパワー型基礎スピードが強めに求められたわけで、2000だと当然前半がもう少し遅くなるのでコントロールしつつになる。後半のポテンシャル戦では未知数というしかないので何ともやね。ただ、時計が掛かってくれるのはこの馬にとっては明確にプラスだと思うし、後はそこまで速いラップを要求されない競馬の中でなら、かな。

sponsored link


―――――――――――――――――――――――――

《日曜最終》少頭数の弥生賞よりもこれで大穴狙い!!

■■■■■ 3/7(日)最終12レース ■■■■■

【特別無料】大穴3連単勝負!【買い目公開】

※ 先週日曜も最終レースで7万6080円【的中】
―――――――――――――――――――――――――

今週の儲け所はこれだ!【最終R3連単】無料公開

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪≪独占情報から毎週万馬券ヒットを連発中!≫≫
―――――――――――――――――――――――――

【2/7 東京10R】15万4820円【的中】
【1/11中京 7R】 9万5640円【的中】
【1/17中山10R】 9万4040円【的中】
【2/14小倉 6R】 8万3580円【的中】
【2/28阪神12R】 7万6080円【的中】
【2/14小倉11R】 7万1770円【的中】
【1/17中山 9R】 5万8030円【的中】
【1/16中山 5R】 5万6150円【的中】
【2/28小倉10R】 5万2700円【的中】
【1/17中山10R】 5万0450円【的中】
【1/11中京 9R】 3万6920円【的中】
【2/ 6中京12R】 3万6470円【的中】
【2/14小倉 5R】 3万5390円【的中】
【1/5 中京12R】 3万5230円【的中】
【2/7 東京 8R】 3万1330円【的中】
【2/13東京12R】 3万0100円【的中】

(※他にも的中多数!300倍以下は割愛)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週は弥生賞よりも最終レースで大穴狙い!

■■■■■ 3/7(日)最終12レース ■■■■■

【特別無料】大穴3連単勝負!【買い目公開】


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。