競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

秋華賞 2020 予想:本命13デアリングタクト

time 2020/10/18

秋華賞2020の予想

京都11R 芝内2000m
馬場想定:稍、ややタフな馬場想定
風向想定:1m/s想定

展開予想

 土曜は展開予想動画をアップロードした時の想定を超える雨の降りと馬場の悪化、というのがまず前提として。稍重ぐらいで土曜が標準なら日曜は好天予報なので高速寄りになるかも?と思っていたんだけど、どうもその可能性は限りなく低くなったかなと思う。土曜最終レースでも2勝クラスで流れて1:23.5なので普通に先週の土曜より時計が掛っていると思う。仮に回復したとしてもややタフ~標準まではいかないかなと思う。風向は1m/s、北向きでHSで向かい風だけど誤差の範囲。

 展開予想だが、この馬場なので結構難しいところではある。大外からウインマリリンとアブレイズがどう出るか。アブレイズを行かせてウインマリリンが番手かなとも思っているんだけど、いずれにせよ外から内に切っていく形でこの2頭が。内枠の先行勢はここまで馬場が悪化してとなると馬場の良いところをというような意識も働きそうだし、どちらかというと縦より横のポジションを優先しそう。その中で外2頭を見ながらサンクテュエールや先行策を示唆のフィオリキアリがじわっと外と内を見つつかぶせていく感じになりそう。そしてデアリングもそこまで無理なく中団ぐらいを確保してきそうかな。ペースは恐らくこの状況だと稍重まで回復してもコントロールの意識が働くかなと思うし、ペースもそこまでは上がらないだろうと思う。が馬場も重いし後半もなかなか時計を上げてこれないだろう。一応イメージ的には60.0-59.7~8ぐらいで2分を切ってくるかなというレベルで考えている。ある程度有酸素運動面を重視したい。

予想

◎13デアリングタクト
○?(note版のみ)
△17ウインマリリン
★?(note版のみ)
×05ウインマイティー07ムジカ10クラヴァシュドール
3連複:◎軸○△★BOX
3連複:◎○軸△×★流し
3連単F:◎→○△→○△★×

◎デアリングタクト

 土曜の雨を見て、天は我に味方せず…って心境だったかな。出来ればそこまで雨が降らずに後半速いラップをという競馬ならデアリングに逆らってやろうかとも思ったんだけど…という感じ。1.1~1.2倍の馬で勝負できる財力は無いからね…ただ予想としてはこの馬場なら本命やむなしかな。

 個人的に有酸素運動自体は問題ない馬だと思っていて、根拠は桜花賞。これが重馬場でも極悪レベルの馬場で46.5-49.6と超ハイの流れ。それだけでもしんどいが、11.6 – 11.5 – 11.7 – 12.6 – 13.8と3~4角まで終始11秒台半ばと速いラップを維持し続ける形で直線消耗。つまり直線で前が減速するまでは取り付くタイミングが全くなかった。ここで後方外々で脚を使って追走して、普通なら前の失速と同様に後ろも脚が上がってしまうパターンなんだが、あそこから一頭だけ伸び続けての勝利というのは結構驚き。こういうパターンできれいに後ろから差し切るって簡単ではないんだけどね。パワー型の基礎スピードをかなり求められても脚を引き出すことが出来た。これがまず大きい。

 エルフィンSのインパクトも素晴らしい。時計自体は実はそこまででもないが、ペースが46.3-47.3とハイペースから11.6 – 12.2 – 12.0 – 11.7 – 11.4のラップ推移で後方外から直線L2の地点でまとめて交わしてきている。レースラップで言えばL1最速なんだけど、自身のラップだと推定ではL2のほうが速い。そういう流れで一気に加速できるギアチェンジが最大の武器だと思っている。

 実際にオークスでも59.8-58.9とややスローから12.6 – 12.1 – 11.2 – 11.2 – 11.8と3F勝負。後方馬群の中で包まれて苦労して直線でも外を目指しつつ空いた中目のスペースを拾う競馬。ここでマジックキャッスルとの奪い合いになったが反応の差で先んじた。ここからの突き抜けは鮮やかだったけど、個人的には加速過程の良さを最強クラスと判断している。なので3~4角で分散して外外から速いラップを追いかける形となってそこで脚を使ってどうか?というのはオークスからは感じていた。L3最速である程度出し切りやすい形だったことを踏まえてもL1でもうちょい突き抜けてほしかったというのはあるからね。

 ただ、今回はそういう準無酸素運動を長く維持するような競馬にはならないだろうと。普通には流れると思うし、多少前後はしてスローやハイに振れたとしても今回のメンバー構成なら…というところかな。

○?

△ウインマリリン

 本当はウインマリリン本命も考えたんだよね。この馬場で自分で主体的にレースを作っていけるし、ここまで悪化すると回復傾向になったといっても先行馬は外から様子を見ながら進められるほうが良いとは思う。

 ただ、やはりベストバウトはオークスだろう。東京2400で59.8-58.9とややスロー、12.6 – 12.1 – 11.2 – 11.2 – 11.8と3F勝負の中で積極策から2列目内を通しつつ少し待たされて直線で最内からになったがしぶとく、L1まで伸び続けてウインマイティーを交わしているし、末脚の絶対量という点では良いものを見せてきた。ただこれはロングスプリント的ではあるんだよね。マイティーよりは長く脚を使ってくるイメージだけど、フローラSが結構苦戦したかな。

 東京2000で58.6-60.1とハイペースから11.9 – 12.5 – 11.8 – 11.8 – 12.1と後半のポテンシャル勝負で内から抜け出して早い段階で向かい風を受けながら抜け出してきた。それでもここの上位と比べると2400でゆったり運んで後半のロングスプリントをあの位置から引き出せた点を評価すべきかなと。デアリングタクトに一番近づいた馬だけど、個人的にはタフな馬場の2000でとなるとデアリングはあれでも鋭さを引き出せる強さがあるからね。

★?

×ウインマイティー

 後は軽く触れていきたい。ウインマイティーはオークスは要所のギアチェンジで一瞬良いところを見せてL1が甘くなった。ロングスプリントに近い競馬ではマリリンのほうが長く脚を使える一方で要所の反応が良い。なのでこういうタイプは内枠のほうが良いが、前走の紫苑Sみたいに出負けしちゃうと難しい。本来ゲートがそんなにうまい方ではないのでそこはカギやね。紫苑Sはポテンシャルで結構良いものを見せてきたとは思うんだけど、好位ぐらいでは進めてほしいね。マリリンのほうを上位に取りたい。

×ムジカ

 秋山なので恐らく今回も馬の気持ちに任せてリズムよく入ると思う。タフな馬場での有酸素運動戦そのものはある程度可能性を見せていて、3走前のダンツイノーバ戦なんかは46.7-48.9とかなりのハイから12.2 – 12.4 – 12.1 – 12.0 – 12.4という流れで中団内から直線鋭く伸びてきてL2の地点で2列目まで来ていた。こういう競馬ができるので、流れた競馬そのものは良いと思う。またローズSが60.9-59.0とスローからの12.4 – 12.1 – 11.6 – 11.3 – 11.6とL2最速の形で中団からL1までしぶとく伸びてきていたし、この部分は評価。ゆったり入って良さが出ていると思うので2000は良いと思う。まあその辺も含めて×で拾いたい。

×クラヴァシュドール

 後は悩んだんだけど、消すつもりだったクラヴァシュドールを拾う。これが展望通りそんなに馬場が重くならなければ消す予定だった。ただ、土曜が思ったよりタフな馬場になった今となっては桜花賞が引っかかるんだよね。46.5-49.6と超ハイで流れていて11.6 – 11.5 – 11.7 – 12.6 – 13.8と淀みない流れの中で3~4角で置かれて苦しいなというところから直線で想像以上に伸びてきての4着で、デアリングと上がりで比較しても0.5しか変わっていないってのは驚き。オークスは明確に距離を感じたし、何なら前走のローズSも叩き台というのはあったにせよL2での伸びが物足りなくて2000も若干長いんじゃないか?というのはある。ただ、逆に言えばタフな馬場での有酸素運動で前半部分をもう少し問われたほうが良いんじゃないか?というのはあるし、少しハイペースに振れたときに無理なく好位~中団が噛み合えばかな。

sponsored link

無料情報↓↓
重賞ダブル3連単
◎毎日王冠
◎京都大賞典
またココはやってくれましたね!

そして圧巻は土曜日
━━━━━━━━━
無料公開予想↓
10/10
長岡京ステークス
3連単121590円
夕刊フジ杯オパールS
3連単118150円
魚沼特別
3連単168530円
朝日岳特別
3連単192000円
━━━━━━━━━
土曜1日で60万↑獲得
凱旋門賞3連単10.1万でも驚いてたのに。。

9/27内房ステークス
3連単436640円
もう出尽くしたと思ってたところ。。
1日60万獲得!

→ https://www.kb-tairiku.net/climax/profit/?cd=5vfw30135

週末後半12レース無料公開
それでこの獲得額
無料情報なので確実抑えておくべき情報です。
ログイン後利益直結馬をクリックで毎週見れます!

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。