競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

クイーンカップ 2020 予想:本命10アカノニジュウイチ

time 2020/02/15

クイーンカップ2020の予想

東京11R 芝1600m
馬場想定:良、標準馬場想定

展開予想

 先週の馬場を見る限りなら標準ぐらいの馬場だろう。例年通りなら大体1:34.0前後で良いと思っているが、個人的にはここはそこそこ面白いメンバーが揃ったなと思っていて33秒台まで入るかも?ひとまずは前800を47で平均ぐらいの馬場だとみておく。

 展開予想だが、恐らく行くのはシャンドフルールと武豊になるんじゃないかなと。同型でインザムービーもいるが、コメントとしてタメを利かせた競馬と言っているのでこれまでのような積極策ではない可能性が高いかな。内からもこれといって逃げを打ちそうな馬もいないし、シャンドフルールがハナとみる。ペースはそこまで上げてこないと思うし、48-46.5ぐらいのイメージでとりあえず入りたい。スロー~かなりのスローをベースに、平均までは上がらないと思うが一応考えておく。

予想

◎10アカノニジュウイチ
○?
▲?
△01ミヤマザクラ
△09マジックキャッスル
×12ホウオウピースフル?
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎アカノニジュウイチ

 ここは結構難しいレースで、危うい人気馬も多いがパフォーマンス自体高い馬もいるので、まあこういう場合は自分が狙いたいと思った馬を素直に本命に置くのがいいだろうと。アカノニジュウイチはこのメンバー構成の中でも一番のトップスピードの質を持っている。前走の新馬戦はそういう意味で抜けたパフォーマンスだった。東京1400で36.3-34.0と超スローではあったが12.1 – 12.4 – 11.9 – 11.0 – 11.1とL2最速で11.0、L1も11.1と高いレベルでまとめてきた。これを中団外目から直線しっかりと伸びてきたし、一番はL2の切れ。ここで3馬身差を一気に捕えてきたからね。10秒台半ばまで視野に入ってきた。この時の馬場は午前中を見る限り雨の影響は若干残っていたと思う。その中でL2でこれだけ切れたというのはインパクトとしてはかなり大きい。

 もちろんペースが上がってどうかとか、マイルがどうか、標準馬場がどうかというのはあるんだけど、それでも人気上位勢にも同様に不安があるし、追い切りも良くて新馬戦のインパクトの大きさ、鞍上のノリ。総合的に見て本命にして後悔が一番少ないのはこの馬になる。新馬は相当なインパクトなので、後はこれが流れてもやれれば一気に桜花賞戦線に浮上すると思うし、おそらくそこまでペースは上がらないとみているので後半勝負でここでも違いを見せてほしいかな。

○?

▲?

△ミヤマザクラ

 内枠で嫌だなあと思っていたが、追い切りが良かったので連下で狙うことにしたという感じ。単純なパフォーマンスは高く前走の京都2歳Sではロールオブサンダーは楽に撃破。60.4-61.1と平均でもややハイ寄り、ここでやや強引ながらも2列目外を取って3~4角で早めに並びかけて直線抜け出しを図ったところを直後でマークしていたマイラプソディに突き抜けられた格好。12.6 – 12.1 – 12.0 – 11.8 – 12.6とL5だけ少し緩んだが後半4F戦でポテンシャルを発揮している。トップスピード戦は未知の面が多いが、それでも53.1-48.0と極端なドスローに支配されて好位で包まれて13.0 – 12.9 – 12.5 – 11.3 – 11.3と2F戦、下げながら直線と苦しい形になって外に出してからの反応は良かった。力負けではないしパフォーマンスで見れば前走が良い。適性の不安はあるが追い切りとパフォーマンスを買って。

△マジックキャッスル

 対抗候補だったが評価を下げた。陣営が前走のファンタジーSの内容を評価していて今回も後ろから行くって感じのコメントを出していたから。あれは33.7-35.1と流れた中で温存できたから相対的な鋭さを引き出しただけ。基礎スピードあっての末脚よ。2走前のサフラン賞を見ればわかるが47.7-46.6とややスローでも12.4 – 12.3 – 11.8 – 11.1 – 11.4と中弛みの競馬でL2最速、ここで番手から一足は使ってくるけどL1でマルターズディオサにあっさり差されている。これもポジションが良かったから2着は楽に確保したけど、ポジションを捨ててスローで決め手勝負だと分が悪くなってしまう。まあここは混戦模様だから何とか来ちゃうかもしれないけど、それでも絶対的に後ろからでいい馬ではないからね。ペースが上がっての中団ならいいけど、スローなら取れる範囲でとるべき。そこを嫌った。

×ホウオウピースフル

 悩んだけど、ひとまず外枠を引いたのでスローで外からという形になればこの馬の末脚は引き出せると思う。一応前走の百日草特別では61.9-60.0から中弛みで13.2 – 13.1 – 11.6 – 10.9 – 11.2とL2最速でしっかりと2列目から楽に抜け出してきた。ただL3の地点で先頭に立っていたしラップ推移的にも最速は10.9までだから言うほど切れたわけではない。馬場とペースを考えてもインパクトはそこまでではなかった。距離短縮でポジショニングも少し気になるところだし、百日草特別のレースレベルも正直平凡。相手関係を見てもここで人気するなら基本的には嫌いたいけど、スロー濃厚で自分の脚は使ってくれば3着で保険的に…という感じかな。ルナシオンとの比較でこちらを取った。この馬の外枠というよりルナシオンの内枠が嫌だなと。

×?

sponsored link

◎ーやはりきましたね重賞プランー◎
19年重賞プラン的中率回収率ともに至高の域。
20年シンザン記念、シルクロードSと毎週好調。
そして期待通り!東京新聞杯3連単的中!買い目がコチラ↓
━━━━━━━━━━━━━━━


やはり本命は外してませんね。プリモシーンとレイエンダからの結果プリモシーン1着で24点的中!1万円が502,240円に化けた予想ですね。2着シャドウディーバ!お見事としかいいようがないです。
━━━━━━━━━━━━━━━
キーワードは・・本命馬選びがうまい!
━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━
20年シルクロードステークス 6エイティーンガール6人気はわかります。15ナランフレグ8人気3着。セイウンコウセイかナランフレグでお見事3連単。1着2着は完全に読んでる形の買い目。20年シンザン記念1サンクテュエール1着、やはり本命外さないんですよね。10頭立て6,7,9人気。1着を読むのがひじょ~~にうまく2着の絞りも流石という感じ。19年見てみるとやはり朝日杯14人気グランレイ3着。ここでも1着6サリオスからの買い目 。。。
━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━
ダートも見てみるとみやこステークスでは3連複に切り替えしっかり15点的中。芝もダートも関係ない感じ。1ヴェンジェンス3人気が1頭目ですもんね。ジャパンカップ、菊花賞の中長距離も8点。 本命馬選びがやはりうまい印象です。ちなみにまとめてみました! 19年重賞的中一覧はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━
ここの予想は数ある予想の中でも検証した結果、本命馬選びが堅く、そして10頭立てでも9人気までいれて当てる眼力。本当におみそれいたしました!という感じです。 引き続き検証し続けていきますが、ここで朗報!!この予想を体感できるんです。今週末は京都記念厳選買い目無料公開。
毎週本命馬見事!京都記念厳選買い目
無料エントリーはこちら(前日夜公開)

無料メール登録でエントリー完了します。確認メールをクリックしログインです。
おそらく3連複フォーメーション10点予想。アレンジするといい配当に変わる場合もあります。まずはメルマガ購読、買い目無料エントリーがおすすめです。




Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。