競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

府中牝馬ステークス 2020 予想:本命01シゲルピンクダイヤ

time 2020/10/17

府中牝馬ステークス2020の予想

東京11R 芝1800m
馬場想定:稍~重、ややタフな馬場想定
風向想定:北北西3m/s想定

展開予想

 土曜は東京も雨が降る模様で、これがどの程度か?というのが読みにくい。ひとまず稍重ぐらいを想定して、先週日曜の毎日王冠よりは少し時計が掛るかな?という意識でややタフ~標準ぐらいのイメージで入りたい。風向は北北西3m/s想定。HSで右方向でやや前目から受けるような感じになる。若干向かい風かなと思うがほぼ誤差の範囲だろう。

 展開予想だがトロワゼトワルが行くしかないので行くだろうが、ここまで雨が明確に降るとなると流石に1800だとコントロールして入るしかない。これを行かせつつサラキアが出たなりで様子を見つつ問いう感じで前半は少し流れが落ち着く形になるのかなと思う。トロワゼトワルが後半でどの程度強気の仕掛けをしてくるかだけど、流石に道悪の1800で4角から一気にという競馬ができるかどうか?という点ではちょっと難しいし、むしろノリだと馬なりである程度前半引き上げてという形を取るかなと思う。平均まで上がる可能性も考えつつで一応ベースは47-47ぐらい、1:46.8前後としておく。

予想

◎01シゲルピンクダイヤ
○?(note版のみ)
▲?(note版のみ)
△02ダノンファンタジー
△05ラヴズオンリーユー
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎シゲルピンクダイヤ

 結構悩んだ。まず雨の程度が読みにくかったんだけど、この時点では結構降るかな?というところでトロワゼトワルにとっては難しくなりそうというので少し前提が変わった。馬場の影響が小さければトロワでと思ったんだけど流石に馬場悪化で先週日曜以上に重くなるようだと難しい。

 ここからはシンプルに1800がプラスに働きそうな中で人気の無い馬を狙いたいというところからの視点でシゲルピンクダイヤにした。ヴィクトリアマイルが悪くなくて、これが45.6-45.0と平均で進めて11.4 – 11.1 – 11.2 – 11.1 – 11.6のロングスプリントで切れずばてずジリジリという感じ。ダノンファンタジーに前に行かれてそれに対して多少は詰めたけど、という内容だったと。

 個人的にマイルは少し忙しいと思っていて、ヴィクトリアマイルはまだ超高速馬場でバランス的にスローに入れたからよかった。ただそれだとポジション差が影響するし、前走の京成杯AHなんかでも46.7-47.2と平均の中で好位で流れに乗ってしまって脚を使って後半に余力を残せなかった。阪神牝馬Sもそうだが、マイルで忙しい中で前半に脚を使って良いタイプでは無いと思う。

 もともと桜花賞が強かったんだが、これが47.7-45.0と超スローからの12.3 – 11.7 – 10.8 – 11.0 – 11.5とL3最速の流れで後方外から直線入りで中目から内に切り込んでというところでしっかりと伸びてL1まで伸び続けてダノンファンタジーを捕えていると。あの位置のダノンを捕えているように後半勝負に特化した中で鋭さを増して末脚の絶対量を高めていると。後半の素材はダノンより本来上のはず。ローズSも含めてペースに関わらず前半であまり急かして良いタイプでは無いんだろうと。秋華賞でタフな馬場でも3着に突っ込んでいるように馬場や距離そのものは問題ないし、むしろマイルよりは1800のほうが良い。前半のリズムが重要でワンターンの1800なら前半急かさず運べるだろうし、トロワ以外は割と固まって進めそう。その中で後方内内で脚を温存、トロワを捕えに各馬が動くところでエンジンをかけながら後半特化のバランスに持っていければ違うと思うんだけどね。和田は序盤でバタバタしていたから鞍上が替わるのは良いと思う。正直このメンバー構成である程度時計が掛る中で鋭さ、基礎スピード面、色々な振れ幅が求められると思うし、それなら1800がフィットしそうな馬をというシンプルな狙い。

○?

▲?

△ダノンファンタジー

 後はダノンとラヴズという形。ダノンファンタジーは高速馬場の方が良いとは思うんだよね。秋華賞が58.3-61.6と超ハイで前の馬には厳しい流れだったとはいえ甘くなっているし逃げたビーチサンバには完敗だった。標準馬場だった阪神牝馬Sが物足りなかったのもある。逆にオークスは59.1-59.2と平均でも超高速馬場の中で好位外目から正攻法でもクロノとはそんなに差のない5着と悪くなかったからね。ローズSが異次元の超超高速馬場で鋭さを発揮していたし、馬場の影響を受けるタイプなんじゃないかなと。距離は1800でも良いとは思うが、他が相対的に上がってきそうなので評価を下げる形かな。

△ラヴズオンリーユー

 こちらは逆に1800でもちょっと短いと思うんだよね。だから雨が明確に降るのはプラス材料になるとは思う。ただ前走の鳴尾記念でも60.0-60.1と力の要る馬場での平均ペースで中団外からジリジリだった。12.2 – 11.6 – 11.7 – 12.1 – 12.5とL4最速3角地点辺りでペースが上がったので4角辺りで少し反応が悪かったのは仕方ないけど、L1にかけて減速ラップで突き抜けきれなかったからね。それにこの馬もオークスがベストバウトでしかも内容的に抜けて良い。超高速馬場で全体で流れて後半に速いラップをそこまで求められない中で良さが出ている。エリ女は逆に鋭さを引き出せる馬ならドスローで離れた番手と理想的な位置だったのに伸びきれなかったわけでね。鳴尾記念のパフォーマンスの低下も含めて馬場は影響していると思う。その点を踏まえて連下までとしておきたい。

sponsored link

━━━━━━━━━━━━━━━━━

   <第25回 秋華賞(G1)>

   デアリングタクトを脅かす
    隠れ穴馬の正体は?

  →

3点勝負買い目を無料公開


━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、人気馬の成績では、1人気[4.1.1.4]、2人気[1.3.1.5]、3人気[4.0.1.4]と上位人気馬が9勝2着4回。平均配当では、馬連7240円、3連複1万2330円、3連単5万4780円となっており、伏兵馬(2桁人気)も馬券圏の好走は2頭のみと直近10年の大波乱ははい。

ステップレース別の成績ではローズS組[4.6.7.58]、紫苑S組[3.1.0.42]、オークス組[2.0.0.9]、クイーンS組[1.0.1.5]、。2勝クラス[0.2.0.17]。主力は前哨戦のローズSと紫苑S。

オークスからの直行組では昨年のクロノジェネシス(阪神JF2着・桜花賞3着・オークス3着)とアーモンドアイ(桜花賞1着・オークス1着)の2頭のみ。どちらもクラシック線で上位の成績を残していた。ここ2年はオークス直行組が2連勝しているが紫苑S組から17年16年14年に優勝馬が3頭出ている。

桜花賞・オークスの2冠を達成し4戦無傷のデアリングタクトが3冠獲りに挑む。牝馬としては史上初となる無敗の3冠馬を狙う。前哨戦を使うプランもあったようだがオーナーサイドとの協議により直行が決定。次走へのお釣りのある仕上げではなく秋華賞をピークに仕上げて行くとのことで、あくまでも秋華賞が最大目標であることだ。歴史に名を刻む大一番は注目だ。

他にはオークス2着馬のウインマリリンやサンクテュエール、ミヤマザクラが前哨戦を使わず秋華賞へ直行。ローズSを快勝したリアアメリア、3戦前走の上がり馬レイパパレ、前哨戦の紫苑Sで重賞2勝目のマルターズディオサ、オークス3着馬ウインマイティーなどがスタンバイ!

昨年の秋華賞も馬連2180円・3連複1万5170円・3連単7万0970円パーフェクト的中!今年も波乱の立役者となる隠れ穴馬の存在が!?無傷の3冠を狙うデアリングタクトが恐れる人気薄隠れ穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『秋華賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

   <第25回 秋華賞(G1)>

   デアリングタクトを脅かす
    隠れ穴馬の正体は?

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。