競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中京記念 2020 予想:本命16リバティハイツ

time 2020/07/19

中京記念2020の予想

阪神11R 芝外1600m
馬場想定:良、タフな馬場想定
風向想定:南2m/s想定

展開予想

 土曜の馬場を見る限り内も外も悪くなってという感じだと思う。なので基本的にはあまり内外気にしないで予想したい。かなり時計も掛かっている。風向は南風2m/s程度なのでほぼ影響はないだろう。

 展開予想だがトロワゼトワルが恐らくハナを主張するというのは確定的として見ている。ただ、かなり馬場が重い中で三浦がどこまでバランスよく乗れるかがカギ。それを見ながら内からベステンダンクが少し離れた2列目内で、外からはディメンシオンやプリンスリターン辺りも絡んでくるし、ゲート次第だがストーミーシー辺りも前目を狙う可能性もある。土曜は外回りがなかったので何とも言えないところはあるが、今はかなり時計が掛かる状況なので…46.0-48.0で1:34.0ぐらいでとりあえず想定。ハイペースでパワー型基礎スピードが求められそうなのが一つと、やはりここまでタフな馬場だとマイルよりも少し長めの距離適性を持っている馬でちょうどいいと思う。普通ならマイルはちょっと質的に忙しいんだけど…というタイプが狙い目としては浮上してきそうな感じはあるね。

予想

◎16リバティハイツ
○?(note版のみ)
▲?(note版のみ)
△01ベステンダンク
△15ギルデッドミラー
×07ケイアイノーテック08ディメンシオン
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎リバティハイツ

 本命に抜擢。まずこの馬のイメージとして基本的に基礎スピードが求められたほうが良いし、何ならこの馬自身がハイペースバランスぐらいで実はちょうどいいだろうと思っている。根拠としては2年前の方のターコイズS2着。これが標準に時計が掛かる状況で45.5-47.2とかなりのハイ、11.3 – 11.5 – 11.8 – 11.7 – 12.2と単調な基礎スピード戦で実は先行している。2列目の後ろでフロンテアクイーンを見ながら直線でしぶとく伸びてL1の坂でもしぶとく踏ん張り2着。ミスパンテールはあの当時では結構強敵だったと思っているし、そもそも今のマイル路線は牝馬のほうが強いと思っている(グラン、アーモンド、ノームコアや昨年プリモシーン辺りを見てもね)。ここではこの馬は先行して流れに乗っているし自身の走破バランス的にもハイで入っていると思うのでこれで強い競馬ができていたのがまず一つ強く狙いたい要素。

 それと、タフな馬場自体もそんなに苦にしてなくて、むしろ個人的には1400がこのレベルまで来ると基礎スピードの質的に苦労している印象。京都牝馬Sみたいに36.0-34.8とスローだと後方集団でついて行けるけど、後半勝負にシフトするので自分の脚は使うがジリジリしか。ゲートは良いけど二の足が遅いタイプで、2走前の阪神牝馬Sでは46.5-46.4と平均まで上がったけど前半で頑張って追走して中団ぐらいには付けられた。それでも12.0 – 11.9 – 11.2 – 11.7 – 11.6と中弛みで息が入って後半ロングスプリントでそれなりに質も量も求められるとL2-1でジリジリ。

 前半で消耗し切ってしまったほうが良いと思うのと、今のこの馬は1400は短くマイルがベストだと思う。そのうえでこの枠の並びなら前が激流を作ったときに外から無理せず中団~後方でも自身平均~ややハイぐらいでの走破になる可能性が高い。その点を踏まえても今の馬場で消耗戦を前提とするのであれば本命を打ってしまって良いだろうと。阪神牝馬Sがここではレベル的に安田記念の次に高いと思っているのでその内容が外からロスがあってもそれなりに伸びてきた時点で狙い目だと思う。要所で加速も求められないだろうからだらっとした流れでこの馬のバテ差しを狙いたい。西村も腕はあると思うよ。

○?

▲?

△ベステンダンク

 レース前の段階では重い印候補だったんだけど、個人的には土曜の馬場が想定より2段ほど重かった。ここまでタフな馬場になると消耗戦になる、つまりパワー型の基礎スピードが想定より強く問われると思うのでそこはちょっと気になる所。基本的に後半要素と前半の基礎スピードのバランスが求められる馬で、ワンターンで平均ぐらいで進めて4角から強気に競馬するのがこの馬の持ち味。それがこうなると単調なハイペースになってしまう可能性がある。タフな馬場での消耗戦という括りだと他にも面白い馬が多いので連下に下げた。前走の都大路Sなんかでも47.8-48.0と平均から12.4 – 12.4 – 12.1 – 11.4 – 12.1と2F戦ではあったわけでね。ワンターンのほうが良いし阪神マイルは4角下りでフィットしているけど、単調過ぎるとちょっと嫌かも。

△ギルデッドミラー

 まあ2走前のアーリントンCでも強かったんだけど、今回は多頭数の上に外枠でとなる。プリンスリターンみたいに自力で楽に前に行ける馬と違ってこちらはどうしても出足はそこまで速くないからね。3~4角で外から追いかける形になるのはどうかなというところ。アーリントンC45.7-48.6と超ハイだったが全体は団子という特殊な流れだった。その中で中団外から11.6 – 11.9 – 11.7 – 12.1 – 12.9のラップ推移で正攻法で進めてプリンスリターンは競り落としてきたしこれ自体は立派だけど、今回はもうちょっと前とポジション差が生まれそうなんだよね。その辺がカギ。北村友一とのコンビ自体は良いと思うけどここまで外枠だと内での立ち回りの上手さは活かせないのでその辺。NHKマイルCも好位内で包まれて中弛みからでもジリジリと伸びたという競馬だし、本質的にはロスなく上手く運びたい方だと思う。タフな馬場よりは高速馬場のほうが良いだろうしということで評価はしつつも連下まで。

×ケイアイノーテック

 まあ普通に出し切れれば突っ込んでくるのでこの前提なら押さえてはおきたい。が、この中途半端な枠がどう出るかやね。勝負に出るならここで流れる前提で中団内内に絞ってほしいと思うが、内外から来られる枠の並びなのでどうしても序盤は覚悟がないと下げながらになってしまうと思う。縦長になってハイペースの消耗戦だと物理的に届かないというパターンは考えないといけない。それでもダービー卿なんかは45.4-47.4とかなりのハイで11.1 – 11.7 – 11.6 – 12.0 – 12.1のラップ推移、単調なら直線外からL1ズドンができる馬。このレベルだし圏内警戒ぐらいはしておくが、また届かず4,5着という可能性も高いと思うし。

×ディメンシオン

 絶妙なバランスで良さが出る馬で、恐らくベストは自身平均ぐらいでの走破。なので仮にここで2秒前後のハイとなったときにこの馬が先行集団にいるとオーバーペースになる可能性はある。ターコイズSが2年通して甘かったのもあるからね。ただ、基本的に使える脚が長いタイプではない典型的な総合力タイプなので内目の枠を引いたのは良い。この枠の並びならトロワゼトワルやベステンダンク、プリンスリターンを見ながら2,3列目ぐらいで十分だと思うしそこに収まって無理のない範囲で3~4角をロスなく運べればかな。

sponsored link


────────────────
中京記念厳選無料情報公開アリ!
重賞はココ見とかないといけないですね。
────────────────
【G1-無料予想戦績】
◎安田記念5点+4点4800円
→6720円(回収率140%)
◎ダービー9点600円5400円
→14800円(回収率276%)
◎Vマイル13点400円5200円
→11840円(回収率228%)
◎天皇賞10点500円5000円
→67500円(回収率1350%)
◎皐月賞14点400円5600円
→36600円(回収率653%)
◎桜花賞14点400円5600円
→50360円(回収率899%)
────────────────
ココまで連勝街道は想像してなかったです!
重賞以外無料情報でもワイドで500%など!
────────────────

────────────────
3連単プラン情報では・・・・・
なんと七夕賞含め各会場好調!
ラジオNIKKEI賞51万に続き後半レース好調すぎなんです!
────────────────

────────────────
3連複でも3連単でもプラス継続中なんですね。まずはじめての方、この買い方気になる方におすすめは・・重賞無料公開3連複情報なので一度チェックしてみてください。
重賞無料公開3連複買い目
天皇賞春でも10人気、桜花賞・皐月賞でも人気薄を抑えてくれてるので荒れ模様の夏競馬はココを見てからで損はないはずです。


何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。