競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

凱旋門賞 2019 予想:本命10ジャパン

time 2019/10/06

凱旋門賞2019の予想

パリロンシャン芝2400m
馬場想定:重~不、かなりタフな馬場想定

展開予想

 展開予想に関しては後程youtubeに動画でアップロードしますので、そちらを見ていただけたらと思います。

 そのうえで、やはりガイヤースが外からじわっと行くのかなという感じ。キセキはハナを切ったフォワ賞の内容がいまいちだとスミヨンが判断した場合、道悪の菊花賞の再現に近づける可能性もある。逃げるのはガイヤースになる可能性が高いのかな。キセキが2列目ポケットの可能性も。マジカルがジャパンの前で先導しつつ、直後に入れたいところだがそれをエネイブルとデットーリがどう考えて運ぶか。豊のソフトライトはゲートが非常に拙いので、陣営としてはラビットの意図はないと思う。想定としては重馬場である程度ペースが上がる、おそらくバランス的には前半の方が速くなる可能性が高く、パワー型の基礎スピードを求められる可能性が高いかなと。

予想

◎10ジャパン
○08エネイブル
▲11ソフトライト
△09マジカル
△12ソットサス
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ジャパン

 多分エネイブルが出るレースで初めてエネイブルで無い馬を本命にするかもしれない。最初の方は忘れたけど台頭してからはずっとエネイブルを本命にしていたからね。ただ、今回ジャパンを狙おうと思う。理由としては、今回は恐らく重~不良でかなりタフな馬場状態。そうなった時に最後までしぶとく踏ん張れることと、バランス的にある程度流れてもうやれるという能力が求められると。ジャパンの場合パリ大賞典が結構流れた状態でしぶとかった。個別の展望で具体的に書いているのでそちらを見てもらえればと思うが、ひとまず概算で62.19-60.00、日本式で61.2-60.0ぐらいの感じでそこそこの流れ、そこから23.54(FA11.77)-12.05-12.16-12.25というラップ推移でフォルス辺りが最速という早仕掛けでも先行策から最後までしぶとく伸びてきた。

 英インターナショナルSはラップがないので何ともだが、後半型の競馬になったと思うしその流れでクリスタルオーシャンを破ってきたのはインパクトとしては十分。ある程度流れてもやれるし、アスコットで渋った馬場でも3走前で圧勝してきた。英ダービーもL1でようやく伸びてくるような感じでエンジンのかかりがそこまでよくないが最後までしぶとくという馬。

 道悪で消耗する中でもしぶとく戦えそうというのと、やはりこれだけ雨の影響があると3歳馬の斤量というのが響いてきそう。この辺を踏まえると今年はジャパンから勝負したいと感じた。

○エネイブル

 強いのは間違いないし何よりもどんな競馬でも強いというのがエネイブルのえぐいところ。例えばキングジョージではアスコットの強烈な下り登りの舞台で61.6-63.7、日本式で60.6-63.7というような強烈なハイペースから12.8-12.9-12.0-12.6-13.4とL3最速で中団外から動いてクリスタルオーシャンを捕えてきた。またBCターフではマジカルとのマッチレースの展開、61.67-65.27と極端なハイペースから25.11-26.33-27.00-25.10と消耗しての直線再加速で2頭だけが明確に加速していたという中でしっかりとマジカルを目標に捕え切った。稍重で力の要る馬場でもやれているのは強み。

 一方で昨年の凱旋門賞では63.80-59.92、日本式でも62.8-59.9ぐらいで23.13(FA11.57)-12.39-11.88-12.52と後半の2段階加速、ポテンシャル戦よりという形でも好位からL2で加速する中ですっと反応して抜け出してくる。ギアチェンジも持っているし後半型でも前半型でも。ただ一点言えば、やはり今年は活きの良い3歳馬が多く、特にクリスタルオーシャンを破ってきたジャパンは手ごわいと思う。3連覇も見たいけど、今年は1倍台になるほど抜けているというほどではないかなと考えて対抗に。まあ大きく崩れることはないタイプなので、連軸としては良いと思うけど今年はジャパンで勝負したい。

▲ソフトライト

 武豊応援馬券…ではない。まあ応援したい気持ちももちろん強くあるんだけど、まず2点買える材料がある。一つはこの馬はなかなか出し切れないタイプなので道悪で渋って他が減速する形は良いんじゃないか、という点。もう一つはそういうタイプなので馬のケツを追いかけるクリスチャンより動く豊のほうがいいだろうという点。パリ大賞典でも日本式で61.2-60.0とそこそこ流れていて外からジリジリジリジリしか伸びてこないんだけど、L1もジリジリと差を詰めてきていた。個人的にはジャパンを評価しているというのもあるんだけど、パリ大賞典はそこまで時計が掛からなくて質的に前半から苦労していた印象があった。

 前走のドーヴィル大賞にせよ、オカール賞にせよ伸びてくるのは本当にL1で落ちてきたタイミング。これまでしっかりと出し切るイメージで乗られてこなかったので全体で流れた中で、力の要る馬場で前が消耗してのバテ差しというのは十分あり得るんじゃないかなと。3歳馬で斤量が軽いというのもいい。

△マジカル

 良馬場なら微妙なラインだったけど、道悪となったことで少し評価を上げた一頭。この馬は2400より中距離型の馬だと思っているが、BCターフで見せたように超ハイの流れの中でしっかりと食らいついてエネイブルとマッチレースに持ち込めているように、タイトな流れで前半のパワー型基礎スピードを要求されれば手ごわいと思う。後半勝負でとなるとヨークシャーオークスみたいな感じで決め手の差で圧倒されちゃうし、対エネイブルで見ても恐らく全体でバランス的に流れたほうがいいだろうと。道悪で各馬が牽制しあってドスローというのは嫌だけどジャパンもある程度流れたほうがいいと思うし、陣営もスローには落としたくないんじゃないかなと。タイトな流れなら怖い。

△ソットサス

 こちらもイメージ的にはマジカルに近いが後ろからの馬になるので捌けるかどうかやね。フランスダービーはラップが正しければ1100通過で1:02.2、かなりハイペースになるはずで、後半は12.3-11.7-12.1という感じでそんなに速いラップを要求されていない。流れた中での一足勝負という感じで中団から鋭く反応できていて、こういうタイプは割とマラソン的な競馬ができるイメージ。まあかなり軽い馬場だったと思うので力の要る馬場でどうかだが、3走前のシュレンヌ賞が道悪で圧勝できている。ニエル賞は正直そこまで評価していないし後半型の競馬よりも全体でタフな方がいいタイプだと思う。

日本馬…

 まあ今回は消した。一つはやはり道悪になると思うし、特に前哨戦のニエル賞・フォワ賞の段階である程度現実的に時計が掛かっていた印象なので、あの状況で雨が降って開催されれば欧州なら極悪馬場になるだろう。そんな状況で走れるイメージが正直わかなかった。

 キセキは菊花賞でド不良馬場でやれているんだが、結局アルアインやクリンチャーレベルなわけでね…。エピファネイアぐらい圧倒できていれば面白かったけど、個人的には道悪で人気になるぐらいなら本場の欧州組を狙いたい。もちろん馬券は別にめちゃくちゃ応援はしている。

sponsored link

 みなさん、この顔見覚えありませんか?
 
 
 「数学偏差値100超!慶大理工学部卒で超難関資格弁理士としても活躍する天才馬券師!」テレビ地上波等各種メディアにも最強の競馬予想家として取り上げられている「予想屋マスター」です。実際どんな予想家なんだろうと気になっていた方も多いはず。
 
 が、広告は恐らく見たことがないと思います。なぜなら、マスターの予想サービス「競馬理論」は人気が高く、常に入会待ちの方が行列をなしている状態。宣伝する必要はないのです。
 
 なのになぜここに広告掲載しているのか??
 
 ひとえに私が個人的に仲良くさせていただいているから!以前マスターのツイッターに、生意気にも質問してカラませていただいたところ、「会って話そう!」と誘われ、太っ腹にも歌舞伎町でウナギを奢っていただきました。
 
 基本的な競馬予想観が一致していることから、マスター主催のセミナーやバックヤードツアーにも参加させてもらい。なのでご無理を言ってこちらで紹介させてもらうことが可能に!褒めてくださいw
 
 
 実際彼がとっている予想法は、馬場読み・展開読みが中心なのですが、そのセンスが本当に抜群。あのアーモンドアイが敗れて波乱となった安田記念の予想的中もさすが!でした。その時の配布資料がこちら↓
 
 読みの鋭さ・センスだけでなく、あの最強馬アーモンドアイを切ってしまうという思い切りの良さが、場立ち予想家としても勝ち抜いていた勝負師ならではのもの。
 
 
 予想が当たるのはもちろんのこと、予想セミナー・バックヤードツアーや旅行企画など競馬を楽しむということにも取り組んでいる点も凄い。
 もちろんこれらに興味の無い方は参加する必要ありません。が、これ自体が信頼の証なのです。つまり、よく考えてみてください。他の会社と全く違い、予想している本人に会おうと思えば会えてしまうということ。予想に自信があるから、逃げも隠れもしないのです。この誠実さゆえ、会員さんがリピートし続けているのがよくわかります。
 
 
 あまりに予想が当たるため、以前JRAのオッズを大きく動かしてしまっていたことがあり、それでは会員の利益を損ねてしまうという考えから、今は入会者数を制限していて、入会抽選制です。
 
 ただ抽選応募しておけば、無料メルマガ会員になれますので、予想解説動画を見たり回顧記事を読んだりできるようになります。会員登録も、何度か抽選応募していれば、いつかは当たるはず。
 
 最近競馬が面白くなくなってきたという方、他の悪徳予想業者に辟易している方には、予想屋マスターさんのサービスは自信を持ってオススメできます。
 
 

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。