競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京都金杯 2020 出走予定馬:カテドラル&武豊騎手想定

time 2020/01/02

京都金杯 2020 出走予定馬:カテドラル&武豊騎手想定

第58回 京都金杯(GIII)出走予定馬展望

日程:2020年1月5日(土)
コース:京都芝外1600m

予想用・出走予定馬一覧

カテドラル(武豊騎手想定)

 2020年最初の中央重賞、京都金杯にカテドラルが武豊とのコンビで出走予定だ。前走のマイルチャンピオンシップでも健闘の6着と力を見せた形。混戦模様の一戦で押し出される人気となりそうだが、そろそろこの辺りで重賞制覇と行きたいところだ。

※この記事はnote,ブログ無料公開対象です

 ん~正直なところ押し出されての人気になるというのはあると思う。ただ、適性的には純正マイラーではないと思っているのでやはり京都のマイル戦なら対応しやすいなとも。後は展開が噛み合うかどうかやね。後ろ過ぎるとブラックムーンが勝った時のようにちょっと展開面での恩恵が必要になってくると思うし、前の進め方次第でもある。

NHKマイルカップ(GI)3着

東京芝1600m良 18頭5枠10番
1:32.5(+0.1) 45.8-46.6 H^1
12.0 – 10.4 – 11.5 – 11.9 – 12.0 – 11.3 – 11.3 – 12.0

 まずは3歳春のNHKマイルカップ3着から振り返っておきたい。ペースはややハイだが中盤で11.9-12.0と少し緩んでの3F勝負。良馬場だが雨の影響が残っていたのでそれなりには時計が掛かっていた。基礎スピードも求められているが中弛みで取り付けたのもあるし、その辺が噛み合った一戦ではあると思う。

 10番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。道中も前が飛ばして進める中で後方馬群の中目のスペースを拾いながら3角に入っていく。3~4角で前がペースダウンする中でここで我慢しつつ中団馬群の中目に入りながらロスを小さく進めて直線。序盤で中団馬群の中目から反応してL2の地点では2列目辺りまで一気に伸びてくる。L1では内から先頭列にというところを外からアドマイヤマーズ、ケイデンスコールに差されて3着という形。

 まあこの3着が個人的にはカテドラルのイメージではあるんだよね。本質的なマイラーではないから緩みで取り付いて中盤で我慢が出来たので直線でしっかりと加速ができたと。それと、割と伸び始めが早かったのも印象的で、直線で中団馬群の中からL2の段階ではもう2列目辺りまでスッと伸びてきてL1で落ちたところで抜け出したところに外差しを食らったけど要所での反応が意外と良かったというのは面白い材料だった。ただ、そう考えるとやはり末脚の絶対量という点では意外と微妙なところで、L1ではケイデンスコールに差し切られているし、流れに乗って正攻法のアドマイヤマーズには普通に着差以上の力負けをしていると判断しているので、この辺をどこまで評価できるか。

中京記念(GIII)8着

中京芝1600m稍 16頭7枠14番
1:34.2(+0.6) 46.7-46.9 M
12.4 – 11.3 – 11.6 – 11.4 – 11.3 – 11.4 – 11.9 – 12.3

 中京記念の8着がこの馬の負けパターンになるかなと思う。ペースは平均ではあるんだが3~4角でペースが落ちずに上がって淡々とした流れでL1は失速する流れ。割とマイル戦らしくバランス的に基礎スピードを問われている中で中盤で速いラップを要求されたことで良さが出にくかったと思う。

 14番枠から五分のスタートでしっかりと出たが促されつつもやはり後方にじわっと下がっていく。道中も淡々と流れる中で後方の中目で中団から少し離れたところで3角。3~4角でもクリノガウディーの後ろ辺りで目標にしながら中団後ろで直線。序盤で外に誘導して一瞬伸びかけるがL1で甘くなって前のクリノ辺りが伸びるのと比較すると甘くなってなだれ込みまでの8着完敗。

 一瞬は伸びかけたんだけど、結局3~4角でタイトに流れてしまっているのでそこで脚を使いながら長く後半勝負に持ち込めるというほどではなかったと思う。力の要る馬場で全体で分散されたこと、息が入らなかったことで前半のパワー型基礎スピード面でも苦労したと思うし、直線入りの段階では悪くなくてもL1で明確に伸びを欠いていることからも長く脚を使う形になったのも響いたんじゃないかなと。こういうマイルで淀みなく中盤で速いラップを踏み続ける流れというのはフィットしていないと思う。

マイルCS(GI)6着

京都芝外1600m良 17頭6枠11番
1:33.5(+0.5) 47.2-45.8 S^1
12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.0 – 11.7

 前走のマイルCSでもペース自体が落ち着いたことで前半の基礎スピード面での不安が出にくかったというのはあるかなと。後半4F戦からL2最速で11.0と2段階加速となっている中でそれなりに差し込んできた。

 11番枠からやや出負けして無理はせずに後方で我慢しながら進めていく。道中も前がスローで進める流れだが、後方2番手で内目を狙う。3~4角でじわっと前が引き上げていく流れで後方2番手で最内を選択、ロスなく運びながら出口で中目に誘導しながら直線。序盤で中目のスペースを拾いながら馬群をさばいて一瞬はいい足。ただL1ではやはりジリジリという感じでなだれ込んでの6着。

 ここでもやっぱり前半ゆったり入れている分だけ要所で鋭さを求められてしっかりと反応できていると思うんだよね。ただ、L2の最速地点では結構伸びてきて好位列付近まで上がってきているんだけど、L1ではやっぱり伸びあぐねてしまっているというのはある。スローなら鋭さを増せるという感じではあるんだけど、かといってL1までグンと伸び続けるだけのトップスピードの持続力があるか?と言われると疑問はある。この一瞬の鋭い脚を後方からどうやってはめ込めるか?というのが今回のポイントになると思うし、簡単な一戦ではないと思っている要因でもある。

京都金杯2020への展望

 マイル戦は本質的にはちょっと短いというのは思っている。基礎スピード面を単純に求められた中京記念で追走に足を使って甘くなっていたという点から、やはりゲートが甘く前半のポジショニングという点でマイルで高いレベルとなると難しいなと。一方で、もう一つ気になるのはやっぱり使える脚がそんなに長くないというのも感じる。流れると前半で脚を使ったり或いは後ろになりすぎたりという感じだし、ペースが落ち着いてもゲートが甘いので後方からでは一瞬は伸びてきてもL1での詰めの甘さが出てしまう。

 今回は相手関係が比較的楽ではあるので、メンバー構成で詰めの甘さを解消できるかどうか?というところには期待できるけど…かといって押し出された人気で信頼できるか?と言われると正直懐疑的。条件的にマイルなら時計が少し掛かる京都マイルというのは良さそうなんだけどね…イメージ的にはおととしのブラックムーンみたいな感じが一番チャンスはあると思うけど、人気の馬を展開次第でというのは愚策。場合によっては切ってもいいかなと思っている。

sponsored link

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけでなく、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。

 

うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

 

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
 
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
因みにこのアルゼンチン共和国杯の結果は憶えていますか?
 
コラボ指数が良い順に並べると
5ルックトゥワイス(3人気)
16アフリカンゴールド(1人気)
19ムイトオブリガード(2人気)
19ハッピーグリン(8人気)
28タイセイトレイル(5人気)
 
とりあえず指数上位馬のボックスで勝負してみたわけですが、、
 
結果
1着ムイトオブリガード
2着タイセイトレイル
3着アフリカンゴールド
4着ルックトゥワイス
 
え?
ほぼコラボ指数通りの結果に、、
見事いとも簡単に3連単23,070円GET!
 
もちろん人気順に決まったわけじゃありませんからね
これはすごい!
 
この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想もよく見返してみました↓
 
 
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋
重賞予想解説者:北条直人
 
恐るべし…
 
1番人気→6番人気→4番人気の決着を
サラリと三連単で当ててきたので、これは本物かなと
少し過去に遡って的中率を調べてみたところ、、↓↓
 
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

 

コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

 

コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

 

一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。

 

https://miraito.collabo-n.com

3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!

 

 「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 
 プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。

 

 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。