競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

東京11R 早春ステークス 予想:本命08パルティアーモ

time 2021/02/06

早春ステークス(3C)予想

東京11R 芝2400m
馬場想定:良、高速馬場想定
風向想定:南東1m/s想定

展開予想

 馬場は先週通りなら高速馬場かなと(日曜はレースによっては?というところもあったが)。風向は南東から1m/s想定なのでほぼ誤差の範囲。

 展開予想だがこれといって逃げたい馬がいないので、この距離ならシンボが主張してくる可能性が高いかな。内の先行勢が読めないところはあるが、カーロバンビーナが好位からと言っているのである程度前目を取ってくる意識。バイマイサイド辺りも恐らく先行してくるだろう。外からベイビーステップも早めに前を狙ってくる可能性はある。なんにせよ展開が読みにくいし、作るのが石川裕紀人とかだとドスローもあり得る。下手くそなレースメイクを読むのは難しいのである程度幅を持たせたい。スローはスローだと思うが、ロングスプリントの可能性、直線ヨーイドンのトップスピード戦の可能性。向こう正面で激流になる可能性。この辺まで踏まえて。

PR’分析note’21 東京新聞杯週から中山記念週まで

予想

◎08パルティアーモ
○?(note版のみ)
▲?(note版のみ)
△04サトノラディウス
△12プラチナヴォイス
×14シンボ16ベイビーステップ
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎バルティアーモ

 ここはシンプルに高いパフォーマンスを見せているこの馬でルメールならというところかな。割とどういう競馬でもできる馬だし馬場も不問。

 弥彦特別では61.9-58.8と超スローからの12.4 – 11.7 – 11.4 – 11.3 – 12.0と4F勝負で割とロングスプリントの競馬になっていたが、これを外枠から後方追走、外から正攻法でしっかりと伸びてL2の地点でもう先頭に立ってきたからね。そこからラストまで伸び続けて2馬身半差と末脚の絶対量の違いをロングスプリント戦で見せてきたのは好感。今の馬場だとまずこの能力を持っていないと戦えないだろう。

 そのうえで、4走前の箱根特別がサトノラディウスに敗れはしたが強い競馬。東京2400mで良馬場でも標準ぐらい。その中で63.2-58.7と極端なドスローだが11.4 – 11.6 – 12.0 – 11.5 – 11.8 – 11.8とL6最速という向こう正面からの競馬となっている。それを好位から仕掛けて3角で番手外から最後までしぶとく踏ん張っての2着だった。内を上手く立ち回ったサトノラディウスが噛み合った展開だったと思うし、この競馬だと後半は有酸素運動のポテンシャル戦だったと思う。この形でもやれているならだし、前走の新潟牝馬Sは結局向こう正面で内から押し上げてという馬が結果を残す中で後方外外の競馬になって3~4角のロスが極端だったのも響いたからね。

○?

▲?

△サトノラディウス

 後は箱根特別でパルティアーモに先着しているサトノラディウスを押さえておく箱根特別は63.2-58.7と極端なドスローから11.4 – 11.6 – 12.0 – 11.5 – 11.8 – 11.8と3角手前からの競馬でワンテンポ遅れた仕掛けになったのが幸いして中団内で温存しつつ直線馬群を捌いて上手く内からパルティアーモを捕えてきた。まあこれはちょっと嵌った感はあるが、緑風Sでもある程度ロングスプリント戦に対応できているので押さえておきたい。

△プラチナヴォイス

 2走前の常総Sは全くよくなかったが、前走の虹の松原Sでは流れた中で追走してそこまで離されなかったので幾らか叩いて良化。そのうえで、ベストは3走前だと思う。名古屋日刊スポーツ杯で62.4-59.0と超スローから12.0 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 12.3と後半分散してのL3最速戦。2段階加速でL2の坂で2列目からぐんと反応してきた。坂の登りでというのが良いし、スローのほうがいい馬だからね。もともと要所の反応が良い馬だったので前半スローの流れで脚を温存しながら運べれば。

×シンボ

 後は前残りを。シンボに関しては前走は距離が短いだろうという中で思ったより楽に先行して見せ場があったのは好感。横津岳特別が63.3-58.8と極端なスローから13.1 – 11.6 – 11.5 – 11.8 – 11.7 – 12.2と後半5Fの勝負に持ちこんで逃げ切った。この形で進めるのがいいと思うし、上手く単騎気味で運べればね。ただ鞍上が石川でレースメイクに関しては全く当てにできない。その点ではここまで。

×ベイビーステップ

 一応押さえておいてもいい馬かな。個人的にベイビーステップって軽い馬場の方が良いタイプだと思っているというのはある。そのうえでこのメンバー構成で外枠なら上手くどこかでポジションを取っていけるだろうと。緑風S3着が高速馬場。61.7-58.1と超スローから11.8 – 11.5 – 11.1 – 11.4 – 12.3と後半L3最速。ここで逃げてL2までは寄せ付けず、L1に入るところまでは何とか先頭を保っていたぐらいだからね。ここでサトノラディウスに先着しているわけだし適性面では怖さは大いにあるからね。押さえておきたい。

sponsored link

◎きさらぎ賞2021無料情報

先週の無料情報は14,240円獲得!
先々週は東雲賞で10,000円獲得!
無料情報1月最高値は中山金杯で
73,200円獲得/回収率1525%
→(中山金杯買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━
【G1無料情報2020年実績】
◎的中率:約62%(21レース中13レース)
◎獲得額:277,890円◎収支額:169,490円
クラシック三冠制覇
◎皐月賞 →36,600円/回収率654%
◎東京優駿→14,880円/回収率276%
◎菊花賞 →22,860円/回収率423%
→(三冠的中買い目画像
天皇賞春秋的中
◎天皇賞春→67,500円/回収率1350%
◎天皇賞秋→5,760円/回収率107%
→(天皇賞春秋買い目画像
その他海外G1含め的中街道
◎桜花賞   →50,360円/回収率899%
◎Vマイル  →11,840円/回収率227%
◎安田記念  →6,720円/回収率140%
◎マイルCS →9,660円/回収率179%
◎香港カップ →12,530円/回収率256%
◎ホープフルS→7,600円/回収率158%
◎有馬記念  →29,480円/回収率526%
→(2020年12月買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━
きさらぎ賞~京都記念or共同通信杯~
今年初G1【フェブラリーステークス】
少し気は早いですが昨年G1強かった無料情報は今のうちに抑えておきましょう!
→きさらぎ賞の無料情報
↑無料メルマガ登録コチラ
ここが入れた人気薄馬はよくくるので見逃さないでください!!!

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。