競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

アルゼンチン共和国杯 2019 追い切り・調教評価一覧

time 2019/10/31

アルゼンチン共和国杯2019の追い切り・調教評価一覧

※映像のある頭数が8頭しかいなかったのでnote・ブログで無料公開します

10/30(水)

3/アイスバブル 浜中

栗東 CW 稍 併走
85.6 68.7 53.4 39.7 11.9 外9 終一杯
 終い重点でハードに追われて直線しっかりと併走馬に食らいついてはいた。加速度は高いラップ推移、終い重点なのでもう少しというのはあるけどね。しっかりと動けてはいたけど、もうちょっと迫力が欲しかったので及第点まで。

5/アフリカンゴールド 助手

栗東 CW 稍 併走
84.4 68.5 54.0 39.9 11.9 外9 終軽め
 チップは動く馬なのであまり鵜呑みには出来んが、それでも促されてすっと反応してきたし、前肢は掻き込む感じだが四肢全体の動きの鋭さは良かったかな。気配を評価。

4/オジュウチョウサン 石神

美浦 南W 重 併走
67.5 52.7 38.9 12.2 外8 終強め
 終い重点で入線後も鞭が入って追われていた。前傾姿勢で力強く前肢を掻き込むスタイル、ピッチよくラストの加速度もなかなか。動き自体はまずまずいいと思うけどね。

3/タイセイトレイル 中谷

栗東 坂路 稍 併走
52.1 38.1 24.8 12.5 強め
 ん~全体ではまずまずの時計、ラストも併走馬が離し過ぎたしこの馬自身は12.3-12.5で多少減速した程度で留めている。ただラストまで一杯に追われているし、L2地点でまだ余力があった段階でもそこまで鋭さは感じなかったかな。悪くはないけど…という感じ。

4/ノーブルマーズ 高倉

栗東 坂路 稍 単走
53.0 38.4 25.3 12.7 終強め
 前走の方が動きそのものは良かったかなと思っているが、それでも前肢の伸び良く力強く掻き込めているし、この馬としては好調キープできていると思うけどね。

4/ハッピーグリン 池添

栗東 坂路 稍 単走
52.5 37.9 24.8 12.4 終一杯
 遊びながら入っているというか、池添が何度も矯正しながらまっすぐ走らせつつ。それでも追われてからはピッチも上げて力強く前肢を伸ばせているんだけどね。加速までは持っていけなかったが動きの迫力は感じた。

5/ムイトオブリガード 助手

栗東 CW 稍 単走
78.7 63.5 49.1 36.0 11.8 外6 一杯
 前肢をしっかりと伸ばせていて最後まで力強く駆け抜けていた。ハードに追われているし、時計は優秀。少し内を通したがラストまでラップ的には若干でも加速させているのは良いね。

3/ルックトゥワイス 助手

栗東 坂路 稍 単走
52.9 39.0 25.6 13.0 強め
 ん~まあ最後まで足取りそのものはしっかりとしていたがそれでも強めに追われて12.6-13.0と減速ラップを踏んでしまっている。坂路で走る方ではないがそれでもこの馬比較で見てもうちょっとラストの踏ん張りか、もしくはL2地点での迫力が欲しいという点では休み明けの影響を多少は気にするかな。及第点まで。

sponsored link

【独自取材トレセン無料情報】
アエロリットしっかり追いかけてましたね。
ートレセン”リアル”レポートー

【アエロリット】
同じ牝馬のアエロリットは毎日王冠で2着。この秋も順調な姿を見せている。最終追い切りは美浦Wコース。間隔が詰まっていることもあり、派手なアクションはなかった。馬のリズムを重視しながら、じっくりと感触を確かめるように駆け抜け、5F66秒5~38秒1~13秒3だった。テンションが高くなっている感じもなく、引き続きいい状態をキープしているように映る。年齢を重ねるにつれて、馬が随分と大人になってきた。「先週の金曜に1週前追いをやっている。これくらいで十分でしょう。馬場は少し湿った方がいいかもしれない。落ち着きがあって、状態はいいので」と菊沢調教師。強敵がそろっているが、この馬も虎視眈々といった様子だ。(終)
※同時にアーモンドアイとウインブライトも考察出てましたね。
☆ 毎週木曜19時頃更新↓↓毎週各馬独自情報ここでチェックできます(無料)
────────────────────────
2019.10.17【G1菊花賞】
サトノルークス(左)は富士S出走予定のジャンダルム(右)と併せ馬を行った
2019.10.10【G1秋華賞】
好気配のカレンブーケドールは国枝調教師も納得の仕上がり
2019.10.3【G2毎日王冠】
春のマイル王インディチャンプは万全の状態で秋初戦を迎える
2019.9.29【G1スプリンターズS】
タワーオブロンドンは仕上がり万全でG1初制覇へ視界良好だ
2019.9.22【G2神戸新聞杯】
ダービーで4着に敗れたサートゥルナーリアが巻き返しを期す
───────────────────(過去記事)
今週は重賞多いので取材班も大変でしょうね。各馬独自取材チェックしてみてください。
→毎週重賞独自トレセン情報を見る
過去記事も全チェックOK(無料なのでご安心を!) 無料メルマガ登録のみ!


競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。