競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中山金杯 2020 出走予定馬:ザダル&マーフィー騎手想定

time 2020/01/04

第69回 中山金杯(GIII)出走予定馬展望

日程:2020年1月5日(土)
コース:中山芝内2000m

予想用・出走予定馬一覧

ザダル(マーフィー騎手想定)

 昨年は新馬、500万下、プリンシパルステークスと無傷の3連勝を果たしていたザダルが中山金杯に出走予定だ。ダービーはトライアル順延の影響もあって回避せざるを得なかったが、セントライト記念でも3着と中距離での安定感は確か。2020年はクラシックの鬱憤をぶつけたい。

※この記事はnote,ブログ無料公開対象です

 まずは明けましておめでとうございます。ちょっと忙しかったですが、正月からまた頑張ろうと思います。ザダルも含めて適性的にそこまで不安のない馬が上位、という感じはあるので能力把握が重要になるかもしれないなと。セントライト記念でタフな流れになった中でもしっかりと対応できたからね…。菊花賞は距離だと思うし。

プリンシパルS(L)1着

東京芝2000m良 14頭3枠4番
1:58.3 60.1-58.2 S^2
12.7 – 11.2 – 11.7 – 12.1 – 12.4 – 12.1 – 11.9 – 11.4 – 11.1 – 11.7

 3走前のプリンシパルS勝ちから当然振り返りたい。東京の2000m戦でもちろん超高速馬場状態。ペースは2秒近いかなりのスローでそこからのL2最速で11.1。そこまで速いラップを求められていないが基本的には直線勝負とみていいと思う。

 4番枠から五分のスタート、そこから内枠を利してスッと内に入って上手く2列目のポケットで進めていく。道中も2列目の内から前のエングレーバーが少し下がってきたのでその後ろで3列目内でコントロールして前にスペースを保つ。3~4角でも3列目で直線に入る。序盤で中目に誘導、少しぶつけつつ確保してL2で2列目から抜け出しエングレーバーを追撃態勢。L1で厳しいかなというところから捕え切っての勝利。

 L1の段階ではまだ前とは2馬身半はあったと思うんだけど、これを捕え切ったのは立派。L1が11.7なので11.3ぐらいのラップではまとめていると思うし、スパッと切れた感じではないけど11秒前後を連続してきたなという感覚ではある。L2で外に出してからの反応がもう少し切れればトップスピードの質という点でも良かったと思うけど、そのあたりは少し物足りなさもあった。後はレベルがどうかやね。上位勢は2勝クラスで勝ち上がれていない馬も多く5着のアトミックフォースぐらい。全体のレベル的にはそこまで高くはなかったと思うが、その中で3~4角でロスなく立ち回ったとはいえL1での伸びは立派だし底を見せなかったかな。ロングスプリント的な競馬で良さが出そうな走りではあった。

セントライト記念(GII)3着

中山芝外2200m重 18頭1枠1番
2:11.9(+0.4) 59.8-59.8 M
12.5 – 11.0 – 12.1 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 12.0 – 11.9 – 11.9 – 12.0 – 12.0

 2走前のセントライト記念では重馬場だがそこまで時計が掛かっていたというほどではなく標準~稍高速ぐらいだったと思う。その中で淡々とした流れをアトミックフォースが刻む中で好位の内でジッとして上手く立ち回ったものの3着まで。

 1番枠から好発を切っていてそこから外の各馬を行かせて2列目の内から最終的にはもう一列下げて好位の内。道中もリオンリオンの後ろで目標にしながら3角。3~4角でもリオンの後ろでじっと我慢、4角出口で中目を意識しつつ直線。序盤でリオンの後ろに絞ってジリジリと食らいつくがL1で離され、最後はサトノルークスにも差されて3着。

 まあ難しいところやね。重馬場で最後までしぶとく踏ん張ってというのは一定の評価だが、リオンを目標にできて最高の形だったと思うし、そこで突き放されてしまったからね。サトノルークスにも最後に差されていることからも、ワンパンチ足りない競馬になってはいる。ただ平均ペースの流れに3列目で乗って進められたようにある程度基礎スピード面での目途は立ててきていると思うし、こういった単調な流れで12秒前後のラップを連続する競馬への適性も見せることができた。そういった面は評価したいかな。相手関係としてみると3歳世代的にはやや低調なメンバー構成な方だったとは思う。サトノルークスが菊花賞2着に入っているけど、この距離での評価となるとあまり高く見積もるのは危険かもしれない。それに、ほぼ完璧に乗っているのでこの3着はこれ以上は望めないかなという内容ではあった。

菊花賞(GI)13着

京都芝外3000m良 18頭1枠1番
3:08.0(+2.0) 62.4-63.9-60.7 S^2
12.9 – 12.4 – 12.3 – 12.6 – 12.2 – 12.2 – 12.7 – 12.7 – 12.5 – 12.8 – 12.5 – 12.0 – 12.0 – 11.8 – 12.4

  前走の菊花賞では13着と大敗を喫してしまった。ペースはスローで中盤も遅め。そこからの後半4F戦というところで、力の要る馬場だったし時計も掛かったので後半のポテンシャル面を明確に強く要求されたと思う。

 1番枠から五分のスタート、そこから押して追走しながら中団馬群の内目で進めてスタンド前。ここでしっかりと折り合って進めて前にスペースを置いて問題なく通過。そのまま向こう正面でもペースが上がらず一団で中団内で3角。3~4角でも最内をとにかく完璧に通して前にワールドプレミアと最高の形で進路を確保して直線。ただじょばんで内目に持って行くも全く伸びず、下がってしまいラストまでいいところなくの13着惨敗。

 まあこれは多分距離が長かったと判断するほうが良いとは思う。良馬場でも時計がそこそこかかっていたのはあるが、3~4角でも完璧に立ち回っていたからね。直線の時点で明確に失速していたし、セントライト記念も完璧に立ち回っていたが最後まで何とか食らいつこうとしていた。まあ距離だけではないかもしれんが、第一義的には距離を考える必要があると思う。サトノルークスが2着しているという点で見てもやや適性面での差が出たとは思うが、後半のポテンシャル面が強く問われている中で甘かった。セントライト記念は全体で流れていたのも考える必要はあるかな。いずれにせよポテンシャル戦としてはそこまで長く脚を使えていないのでこの辺をどう考えるかやね。

中山金杯2020への展望

 今回は結構混戦模様ではあると思うので、この辺の力関係の把握が難しい馬をどう扱うのかがポイントにはなると思う。ベストバウトがどこになるのか難しいが、プリンシパルSが強かったのであの感じなら高速馬場でのロングスプリントが今のところはベターかな。ある程度速いラップを連続するのが得意という感じ。一方でセントライト記念は3着だがリオンリオンには明確に完敗したし、サトノルークスとの比較でもL1の伸びで見劣っている。前半の基礎スピードがある程度問われた中でやれた一方で、後半のポテンシャル面では若干物足りなさも見せた。今の段階で力の要る馬場の中山2000という条件を想定しないといけないときに、セントライト記念は微妙に評価が難しいところではあるかな。

 今回は古馬で面白い馬が少なくない。トリオンフだって力の要る馬場は高いレベルでは未知数だが高速馬場とはいえ流れた中でもやれているからね。クレッシェンドラヴやカデナなんかはもちろん厄介な存在になると思うし、流れればギベオンの逆襲もある。3歳馬との比較で見てもマイネルサーパスが結構手ごわいかなと思うので、そのあたりとの比較でとなると後はオッズとの相談にはなるかな。ワンパンチ足りないなとは感じているので、現時点では強く狙いたいとは思っていない。恐らく拾うかどうかのラインで考えると思うが、マーフィーの先行の意識が上手く枠と展開でかみ合った時の怖さはちょっとあるかも。

sponsored link



◎19年検証完了!芝もダートも海外もお見事的中!
19年重賞プラン、無料情報ともにあっぱれ!

有馬記念ではアーモンドアイ入れずに3000%超え!宝塚記念4点的中のデビューからエリ女以外全的中の重賞プラン。ハヤヤッコもハイランドピークもフロンテアクイーンもアエロリットもうまく買い目に入れて連続的中。このお正月休みにじっくり見てみてください。
──────────────────

──────────────────
そして無料情報!イメージは土曜メインも強い!エリ女、マイルCS、阪神JFなど無料情報は230~800%近いイメージ。これだけでも充分なのですが・・・犬山特別、フルーツラインカップなど土曜メイン出してくるとよく当たってる事実。毎週ここに救われてます。

◎無料情報をスクショした証拠画像↓


────────────────
これだけ各プラン19年的中連発の予想さんより今年1発目の無料配信は・・・「京都金杯」!お年玉もらえない中年の方必見です。買い目がおじ様方へのお年玉!みたいな(笑)ベタ買いで何十年かぶりにお年玉いただいちゃいましょう!
京都金杯お年玉買い目を見る!
無料メール登録するだけで予想を見ることができます! ここの厳選買い目は確実におすすめです。この他にも土曜、日曜無料買い目情報出てくるので必見です。

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。