競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ラジオNIKKEI賞 2019 予想:本命16アドマイヤスコール

time 2019/06/29

ラジオNIKKEI賞2019の予想

福島11R 芝1800m
馬場想定:稍~重、ややタフな馬場想定

展開予想

 天気は当てにならないけど、土曜を見る限り時計がそこそこにはかかっていて、おそらく標準ぐらい。明日は雨の影響があるとして良化することはないわけなので標準以上に時計がかかるイメージでは入りたい。

 展開予想としてはヒシイグアスがある程度主張しそうだがミルコだし出負けするリスクもある。外のランスオブプラーナは大外なので下ってスピードに乗って1角に入っていく流れで思い切っていけるかどうかやね。雨も読めないけど予報通りなら降るらしいから(全くあてにはならないが)悪化するようなら意識的にも難しくなる。とはいえダディーズマインドやディキシーナイトといったところが内からある程度先行してくることを考えれば外から良い位置を取らないとというところで主張しそうな感じはあるけどね。土曜の馬場だとメインの段階で33.7-34.7で1秒のハイで1:08.4が準OP。レベルの問題はともかく水準ぐらいの馬場でそこまで悪くはなかった。そこから雨次第でどこまでというところだが、土曜通りなら47.5-12-47.5で1:47.0ぐらいを想定したい。あとは正直雨次第だが、福島はすでに降っているから、おそらく悪化する可能性は高いと思うしイメージとしては48-12-49ぐらいでバランス的にはハイになると思う。どこかで緩むかもしれんが。パワー型基礎スピードと、いつもよりは中距離的なイメージで。マイル戦ベストの馬だとちょっとしんどいかも。

予想

◎16アドマイヤスコール
○03ダディーズマインド
▲07インテンスライト
△02マイネルサーパス
△05ディキシーナイト
×08ザヴォワールエメ14ブレイキングドーン
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎▲軸○△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎アドマイヤスコール

 蓋を開けてみないとオッズは読めないなとは思っていた一戦だが、天気がまだはっきりしない前日の今の段階ではアドマイヤスコールを狙いたい。最終的な人気はわからんが、今の段階で単勝14番人気というのはさすがにないかな。この馬は割と全体で流れる競馬は合っていると思う。2走前の水仙賞が59.5-60.6とややハイの流れ、これを中団とはいえ追走しながら3角では中目、4角で大外に誘導して突き抜けた。12.0 – 11.8 – 12.0 – 11.8 – 13.0とコーナーで速いラップをある程度連続していて、ここで4角で外から勝ちに行って突き抜けた。ある程度現実的な馬場で基礎スピードが問われてやれているのは強みだと思う。

 前走の青葉賞はラストで甘くなったが個人的には印象はいい。稍重だが力の要る馬場になっていたし、59.9-61.0とリオンリオンがかなり引っ張っていた流れの中で少し離れた番手から折り合いは微妙な感じ、12.3 – 12.2 – 12.5 – 11.6 – 11.8 – 12.9のラップ推移、直線前半までは結構いい脚を使っていてL2途中ぐらいから甘くなった。このペースを追走して一足を使えているなら基礎スピードそのものは見せていたと思う。逆に終いが甘かったので距離の問題じゃないかなと。東スポ杯でもスローからのロングスプリント的競馬になった中で中団のかなり外を回していたのも響いたし、あのレースは内有利だったのは個人的には確定しているので外から甘くなったのはさほど気にしなくていいと思う。総合的に見ても高いレベルで戦えていて、力の要る馬場でもやれていて厳しい流れでもいい馬、となるとこの馬かな。開幕週でも比較的外差しが利いていたのも追い風だと思う。内有利の馬場状態だとこの枠はしんどいけど、展開・馬場も読みにくい中でノリが乗っていてというのは個人的には良い材料だと思うし。14番人気には最終的にならないと思っているけど、それでも想定から考えるとかなり人気薄だなという感じ。

○ダディーズマインド

 相手はダディーズマインドにした。この馬は3走前の水仙賞でアドマイヤスコールに敗れたが、59.5-60.6とややハイから12.0 – 11.8 – 12.0 – 11.8 – 13.0と割と淡々としていてL1が失速する流れだった。そこで番手から一瞬は足を使って先頭に立っている。L1が甘くなったことからも、この感じなら流れるケースそのものはいい。皐月賞でも59.1-59.0と平均、12.1 – 12.2 – 11.7 – 11.6 – 11.4のラップで番手から一瞬は先頭に立つ感じ。L1の坂で甘くなっていて前が加速するなかでそこまでの余力はなかった。ただL2の地点では加速できているわけでこの感じならもうちょい距離は短くてもいいだろうし、全体で流れたほうがこの馬としては相対的に足を引き出しやすいかも。基礎スピードを高いレベルで見せているし高速巧者というだけではないと思うのでこの馬をきんもくせい特別組では最上位に取った。

▲インテンスライト

 馬券的に怖いなと思うのはこの馬かな。ある程度高いレベルで戦えていてドスローだったがセントポーリア賞でも12.8 – 12.6 – 11.1 – 11.0 – 11.6と3F勝負で番手から反応良くL2でカントルと並んで一気に抜け出した。L1は甘くなったが一瞬の反応がいいタイプなのは父譲り。それでいて前走のプリンシパルSでは東京2000で60.1-58.2とかなりのスローからの12.1 – 11.9 – 11.4 – 11.1 – 11.7とL2最速の流れで外からの競馬、そこまで反応できなかったがL1までじりじりと伸びてきていた。

 個人的に面白いのが2走前で、中山マイルで稍重、47.9-47.1と稍スローも12.1 – 12.2 – 11.7 – 11.4 – 11.8とL2で加速という競馬で番手からすっと反応してきた。基礎スピードが問われてもしっかりと息を入れて最加速で鋭くという反応ができている。前半要素が問われてもやれるんじゃないかなと。雨が降る想定も必要で、馬場が悪化するのもあるが騎手の意識もばらつきが出て展開の振れ幅が大きくなる。そういったところに対応できる総合力を見せているのは大きい。その点も踏まえて単穴で狙いたい。

△マイネルサーパス

 きんもくせい特別を考えれば本来は期待していい馬だと思う。ただ、プリンシパルSがちょっと物足りなかったので単純に2歳秋ほどに状態面を持っていけているかどうか。きんもくせい特別は47.3-46.9と平均から12.0 – 11.6 – 11.9 – 11.7 – 11.7と4F勝負で後方外から脚を使い流らL2で鋭く伸びて2列目に押し上げてという感じで2段階的に加速する競馬できていたのは大きい。ただ、高速馬場だったことで自身は36.7-34.2とかなりのスローバランスで入って後半特化の競馬はしている。強い競馬だったとは思うが、馬場が悪化すれば全体でハイになった時にこの馬も前半で脚を使う可能性は出てくる。今のところ高速馬場での実績のみだし、ここ2走がそこまでよくないからね。その点を踏まえて連下までとした。

△ディキシーナイト

 スプリングSの内容がいいし、きんもくせい特別でも2列目の内からロスなく運んだとはいえしぶとく食らいついてきた。スプリングSは47.9-47.8と坂スタートの中山1800としては平均と結構流れた中で好位からしっかりと一足を使ってきた。12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.6 – 12.1とL2最速で悪くなかったし、ここでペースがある程度流れても対応はできるはず。内の馬場がもう少し開幕週らしければというところだが、土曜を見ると外も来てたので連下にしておく。

×サヴォワールエメ

 51kgと軽量で戦えるのもあるが、瞬間的な切れ味を要求されないほうがいいタイプなので前走の白百合Sで人気を大きく落とすなら狙い目だとは思う。2走前の阪神2000m戦は悪くなくて、63.0-59.6と超スローだが12.5 – 12.2 – 11.3 – 11.6 – 12.0とL3最速の流れで仕掛けを早めて逃げ切っている。結構長く足を維持できていて、分散する形で良さが出た。基礎スピード面の不安はあるものの、阪神JFでは47.1-47.0と平均で流れている中で出負けして後方からになったが自分の足は使ってきていた。福島で土曜の馬場通でも後半で速いラップを問われることはまずないと思うし分散しながらの競馬で良さが出ていたので大穴で警戒したい。現時点最低人気のウインゼノビアもノーチャンス(クローバー賞が低レベルだが内容的にはかみ合いそうなところもある)ではないと思うぐらいの構成なので、お遊びで最低人気3頭の3連複BOX買ってもいいかもしれんね。

×ブレイキングドーン

 まあ前述のウインゼノビアと悩んだ面もあるんだけどね。ただブレイキングドーンは一応どういう競馬でもそこそこやれている。弥生賞では重馬場で61.8-61.5と平均で流れた中で12.3 – 12.2 – 12.1 – 12.3 – 12.6のラップ推移、淡々とした流れの中で後方外からしっかりと一足は使ってきた。皐月賞・京都新聞杯では後方で追走に苦労しつつ自分の足は使ったがという感じで、ある程度高速馬場だと追走に苦労していた感じ。弥生賞の内容からも道悪で福島の緩い3角である程度早めの仕掛けになり、前が落ちてくれればというところはあるかな。

sponsored link



競馬学会」の今週の無料配信は『ラジオNIKKEI賞
先週のこの無料買い目予想で宝塚記念の回収率『272%

【宝塚記念3連複的中!】
絶好調レーンJに導かれ見事な優勝を果たしたリスグラシュー。G1馬にデムーロJ騎乗で6人気と少し舐められていたスワーヴリチャードをしっかり買い目に入れて的中です!回収率は『272%



競馬学会さんはこの春重賞で絶好調。こちら↓がその実績です!



先週のスワーヴリチャードよりもオッズがついた穴馬のリナーテやクロコスミア、ロジャーバローズなどを買い目に入れて神がかった予想を続けています!夏競馬はハンデ戦が多くなるのでこれらを超える大穴の激走を競馬学会さんなら見抜いてくれるはずです!
無料でラジオNIKKEI賞の買い目を見る!
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。