競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京成杯オータムハンデ 2019 予想:本命05ストーミーシー

time 2019/09/08

京成杯オータムハンデ2019の予想

中山11R 芝外1600m
馬場想定:良~稍、超高速馬場想定

展開予想

 明日は台風の影響が読めないところもあるが、恐らく開催中はそこまででもないかなと。稍重ぐらいまでは渋るかも?という想定でいる。あまりに想定と違う天気になったら正午過ぎ辺りで少し考えるかも。ただ基本的には変えない予定。馬場は土曜を見る限り極端に軽い。騎手の意識が追い付いていなくてL1最速というケースもしばしばあった。明日は流石に意識を合わせてくると思う。

 展開予想だがそこまでペースを作っていきたい馬自体は少ない。外からハーレムライン、プールヴィルといったところが主張しそうで様子を見ながら内に切り込んでいく。クリノガウディーなんかは恐らく前走を意識して抑えながらになると思うし、中目のトロワゼトワル辺りもノリなのでこの状況で思い切ってハナを狙ってくる可能性も高い。ペースは読みにくいし表で行くならそこまで逃げ馬がいないわけで外から様子を見ながらコントロールして47-45でかなりのスローが基本線。ただこれだけ土曜が軽いとなると意外と前を狙う馬も出てきそうで、逆にペースが上がってという意識も必要。45.5-45.5ぐらいのラインまでは考えて幅を持たせつつ入りたい。ただどちらのパターンになったとしても仕掛けはある程度早くなりそうかな。

予想

◎05ストーミーシー
○09グルーヴィット
▲11ディメンシオン
△04クリノガウディー
△10トロワゼトワル
×13プールヴィル14レインボーフラッグ
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ストーミーシー

 正直ここまで超高速馬場となると、事前の大枠の予想から少し外して考えないといけないなという感じはある。ある程度ペースが上がっても11秒前後のラップを後半で多少は要求されるし、おそらくだが3~4角でペースが上がってくると4Fで11秒前後を維持できないと…つまり多分競馬的にはロングスプリント能力を優先したほうがいいのと、それを高速馬場で最大限に効率よく引き出せる馬を狙うべきだろうと…考えるとストーミーシーになったと。

 前述している通りスローバランスになってもやれる必要がある馬で、その点ではマイラーズCだけやれれば中山マイルなら大丈夫だと思う。超々高速馬場で異次元の競馬になったが48.5-44.1と後半4Fでレースラップが44.1と極端。12.5 – 11.8 – 10.9 – 10.3 – 11.1とラップ的にL2で10.3とえげつない速度が求められているトップスピード戦で中団内から直線前にスペースがあり追い出されるが切れ負けしてというのは想定内。大事なのはL1で減速しているところでしっかりと伸びかけているというところ。トップスピードに乗って速いラップを連続するのが得意なタイプで瞬間的な切れ味よりも早い段階でスピードに乗ってしまいたいという点では3~4角からの競馬になりやすい中山マイルは良いはず。こういう馬場の中山マイルはアドマイヤムーン産駒でというのもあるし、前走の朱鷺Sが新潟1400らしい34.8-34.7と平均からの11.4 – 11.8 – 12.0 – 11.2 – 11.5と2F戦で包まれた状況から直線外から勢いをつけつつL2の地点でも差を詰め始めていたしL1の伸びは言うまでもない。今のこの馬は充実期にあると思っているし、大野もこの馬でやるべきことが分かってきた感じ。エンジンさえかかってしまえばの馬で、超高速馬場で仕掛けが早くなるパターンならこの馬で良いと思う。有力どころに超高速馬場でのロングスプリント適性で不安のある馬も少なくないからね。

○グルーヴィット

 ん~まあ要するに信頼するのはちょっと危険で本命は打てないけど、未知数な面を除けばやはり軽視できないという点での対抗。まずNHKマイルCはL2の地点で勢いが付き始めたところで壁に突っ込んでブレーキ気味になったのが響いたと思うし、45.8-46.6と流れた中で中団で入って脚を使って11.9 – 12.0 – 11.3 – 11.3 – 12.0のラップ推移でL2では伸びかけていた。まともならと思える競馬だし、その点ではNHKマイルC組の中では厳しい流れに明確に対応できたといっていい。

 そのうえで前走の中京記念も46.7-46.9と流れて11.4 – 11.3 – 11.4 – 11.9 – 12.3とコーナーでも淀みない中で中団外から正攻法でしぶとく差し込んでの勝利。ファルコンSが中京1400で34.2-35.0とハイペースから11.4 – 11.7 – 11.5 – 11.6 – 11.9と淡々とした流れで中団外からこれもしぶとく伸びてハッピーアワーには差されたが脚は使ってきた。基礎スピードは持っているので後は超高速馬場適性で質的にどうかというところだけ。

▲ディメンシオン

 ちょっと悩んだんだけどね。超高速馬場まで入った時に質的に通用するかどうか。ただそれは前走の新潟の関屋記念で46.5-45.6と適度なスローから11.8 – 11.5 – 11.8 – 10.8 – 11.5というラップ推移、中団外からの競馬で3~4角でもロスがあったが最後までしぶとく伸びて前との差は詰めた。ミッキーグローリーには完敗だが、この競馬でしっかりと後半型の競馬で良さも見せたし後半4Fで44秒台の脚を使えているというのは大きい。

 ターコイズSが45.5-47.2とかなりのハイ、外枠から好位の外を取って3~4角でもロスがありながら11.3 – 11.5 – 11.8 – 11.7 – 12.2のラップ推移でしぶとくL1まで食らいつく形で5着。4角出口で少し置かれ気味からの盛り返しでこれは意外だったが良く踏ん張れているし、プリモシーンやミエノサクシード辺りとの比較で見ればかなり強い競馬をしているからね。このメンバー構成なら本来地力で見劣らないし、超高速馬場で時計的に詰められるかだが前走の内容を評価して単穴で。

△クリノガウディー

 本当はここまで超高速馬場となるとちょっと悩んだんだけどね。消してもいいかなという感じではあるが、一応前走の中京記念で前半無理せず46.7-46.9からの11.4 – 11.3 – 11.4 – 11.9 – 12.3と淀みない流れでグルーヴィットの後ろからしっかりと最後まで脚を使って差を詰めてきたのは評価した。3~4角で内を立ち回れそうなのは器用な馬なので良いんだが、今回は外から内に切り込んでくる馬も多いし最序盤で後ろからと考えていると想定以上に下がるリスクもある。また3~4角でペースが上がって後方でとなるとロスなく立ち回ったとしても脚を使って追走しないといけないので甘くなるリスクもあるなと。そんなにいい脚を長く維持できるタイプでは無い、敢えて言えばロングスプリント型ではないように感じているのでその辺がカギ。

△トロワゼトワル

 基礎スピードを持っていて一足も使えてという中で展開が読みにくくノリの思い切った逃げとペースをコントロールできた時が噛み合っての連下狙い。2走前の春興Sでは47.8-45.9とかなりのスローから11.7 – 11.8 – 11.6 – 11.4 – 11.1とL1最速で2列目ポケットから我慢しつつL1の坂の登りで前が加速する中で差を詰めてのクビ差2着は立派。ギアチェンジを持っていて近走を見ても基礎スピード面での不安が少ない。ゴリゴリになると逃げるには流石に厳しいのが中山マイルだが、前半無理なく入れて3~4角でロスなく立ち回れればの怖さはある。

×プールヴィル

 NHKマイルCは45.8-46.6とややハイも前半3Fがかなり速くこの馬自身は34.3で入って11.9 – 12.0 – 11.3 – 11.3 – 12.0と中弛で我慢しながら直線の加速となった。L2あたりまでは踏ん張れていたし内容的には悪くない。平均で流れた中で良さが出たフィリーズレビューというのもあるし、外枠は嫌だが思い切っての先行策で3角までに内目を通せれば。

×レインボーフラッグ

 この馬は掴みづらいところもあるんだが、エンジンが掛かってくれば結構最後までいい脚を維持するのと、高速馬場での時計勝負は案外やれる。4走前の晩春Sなんかはもうちょっと距離が欲しいなという感じで、33.6-34.3とややハイも中団馬群の内目で進めながら少し追走に苦労して直線後方の中目からL2で外に出す。そこからL1にかけていい脚を使ってジリジリと伸び続けていたが位置取りが悪すぎたし10.9 – 11.6 – 11.3 – 11.3 – 11.7のラップ推移で前も落ちてこなかった。中京記念がロスがあった中で悪くない差し込みだし、単調に流れる中山マイルで一発を警戒。

sponsored link



先週も各社の予想結果を見てみましたが、ここが無料のキャンペーン予想を的中していました!

【無料予想】
9/1小倉3R《ワイド》
・6-8 3000円・8-13 2000円
8-13が的中!3.1倍×2000円=6200円払戻!回収率は124%!
実際に配信された画像はコチラ!



【札幌2歳S3連単16点】
5番人気→3番人気→2番人気の入線。3連単894.6倍×400円=357,840円の的中で回収率は5591.2%!単勝29.4倍のブラックホールを16点に組み込む予想は素晴らしいですね!
【新潟記念】
2番人気→6番人気→8番人気の入線。3連単1050.9倍×600円=630,540円の的中で回収率は7,006%!8番人気のカデナを15点内に組み込んだ予想は見事でした!

今年の夏競馬も素晴らしい成績を残しています。
・北九州記念20点500円→589,500円・札幌記念8点1300円→131,950円
・エルムS24点300円→429,000円・レパードS32点200円→558,080円 



ハイランドピーク10人気やロードヴァンドール12人気など少点数内にこうした穴馬を組み込んだ予想が出来るのはココだけだと思います。今週は紫苑SとセントウルSの無料情報を公開。重賞予想は好成績を残しているので私もチェックしてみたいと思います!
紫苑Sの買い目(無料版)確認はコチラ!&セントウルSの買い目(無料版)確認はコチラ!
登録後の確認メールをクリック!秋競馬初めの重賞レースを的中させ今後へ弾みをつけたいですね!


競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。