競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

青葉賞 2020 出走予定馬:フィリオアレグロ&レーン騎手確定

time 2020/04/30

青葉賞 2020 出走予定馬:フィリオアレグロ&レーン騎手確定

第27回 青葉賞(GII)出走予定馬展望

日程:2020年5月2日(土)
コース:東京芝2400m

予想用・出走予定馬一覧

フィリオアレグロ(レーン騎手確定)

 共同通信杯でも3着と目途は立てたフィリオアレグロが青葉賞に出走予定だ。新馬戦は順当に勝ち上がったが共同通信杯は3着といっても離されてしまった。2400mへの延長にダミアン・レーンと万全の態勢でもう一段上のステージに上がれるか。

 ん~共同通信杯の3着以下のレベルは正直平凡だと思うし、新馬戦もレッドルレーヴと接戦でラストは少し詰められた。堀師だしレーンとのコンビ、共同通信杯から早めに路線をダービーに持ってきてしがらき調整なんだろうけど、正直素材的にそこまでの魅力は感じない。混戦を象徴する馬ではあるかな。

新馬戦1着

東京芝2000m重 13頭8枠13番
2:01.7 62.2-59.5 S^3
13.0 – 12.4 – 12.1 – 12.1 – 12.6 – 12.6 – 12.2 – 11.4 – 11.4 – 11.9

 新馬戦から2走をしっかりと見ておきたい。東京の2000m戦で重馬場、富士S同日なのでこの時点ではある程度雨の残りが大きかったにせよ標準に近い馬場だと思う。その中でペースは超スローからの3F勝負でL3最速タイ、11.4となっている。後半勝負の中で先行策から反応良く抜け出してきた。

 13番枠からまずまずのスタート、大外枠だったが、じわっと好位の外には付けていく。道中も3列目の外で進めて前に壁がない状況でもしっかりとコントロール。3角でも我慢しながらだが徐々に2列目の外に押し上げていく形、4角で手が動いて内の2頭から前に出て単独の2番手で直線。序盤で1馬身差あった前との差は詰まらず、L2で伸びて抜け出してくるが外からレッドルレーヴが伸び始める。L1では徐々に差を詰められるがそれでも半馬身差で退けた。

 まあここはしっかりと勝ち切ってきたし、完成度という点では良いものを見せたと思う。ゲートも標準以上、外枠から二の足で好位を取ってそこから壁を作らなくても折り合って3~4角で動いて直線半ばから伸び始めたと。この馬はL2最速ラップかな?と思うが、それでも1馬身差を詰めたぐらいなので11.3前後。長く脚を使ってきたなとは思うがスパッと切れた感じではない。また外から伸びてきたレッドルレーヴのほうがL2-1の伸びは良かったからね。抜けてはいない。馬場が稍重に回復したとはいえアイビーSとの時計・ラップ比較では明確に見劣るので難しいところやね。少なくとも重賞でいきなり通用するレベルとは思わなかったかな。明確な弱点はないけど、高いレベルで何を武器に戦えるのかがこの一戦だけでは見えづらかった。

共同通信杯(GIII)3着

東京芝1800m良 9頭7枠7番
1:50.3(+0.7) 50.5-46.4 S^4
13.2 – 11.9 – 12.5 – 12.9 – 12.7 – 12.1 – 11.2 – 11.4 – 11.7

 前走の共同通信杯では3着と馬券には絡んだ。が、内容的には上位2頭に完敗だったし褒められるほどのものではないかな。ペースは極端なドスローで、そこからのL3最速戦。最速11.2だがややタフな馬場状態だったことを考えると速め。とはいえ…である。

 7番枠からやや出負け、促して二の足は良くスッと先行していくが、最終的には内の2頭を行かせてコントロールして2列目の外。道中もドスローの流れの中でコントロールしつつそれでも掛かるようなところまでは行かず、3列目の外で3角。3~4角で外目から手が動いて進出、ココロノトウダイの後ろを狙いながら手が動いて直線。序盤で3列目から追い出されるがいまいち伸びがない。L2の地点でようやくココロノトウダイには並びかけて3番手争い、L1で外からジリジリと脚を使っていたマイラプソディの追撃を振り切ってアタマ差で3着は死守も、前とは4馬身も離されている。

 正直言って物足りない。トップスピード戦でのココロノトウダイやマイラプソディといった所がかなり低調なパフォーマンスだし、前2頭と比較しても圧倒されてしまったからね。L3最速なので仕掛けが早いわけでL1でそれなりに食い込めたならともかくここで離されているようだとかなり悲観的な材料になる。トップスピード戦では足りない可能性は結構高いんじゃないかな。ゲートはここでいまいちだったものの二の足はそれなりに見せてきた。それでもドスローでそこまで悪くない位置だったし、勝てないまでも前2頭に食らいつくレベルの競馬は欲しかった。完全に圧倒されてしまったからね。

青葉賞2020への展望

 後は外厩しがらきでの調整でどこまで成長させてきているかというところかな。そこに期待するしかないと思う。正直ここ2走のパフォーマンスだと混戦模様の今回のメンバー構成でも上位に入ってくるとは思えないかな。ここ2走はいずれもスローだし、そのうえでそこそこいい位置は取れた。ただ、もちろんだが後半勝負になったときに新馬戦でもレッドルレーヴには迫られているし、前走の共同通信杯では前の馬に突き放されてしまっている。また上位2頭も世代トップレベルとは言い難い。

 ノーザンファームの強みが外厩での調整力、成長力というところにあるのが厄介で、普通なら狙えない馬でも…というのはある。ただ堀厩舎の場合はなぜかしがらきに出している。現状天栄のほうが外厩としての性能は上っぽいからなア。この辺は完全な主観になるけど。もともと素材的に少し足りない馬をどこまで強化できるのか?というのは興味はある。まあ、普通に考えて混戦でこのレベルなら嫌いたい馬なんだけどね。それなりに面白い馬も多い中でレーン騎乗は大きな材料で、そこだけで悩んでいるかな。ある程度ゴリっと前を取ってきそうだしなあ。馬より鞍上のほうが魅力なので判断が難しいね。トップスピード戦ではそこまで高い性能とは思わないが、前目を取れれば警戒は必要ってのが現実的な所かなと思う。一足は使えるしドスローの共同通信杯であの感じなら割とコントロールしやすいとは思う。そういった面での不安は少ないからね。レーンなら前を取って権利を確保してきそうな怖さはある…というぐらいの評価かな。

sponsored link

4月重賞プランで続々と的中!
皐月賞無料情報の的中実績もあり!!
今週は天皇賞春を無料提供☆

4月も終わり今週から5月。5月最初のG1は伝統の長距離戦『天皇賞春』!3200mという特殊な舞台設定のためこのレースに適性のある穴馬が好走するケースもしばしば。そんな難解なレースの予想には4月の重賞をプラン情報でズバズバ的中出しているこちらの情報がオススメ!

【プラン情報の的中一覧】


3つのG1レースを含めて高配当、高回収率の的中を連発しています!さらにここの情報は無料予想もすごく充実していて直近G1の皐月賞でもご覧のような的中を達成!!

【皐月賞の無料情報的中】


4月19日(日)皐月賞(G1)
3連複91.5倍×400円→3万6600円獲得!
無料予想で回収率762%を達成!8人気で3着に好走した16ガロアクリークを見逃さずに入れていたのが勝利のポイントでしたね!今週は日曜の天皇賞春を提供とのこと!G1を連続で無料情報で的中させることができるのか!?ぜひまずはこの情報から試してみるのはいかがでしょうか?
天皇賞春含む週末無料情報を見に行く!
無料情報はこちらから登録するのみ!これからG1シーズンは無料で提供が続くと思うので今から続けてゲットするのがお得です!!

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。