競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中京記念 2019 予想:本命16キャンベルジュニア

time 2019/07/20

中京記念2019予想

中京11R 芝1600m
馬場想定:良~稍、やや高速馬場想定

追加

 日曜当日の馬場を見るとどうも想定よりかなり重い印象。まだわからんけど、プリモシーンを少し下げるかもしれません。

 印を少し変えました。プリモシーンを△、グルーヴィットを○に、×ツーエムマイスターからヴェネトに変更します。文章はそのままですが、高速馬場でのロングスプリントが最大の持ち味であるプリモシーンにとってはちょっと重い馬場になると思うので、ちょっと不安が大きくなったというところです。

展開予想

 土曜の馬場を見ても、最終はおそらく標準ぐらいまで回復している可能性が高い。まあ上位2頭が抜けていたけど、このレベルなら32秒台はもちろん視野に入ってくると考えるべきだろうなと。

 展開予想に関してはyoutubeにアップロードしているのでそちらの方を見てもらえたら幸いです。そのうえで、このメンバー構成で枠を考えてもグランドボヌールが包まれたくないだろうからハナを主張しそうだし、ツーエムマイスターも競っていきつつもグランドがどうしても譲らないなら番手でいいと思う。その2頭を見ながらコスモイグナーツ。内からはクリノガウディー辺りが先行すると思うが、大外のキャンベルジュニアがこの枠からどこまで序盤の内にポジションを上げてくるか。ペースはそこまでは上がらないだろうと思っている。単騎逃げ馬が飛ばす可能性もあるが、一応イメージ的には47-46ぐらいで、スローバランスの可能性の方が高いかなと。

予想

◎16キャンベルジュニア
○07プリモシーン
▲06クリノガウディー
△02エントシャイデン
△05グルーヴィット
×08ツーエムマイスター15ミエノサクシード
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎キャンベルジュニア

 外枠を引いたし微妙だなと思ったけど本命にした。まず人気がなさ過ぎてびっくり。盲点になりそうだなとは思っていたけど現時点で単勝オッズ47.6倍の13番人気になるような馬ではない。この馬の場合高速馬場への対応力もある馬で、昨年京王杯SCでは34.2-34.1と平均から11.0 – 11.2 – 11.2 – 11.2 – 11.7と11秒前後を連続するロングスプリントの競馬に中団外目で進めながら直線L2の地点で抜け出しかけたところをL1でムーンクエイクに差された。ただサトノアレスには先着できているしレベル的に考えても高いパフォーマンスだったはず。もう一点、ダービー卿ではヒーズインラブに差されはしたが46.2-46.0と平均から11.2 – 11.2 – 11.3 – 11.9 – 11.6のラップ推移で2列目ポケットから直線すっと反応して早めに並びかけているしL1もしぶとく踏ん張っていた。ヒーズが完璧に捌いたのはあるし、この馬としてもこの流れで先行して脚を引きだせているように基礎スピード面で良いものを持っている。

 マイルぐらいが合っている感じはあるし、1200でも力の要る馬場だったキーンランドC、渋ってある程度時計がかかったスプリンターズS、高速カーバンクルSと馬場が軽くなるにつれて追走で苦労していた印象で1200は短い。この条件で外枠ではあるが先行勢そのものは少ないレース。プリモシーンより前を取るのは絶対条件だが、力の要る馬場でも軽い馬場でも比較的長く脚を使えてマイルなら高い基礎スピードも持っている馬だからね。流れに乗っていければ一発十分の力は持っているはず。

○プリモシーン

 もうちょっと馬場が悪ければ連下ぐらいでというところ、土曜を見ても軽く普通に32秒台の決着になりそうなので信頼度は高いだろうと。個人的にはターコイズSで甘くなったように現実的に力の要る馬場で45.5-47.2とかなりのハイまで上がるとバランス的にスローに持ち込めないので良さが出ないという感じ。この馬の最大の持ち味は高速馬場でのロングスプリント適性で、効率よく速いラップを維持できるのが強み。それが最大限に出たのが前走のヴィクトリアマイルで、44.8-45.7とややハイながらも11.1 – 11.3 – 11.2 – 11.5 – 11.7と後半速いラップを前のアエロリットがある程度維持する中でこの馬としては11秒前後を連続するような感じの脚の使い方で上がり33.0。L1まで伸びてきていたが、こうやって超高速馬場で速いラップを連続するのが得意なんだろうと。ダービー卿でも45.1-46.6とハイペースだったがこの馬自身は少し離れた中団で3~4角のロスも少なめに、内目から外に誘導して最後まで伸びてきた形。バランス的にはスローで入れていて、こういう競馬ができれば崩れないかなと。

▲クリノガウディー

 もう一度狙いたい。雨の影響で前半の意識が少し落ちる可能性は高いと思う。土曜を見ると意外と仕掛けの意識が落ちていないのでそこがネックだが、仮に3~4角でペースがじわっと上がったとしてもこの枠ならほぼ最短距離を通せそう。この馬の最大の武器は加速過程のギアチェンジ面にあると思っている。朝日杯FSでは47.7-46.2とスローからの12.4 – 11.8 – 11.3 – 11.2 – 11.9とL2最速戦。ここで3列目の内、4角出口で少し不利がありながらも直線で進路を取ってからすぐに伸びてきてアドマイヤの後ろから差を詰めていた。L1では少し甘くなってしまったが一瞬の足という点では良いものを見せていたと思う。ここの上位もハイレベルだったはずで、この一戦だけやれれば本来もっと上に行ける馬。

 NHKマイルCも良とはいえ雨で渋って標準ぐらいの馬場だったと思っているが、45.8-46.6とややハイまで流れた中で番手で追走したのと、11.9 – 12.0 – 11.3 – 11.3 – 12.0とL3最速タイで仕掛けも早かったというのは大きいかなと思う。L1まではいい感じだったし。前半もう少しゆったりと前を取れて、3~4角で内内で仕掛けを待てる立場から一瞬の反応を活かせれば。

△エントシャイデン

 基本的にはスローのほうがいいと思っているので、今回の条件では少し怖いところはあるかな。内枠を引けたのもいい。3走前の阪急杯が34.4-34.6と平均から11.2 – 11.3 – 11.3 – 11.3 – 12.0と淀みない流れで大外枠から後方外目を追走しつつも直線で中目を取ろうとしてブレーキ、そこから外に出しての伸びで5着まで食い込んできていて脚色は目立った。この感じならトップスピード戦でなくても大丈夫だと思う。安田記念は高速馬場でポジションを取っていったが11.3 – 11.2 – 11.1 – 11.2 – 11.6とコーナーで速いラップを維持する流れの中で外目を回されたのも響いたと思う。高速馬場で速いラップを踏むこともあるが、4~5Fと長くロングスプリントで維持するのはここ2走から苦手っぽいし、3~4角でロスなく立ち回って末脚を引きだせれば。

△グルーヴィット

 NHKマイルCは完全に進路を作れずに周旋してしまったが、45.8-46.6、マイルで標準馬場でのハイペースに流れに乗って脚を引きだせそうだったことを考えても適性的にはフィットしてそう。スローで後半型の競馬になった時にどこまでやれるかという面はあるが、ゲートも安定しているしこの枠ならある程度良い位置を取れると思うので。

×ツーエムマイスター

 前走のパラダイスSでも積極的に狙った馬だが今回も面白いんじゃないかな。この馬は意外とスローに支配して要所で一足を使ってくる馬。前走も35.8-33.9とかなりのスローバランスで11.8 – 11.6 – 11.1 – 11.1 – 11.7と3F勝負に持ち込んでの粘り込み。ペースを支配できた方がいいし、前走の馬場でこのラップを踏めているように力の要る馬場でもトップスピード面を引き出せるタイプ。あとはグランドボヌール次第だが、この馬としては無理のないペースで番手でもいいと思うしそこで一足を使って軽ハンデでとなれば3着圏内ぐらいはあっても驚けんと思う。マイルはちょっと長いので、馬場が渋ることで紛れが生じれば(ペースの割に単騎気味で進められるとか)。

×ミエノサクシード

 ちょっと悩んだけど、京都金杯3着を考えるとやっぱり保険的には押さえておきたい。良でも力の要る馬場で47.5-47.4と平均ながら12.2 – 12.2 – 12.0 – 11.5 – 11.7と2F戦の流れで中団外からジリジリと伸び続けての3着。相手関係を考えても結構やれたと思うし、これまでトップスピード戦向きだと思っていたけど、この感じなら全体である程度流れてもというところ。ヴィクトリアマイルは内内でスムーズに進められたのもあるので何ともだが、マイルの流れも合ってきた感じはあるので押さえておきたい。



また先週もやってくれましたね!無料予想的中!
実際配信されてきた買い目がコチラ→↓↓

▼7/13(土)中京1R三連複予想▼

三連複7-9-11 1,550×500=7,750円的中!1→3→6人気の3連複を軸の9ボナパルト1着で的中◎

▼7/6(土)中京10R濃尾特別ワイド予想▼


ワイド12-14 870×3,000=26,100円的中!5000円投資でしっかり+21,000円!3番人気と6番人気のワイドを2点で的中はさすがとしか言いようがありません!
そしてCBC賞週から好調継続ですね!
CBC賞週・総投資:20,000円(4鞍各5000円)・総回収:64,400円・回収率:322%!!
この週は全的中!桜花賞、皐月賞、フローラSから7月前半もずっと調子よすぎなんです!
今週は【中京記念】含めた4鞍にまた期待しちゃいましょう!ワイドの買い目がきたら鉄板というのはもうみなさんご存知ですよね?!
はじめての方は無料メルマガ登録しておき、当日バタつかないようにお早めにエントリーしておきましょう(まずは無料予想から、そして注目はここの重賞セットプランなので要チェックです!)


競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。