競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

フェブラリーステークス 2020 予想:本命04タイムフライヤー

time 2020/02/23

フェブラリーステークス2020の予想

東京11R ダ1600m
馬場想定:良、ややタフなダート想定

展開予想

 まず土曜だが、雨予報が外れて普通に良馬場。そして時計も少し掛かっていた印象は受けたかな。なので想定では35秒を切るぐらいも視野に入れていたが、この分だと1:35.5ぐらいで視野に入れておきたい。ペースに依るけど昨年より時計はかかりそうな感じはするんだけどね。

 展開予想の前に、youtubeにいつも通りアップロードしてますのでそちらもよろしくお願いします。そのうえで、ひとまずインティがハナを主張するとは思うが内からワイドファラオも芝スタートで積極的にハナをという可能性は十分にあると思う。コメントではハナを臭わせてないけど、ここ数走逃げてなくて結果がいまいちだからね。アルクトスはこれらを行かせて2列目内を狙う、外からはこれといっていないがヴェンジェンスが芝スタートで前を取ってくる可能性も(陣営は末脚をと言っているので何とも)ある。ただインティが楽に行ける可能性も考えると、普段前に行かない馬が積極的にというケースもあるし、意外と振れ幅は広いんじゃないかな。ハイペースまで上がることも視野に入れて、ややハイ前後としておきたい。47.2-48.3ぐらいのイメージで見ておこうかな。

予想

◎04タイムフライヤー
○?
▲?
△05インティ
△07ヴェンジェンス
×10ノンコノユメ15ケイティブレイブ
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎タイムフライヤー

 ダイヤモンドS見ても思うけど、ある程度の力差があっても適性面が変わると崩れるのが競馬でやっぱりある程度幅を持たせたほうが良いし期待値的に入ったほうが良いと痛感した(川田も悪いけど、タガノディアマンテに関しては正直ペースが上がるのが早かったと思う。まあ向こう正面で焦っていたので3~4角でぶん回すだろうと思っていたらぶん回してあかんなとは思ったが。またあとで書くけど)。まして抜けた1番人気の馬に妥協は一番よくないなと。空虚な気持ちになるし…。

 タイムフライヤーはまず武蔵野Sが強かったというのと、そのうえでもう少し前を取っても良かったと思っている、という2点で強く狙いたいと思っていた。武蔵野Sが完璧に嵌っての2着ならもちろん紐穴までなんだが、やはり前半消極的だったからね。46.5-48.1とかなりのハイではあったもののゲートが良かった中で中団まで下げる格好となった。11.8 – 12.1 – 12.1 – 11.6 – 12.3とL2最速の流れではあるが、中団の一つ外から仕掛けを待ちながら直線で外に誘導、という中で最内を通しながら惰性をつけてきたワンダーリーデルにこの時点で1馬身差まで詰められてしまったからね。L2で伸びてきて自身でも11.4ぐらいは使えているんだが、ワンダーにそれ以上の切れを発揮されてしまった。個人的にはもう少し前を取っても良かったと思う。

 根拠としてはこれまでの競馬を見ても極端なハイペースの流れに前で乗って行っても要所でスッと反応して一足を使えているところにある。個人的に東京マイルが合いそうだなと思った一番のレースはエルムSで、5着なんだが46.5-49.4と超ハイの流れである程度前を追いかけて3番手から12.1 – 12.1 – 12.3 – 12.4 – 12.6と単調な流れの中で早めに先頭に立ったリアンヴェリテに対して4角でスーッと外から差を詰めてきた。東京マイルで求められるのは厳しい流れからの一足、というのが多いしこの馬の場合はそれが噛み合いそうだなと。また要所でのギアチェンジ自体も2走前の武蔵野Sで見せている。前走のチャンピオンズCは48.7-47.7とスローで包まれて直線勝負で難しい形。包まれても全体である程度流れて基礎スピードが求められたほうが良いし、そのうえで良いポジションが欲しい。フォーリーはここ最近結構積極的に前でペースを作る競馬が増えているが、ここでインティの直後ぐらいを取れればかなり面白いと思う。今回はメンバー構成を見ても展開が意外と読みにくくタイムフライヤーもそうだが今回はある程度前を狙えそうな馬も少なくない。包まれてもやれるしハイペースでもやれる。そういった総合的な面を踏まえ、さらに前を取ってかみ合えば勝ち切れるチャンスまで見えて人気薄。休み明けは気になるがエルムSも内容は悪く無いからね。ここから入りたい。

○?

▲?

△インティ

 まあ、悩んだんだけどね。今年も十分去年みたいに完璧に持ち込める可能性はある。ただ、去年は普通にこれ以上ないぐらいのレース運びで、48.0-47.6と平均で収めたのもあるが、12.2 – 12.2 – 11.6 – 11.4 – 12.4としっかりと中盤で息を入れてL2最速で11.4まで一気に加速してギアチェンジで出し抜いてきた。この加速度を活かせればインティは強い。逆に言えばやはり中盤でペースを落とし切れないと、一気の加速で突き放し切れない。これがチャンピオンズCで48.7-47.7とややスローでも12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.6 – 12.1とL2最速ではあるが12.0-11.6とそこまでの加速度ではなく、突き放し切れずにL1で甘くなる。本当にいい脚は一瞬しかないので、ここでセーフティまで持って行けなければL1は飲まれる傾向。この辺に昨年より少し時計が掛かっているかなという馬場状態を踏まえて連下とした。ペースは多少のハイは問題ないと思うけどそれよりもいかにうまくバランスよく息を入れられるか。

△ヴェンジェンス

 ここはちょっと悩んだけど、シンプルにパフォーマンスを上げてきている馬をというのと、コメントは末脚をだけど前を取ってくれる可能性もあるというのも。タイプ的にはやはり惰性を活かしてという感じはあるし、1800m路線では特にそう。みやこSなんかは46.6-50.1と極端なハイペースで後方から向こう正面でじわっと進出、3~4角で外から一気に動き切ってそのまましぶとく踏ん張る競馬。12.4 – 12.5 – 12.4 – 12.2 – 13.0と3~4角で前が失速したところで上手く押し上げたが、それでも良馬場1:49.1と絶対的に見ても早い時計を出してきている。また前走の東海Sでは高速ダートで49.3-48.5とややスローから12.4 – 12.3 – 12.0 – 11.9 – 12.3とL2最速の形でも中団外から勝ちに行ってしぶとくインティを飲み込んての2着。後半型の競馬でもやれたしエンジンさえかかってしまえば1800でも強い。1400m戦では基礎スピードを活かす形で頑張っていたが、緩急があった形でも対応しているし、近走の充実度を評価して。

×ノンコノユメ

 今回は展開が読めないところもあるが、厳しい流れになり切ったときにはフェブラリーSを勝った時のバテ差しは怖い。もともとコーナーで動けないタイプの馬、という認識なので直線が長いコースで良さが出易い。船橋での日本テレビ盃みたいな条件は不向きで、直線が短いし3角が緩いので3角からの競馬になり、ペースが上がって置かれる傾向が強い。50.2-49.4とややスローから12.5 – 12.2 – 12.2 – 12.5 – 12.5とL4最速タイ。コーナーで速いラップを踏んでという中では詰められないしL1も落ちていないからね。フェブラリーSを勝った時なんて45.8-50.2で極端なハイ、11.7 – 12.5 – 12.6 – 12.3 – 12.8と直線では減速しているからね。また3~4角で前がペースを落としてくれても良いので中弛みの状況も合う。適性は良いと思うので地方勢で押さえたい一頭。

×ケイティブレイブ

 後一頭はもうロマン枠。最低人気でもミライヘノツバサが勝つように、かみ合えば不思議の勝ちがあるのが競馬。まあ勝つまで行かれると困るんだけど;ケイティブレイブの場合、個人的にあまり前半無理をしてほしく無い馬なんだよね。前走の川崎記念なんかはまさに最悪で、前半で厳しい形を取り過ぎて失速。帝王賞を勝った時が出遅れて平均ペースを後半のロンスパで直線ぶち抜いてきたわけで、後半型の競馬のほうが良い。本質的にはポテンシャル型だし東京マイルでどうかなとも思うのだが今回は追い切りが良いのとコメントから抑えて後ろから行くといっていたので、うまくかみ合えば。

sponsored link

共同通信杯,京都記念指数上位4頭的中!
━━━━━━━━━━━━━━
20年AJCC  指数3→4→2位
20年東海S   指数4→1→3位
20年きさらぎ賞 指数5→3→1位
20年共同通信杯 指数2→4→3位
20年京都記念  指数4→1→2位
━━━━━━━━━━━━━━
フェブラリーS過去5年
19年指数1→5→3位
18年指数2→4→1位
17年指数4→1→2位
16年指数1→2→6位
15年指数5→1→2位
━━━━━━━━━━━━━━
過去相性OK、直近好調上位馬。
今週末は朗報!無料公開が熱い!
◎フェブラリーS全指数当日お昼前公開。
◎ダイヤモンド,京都牝馬,小倉大賞典指数1位馬 。
◎他週末36レース全指数無料公開。


━━━━━━━━━━━━━━
G1週は指数上位馬に頼る(無料)
去年スプリンターズ~有馬経由~先週共同通信、京都記念まで好調。指数データ上位4,5頭まで絞り込めるはずです。無料メール登録で週末無料で確認できます。※ダイヤモンド、小倉大賞典も指数1位過去は・・・今週末は馬券になる情報が相性よすぎです(無料公開)



何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。