競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

大阪杯 2020 予想:本命01ロードマイウェイ

time 2020/04/05

大阪杯2020の予想

阪神11R 芝内2000m
馬場想定:良、標準馬場想定

展開予想

 馬場は回復傾向を想定していたんだが、土曜は少し雨が残っていたかも?という程度だった中で標準より少し時計が掛かっていたという感じ。これだと57秒台までは期待しないほうが良いかな。1分58秒台前半をイメージしておく。

 展開予想はyoutubeのほうにもアップロードしてありますので、そちらもよろしくお願いします。ただ、想定は高速馬場だったので、土曜を見る限りちょっと変えないといけないとは思う。逃げ馬に関してはロードがゲートをちゃんと出れば豊だし主張してくれると思っている、外からステイフーリッシュが番手を狙うところまでは変わらないが、思い切ってジナンボーがハナを主張するところまではあるかなと。ジナンボーが引っ張って平均までという可能性は考えつつ、一応ロードが逃げれば60-58ぐらいをベースに、ジナンボーが逃げて59秒台前半ぐらい、ロード以下が少し離れてというところまで幅は持たせたい。一応基本的にはスローになると思うし、3~4角での勝負からL1では少し落とすイメージでは入る。ただ、高速馬場ではないのでロングスプリントをそこまで極端には求められないかも。事前の予想から少し変わった。

予想

◎01ロードマイウェイ
○?
▲?
△05ラッキーライラック
△08ダノンキングリー
×06レッドジェニアル10ジナンボー
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ロードマイウェイ

 本命はロードマイウェイにした。逃げる前提で狙うというのもありなんだけど、意外と逃げられなくても悪くない状況ではある。まずパターンわけとして、ポンと出て逃げられるケースでこれなら自分のリズムでスローに落とせる。他に行く馬がいるケースだとしたらジナンボーかステイフーリッシュになる。行かせて2列目でも恐らくスローで入れるし、ダノンが外からならばある程度早めに動かざるを得ないので恐らくL3最速ぐらいになると思う。それなら2列目内で良い。また仮に出負けしたとしても前はある程度ポジショニングを取りたブラストやワグネリアンがいる。この2頭の後ろで最短距離を通せればチャレンジCの内容が良いので何とかなるかなというところ。どのパターンでもそこまで悪くない。

 やはりベストバウトはチャレンジCなわけで、阪神2000でこの時は超高速馬場だった。それでも61.2-57.9と超スローからの11.8 – 11.9 – 11.6 – 11.1 – 11.3 – 12.0と後半分散しながらL3最速でロングスプリントの展開。4角地点が最速でここで外外になったのはかなりロスがあったと思うがそれでもしっかりと最後まで伸びてきてトリオンフの勝ちパターンを捕え切ったからね。これは立派だと思う。

 また前走の金鯱賞は逆に63.6-58.0とドスローすぎたし12.7 – 12.4 – 11.8 – 11.2 – 11.1 – 11.5とL2の坂の登りが最速でここでの加速も求められている。後方から動けなかったしジャスタウェイの仔はあまりギアチェンジを持っている馬が少ないというのもあるかな。どちらかというとそこまで速いラップを求められないほうが良いし、3~4角で早めの仕掛けの中でロスなく出し切れる形が理想。逃げてもいいし、2列目でも良いし、悪くともブラストやワグネリアンの後ろで我慢できる立場なら。ダノンキングリーが本命になる可能性が一番高かったんだが、馬場が微妙になったので適性的に一番狙いたい馬を素直に狙った。

○?

▲?

△ラッキーライラック

 中山記念ではダノンキングリーを追いかけながらの競馬で完敗ではあったと。ペースは47.8-47.0とややスローで11.5 – 11.7 – 11.9 – 11.3 – 12.1と前が少し緩めたところでダノンが3~4角で捕えに行ったところをその後ろから追走して最後までしぶとくは食らいついたがL2での反応が少し遅かった。まあダノンは完璧な競馬をしているというのはある。香港ヴァーズみたいにシャティンの2400で60.48-59.41と日本補正で59.5-59.4の平均でしっかりと中団馬群の中目から押し上げながら直線で一足を使ってきた。L1でグローリーには突き放されたけど、流れた中での反応は良かったし、この感じなら2400は若干長いかも。2000ぐらいは良いと思うし、展開的にドスローの上がり勝負でもエリ女から問題はない。中目の枠で前半の出方次第では変に後ろからという可能性もあるし難しいけど、エリ女でも後半特化で良さが出てきているので、温存して鋭くという形でも。

△ダノンキングリー

 まあ前走の中山記念の評価自体はしているんだけど、あれって結構ノリが上手く乗っていたと思うんだよね。前2頭が単騎気味でスペースを保っての3番手、3~4角で11.5 – 11.7 – 11.9 – 11.3 – 12.1と前が落としたところでじわっと最短距離を通してスペースを詰めながら直線で外。かなり完璧な騎乗だったと思うがインパクトとしてはそこまででもなかったと考えると標準馬場はベストではないかもしれないと。やはり一番のインパクトは毎日王冠で、47.0-45.9とややスローでも後半は45秒台。これを出遅れて最後方から11.5 – 11.6 – 11.2 – 11.3 – 11.8とL3最速で大外一気でL1まで楽々伸びてアエロリットを問題としてないと。L1で踏ん張るアエロリットを楽に差すのは簡単ではないし、まして出遅れての後半ロングスプリント特化で違いを見せている。超高速馬場で速いラップを連続するのが最大の武器だと思うし、そう考えると今の阪神でとなると…という感じではあるかな。

×レッドジェニアル

 ここまででも良いけど、穴目で2頭。まずレッドジェニアルは高速馬場想定だと2000は短いと思っていたが、少し時計が掛かりそう。個人的には平均ペースで流れたほうが良いというのと、そこまで瞬間的に速いラップを要求されないほうが良い、という評価。京都新聞杯が60.0-59.5と平均から12.4 – 11.8 – 11.7 – 11.5 – 12.1とL2最速。ここで中団外から直線鋭く伸びてL2の地点で2馬身ほど前との差を詰めてきた。前半で平均、後半ロンスパ気味に分散しながらもう一段という競馬ができているし、淡々と流れたときの怖さはあるかな。

×ジナンボー

 後一頭、単騎逃げパターンでの粘り込み警戒枠。個人的に新潟記念が結構面白いなと思っていて、ここでは58.6-58.9と平均で流れて12.5 – 12.0 – 11.3 – 11.1 – 12.0のラップ推移。ここでそこまで離れず3列目で進めながら仕掛けを待って外に誘導していくのだが、ここで内のスペースを先に拾ったユーキャンが伸びてきたと。ただL1ではむしろ食らいついて想像以上に健闘したと思う。この感じだとある程度流れた中での競馬のほうが良いんじゃないかなと。今回は恐らくある程度前を主張できると思うし、息を入れて加速できている点も良い。ユーキャンスマイル比較で考えれば十分チャンスはあると思う。また前走の小倉大賞典も平均ペースで流れに乗って3着だが、これは少しバランス的に忙しかったと思う。後傾バランスのほうが良いので、単騎で進めてややスロー、もしくは番手~2列目でスローの流れに乗せてという競馬が望ましいかな。一発期待したい。

sponsored link

◎ー大阪杯2020激熱情報ー◎
高松宮記念3連単60万超えの予想さん!フェブラリーではケイティ、今回はモズでG1連続的中!そんな予想さんに大阪杯は着目しています。その理由は・・・
―――――――――――――
去年大阪杯9人気3アルアイン1着推奨!4500円投資で28万獲得の予想さん!いつも普通では考えられない買い方なのですごく楽しみなんです。
―――――――――――――

―――――――――――――
そしてこのシーズン到来すると的中率あがってくるんです。ココは!去年この勢いのまま・・・◎桜花賞、皐月賞無料で3連複公開
◎桜花賞2019/回収率599%
2着16シゲルピンクダイヤ7人気
◎皐月賞2019/回収率148%
しっかりサートゥルナーリア軸!
無料情報的中証拠画像
―――――――――――――
去年から愛用してるのでこのシーズン特に熱いです。そして朗報は大阪杯無料公開あり!これは見ておくしかない。いや何がなんでも見ちゃう!そんぐらい気になるとこなんです。
→大阪杯激熱買い目(無料版)
大阪杯→桜花賞→皐月賞無料公開あり(感謝↑) 初心者でも安心のサポ―トあり!お金に増える情報GETしてみてください(無料予想)

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。