競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

フェブラリーステークス 2021 予想:本命13ソリストサンダー

time 2021/02/21

フェブラリーステークス2021の予想

東京11R ダ1600m
馬場想定:良、標準馬場想定
風向想定:南南西3m/s想定

展開予想

 まずは天気だが、もうこれはまず良馬場でしかもパサパサのダートになるだろうと見ている。風向が南南西3m/s想定になるので、スタンドに打ち付ける形になる。府中で南風は逃げ馬に難しい条件ではあるので少し意識しておきたい。

 展開予想だが、ひとまず久々にyoutubeにアップロードしたのでそちらをよろしくお願いします。そのうえで、枠の並び的にもキックバックを嫌がるエアアルマスが最内枠に入って、出来れば主導権を取りたいインティも2番枠。そして引き上げて強かったカフェファラオが3番枠となったときになんじゃこの枠の並びは…って思ってしまったね。正直インティもエアアルマスも厄介な状況になりそうだし、内が引き上げてという中である程度様子を見ながら進めてきそうなのがアルクトスやサクセスエナジーだろう。ただサクセスエナジーも包まれたくないのでアルクトスが一気に行ってくれればいいけどそうでないならワイドファラオもいるのである程度ペースを上げてくれないと包まれるリスクもある。サクセスも逃げまでは無いかなと思っているが序盤は出してって2列目争いに入るんじゃないかな。ヘリオスは内のスペースが広がりそうなので3頭の外から行くよりは2~3列目の内を狙いそう、外からオーヴェルニュあたりは芝スタートでそんなに行けないだろうからどの位置に収めていくか。ペースは恐らく上がってくると思うが、一応想定としては46.5-48.5ぐらいを想定の中心に置いて、0.5ぐらい前後させるイメージかな。大体1:35.0ぐらいで想定しておきたい。2月で時計が若干掛かるので34秒台までは難しいかなと思っている。

予想

◎13ソリストサンダー
○?(note版のみ)
▲?(note版のみ)
△03カフェファラオ
△07ワンダーリーデル
×02インティ10エアスピネル
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ソリストサンダー

 色々な可能性も考えたうえでソリストサンダーが一番対応しやすいだろうというのと、個人的には秋の軽めのダートよりは2月の乾燥した良馬場の方が良さが出そうだなという点も含めて本命にした。

 まず前提としてやはり武蔵野Sの2着の内容が個人的に好き。面白いなと思ってここで強く狙った馬なんだが、想像以上に良かった部分が直線前半だったかな。ペースが46.1-48.9と超ハイから11.9 – 12.5 – 12.0 – 12.1 – 12.3のラップ推移でL4で緩んだ。中団で進めていたんだが3~4角中間で包まれた状態。ここからサンライズが動いた段階で仕掛けてしっかりと対応して直線。序盤でそこからスッと伸びてL2の段階で一気に2列目まで上がってきたし、L1でエアスピネルを退けてというところで外からサンライズにまとめて差し切られた。ただ直線の段階でサンライズが押し上げてきて1馬身ないところからの競馬になったし、L4からL3で仕掛けたところでスッと動いて加速ができたという点は評価していいと思う。この流れだったのはあるが序盤はそこまでポジションを取ろうとしていなかったし、外に出して中団でという競馬だったが、個人的にはもう一列前を取って中団ぐらいで進めても面白いかなと。その点では外枠は良いと思う。

 それと、やはり本質的に基礎スピードが求められた方が良いタイプだとは思う。前走の門司Sが強い勝ち方だったが、あれが小倉1700でも47.0-51.3と極端なハイペースだし47.0は相当速いのだが、これを外枠から追いかけながら正攻法でクリノフウジンを捕えて捻じ伏せてきたのは面白かったかな。

 消耗する競馬は合ううえに、流れた中で後半のギアを上げることが出来た武蔵野Sの良さも見せている。東京マイルでも秋はある程度時計が出易いケースが多いが、冬の良馬場はパサパサなので若干時計が掛かる。この馬に関して言えば前半は消耗気味の流れでも対応できるのでGIの流れはフィットしそうだし、それで中団外で進めてくれれば自分の競馬を貫きやすいと思う。そのうえで、今回は強敵も多いがサンライズノヴァなんかはスムーズでなければ怪しいところもあるのでその辺が出し切れない中で総合的に隙の無いソリストサンダーがL1で前に出ていて有力馬が届かないのパターンはあるかな。サンライズやワンダーよりは明確に前を取ってほしいね。好位~中団外目で運んでほしい。

○?

▲?

△カフェファラオ

 カフェファラオはある程度本命対抗まで含めて考えたんだけど、連下にしておく。もちろんユニコーンSはかなり評価している。東京マイルで稍重ではあったが46.1-48.8と超ハイの流れ。これを11.9 – 12.3 – 12.1 – 12.2 – 12.2とラストまで12秒台前半を維持する形で番手から抜け出し突き放して来ている。もちろん評価すべきは前半の基礎スピード面でこれが違ったというのは間違いない。時計的にも優秀で同日の青梅特別が降級が無くなったので以前との比較は難しいのだが、それでも2勝クラスで1:36.0だから1.1も上回っているのはインパクトとしてはかなり大きい。正直ベストバウトはこれだと思う。ここ2走は結果の差はあるがさほど高いパフォーマンスとは言えないし、条件がベストな東京なら当然評価は挙げないといけない。後は今の冬場のパサパサダートで噛み合うかどうかやね。ユニコーンSは一応少し渋って脚抜きの良い状態だった。みんなこれを評価しての1番人気なので旨みという点も薄いし、評価はするが連下まで。

△ワンダーリーデル

 こちらも能力的には十分戦えるがサンライズノヴァ同様展開に左右されるのでこの枠がどう出るかやね。それと、サンライズノヴァの武器はL1までばてずに差し込んでくるところだがワンダーリーデルはどちらかと言うと直線半ばで良さが出易い。前走の根岸Sでもそうだが34.4-36.0とかなりのハイから11.4 – 11.9 – 12.1 – 12.0 – 11.9のラップ推移、最後方内目で進めながら4角出口で外なんだがこの時点でハイペースの割に団子気味だったし、L2の地点でするすると伸びてきて勝つのかな?という手ごたえだった。最終的に捌いてきたレッドルゼルに11.9のラップで来られたのはあるにせよ、ちょっと甘かったからね。武蔵野Sを勝った時もL2最速で相当鋭く伸びてきていた。個人的にはワンダーリーデルはある程度要所で鋭さを求められた方が良いタイプだと思っているので、2月のフェブラリーSの条件だと若干難しいところもあるかな。昨年もかなりうまく立ち回ったがそれでも最後にサンライズノヴァに差されてしまっているという点で考えても…やね。なので評価としては連下までにしておきたいかな。

×インティ

 まあ正直言って消しても良かったんだけど、今回はある意味かなり枠の並びがおかしな状況になってしまったので、案外ペースが落ち着く可能性もなくは無いかな。例えばエアアルマスが行くと思っていたが出足が遅くてスッとインティが入って蓋、ルメールが突くけど豊が控えて我慢してというような感じで逃げ先行勢が読めずにコントロールするようなパターン。インティはとにかくギアチェンジが武器なので多少のハイはこなせるが3~4角で息を入れる必要がある。府中マイルは本来適性的には合いやすいが、昨年みたいにゴリゴリになっちゃうとダメだし、前走の東海Sは高速ダートで前の意識が強くなりすぎたのが響いた。キックバックを受けてどうかだが、インティが控えたことで流れが落ち着いたときの押さえは欲しいかな。落ち着いた流れで直線での加速が求められれば今回のメンツだと一枚抜けていると思うので、そういうケースの保険として押さえておく。

×エアスピネル

 エアスピネルは意外とやれているなという感じ。ただダートでもどうしてもワンパンチ足りないし、武蔵野Sの感じでソリストサンダーにあっさり並ばれL1で抵抗できずにという感じだと流石にL1の甘さは気になる。ダートだとマイルは少し長いかもしれんが、ペースが上がって良さが出る可能性はある一頭かな。プロキオンSも34.3-35.6と阪神1400にしては落ち着いていたが、それでも34.3と絶対的には結構基礎スピードの質が求められたわけだし、ここでコントロールしながら下げて好位ぐらいなので本来もっと流れに乗れる馬のはず。ここでも息が入って11.3 – 11.9 – 11.7 – 11.6 – 12.3と再加速の流れ、L2でもジリジリ、L1でもばてずにヤマニンアンプリメは捕えたけどサンライズにはあっさりなのでもうちょっと前半で勝負する形になったほうが面白いかなと思う。前半からゴリゴリになって流れ切ればちょっと怖いところはあるかな。

sponsored link


―――――――――――――――――――――――――

《無料配信》フェブラリーSはこの3頭に絞った!

―――――――――――――――――――――――――
≪9万2610円など暮れのダートGIでも会心的中≫


ダービージョッキー《大西直宏》が騎手視点で見抜く!

【フェブラリーS(G1)の絞りに絞った3頭】


≪状態は?前走は?表に出ない話も多数聞いてます!≫
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【カフェファラオ】東京ダートなら巻き返し必至!?

【レッドルゼル】抜群の安定感で距離延長も克服?

【オーヴェルニュ】鞍上を巡って熾烈な駆け引き!

★他にも配当を跳ね上げる超穴馬も掴んでいる!★


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【無料配信】フェブラリーSの絞りに絞った3頭



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【先 週】引退ヤリ話から8万・7万馬券ヒット!

【先々週】G1と同じ舞台で特大15万馬券炸裂!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪ヒット連発中!2月だけですでに万馬券17本≫
―――――――――――――――――――――――

【2/7 東京10R】15万4820円【的中】
【2/14小倉 6R】 8万3580円【的中】
【2/14小倉11R】 7万1770円【的中】
【2/6 中京12R】 3万6470円【的中】
【2/14小倉 5R】 3万5390円【的中】
【2/7 東京 8R】 3万1330円【的中】
【2/13東京12R】 3万0100円【的中】
【2/7 東京 2R】 2万7720円【的中】
【2/13東京 2R】 2万7370円【的中】
【2/13阪神10R】 2万4460円【的中】
【2/13阪神 3R】 1万8770円【的中】
【2/13東京 7R】 1万5720円【的中】
(※他にも的中多数!150倍以下は割愛)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪フェブラリーSも任せて下さい!≫

ダービージョッキー《大西直宏》が騎手視点で見抜く!

【無料配信】フェブラリーSの絞りに絞った3頭



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。