競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ユニコーンステークス 2019 出走予定馬:ノーヴァレンダ&北村友騎手想定

time 2019/06/12

第24回 ユニコーンステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2019年6月16日(日)
コース:東京ダ1600m

予想用・出走予定馬一覧

ノーヴァレンダ(北村友騎手想定)

 メンバー中唯一のJpnI勝ち馬、全日本2歳優駿の覇者ノーヴァレンダがユニコーンステークスに出走予定だ。前走の伏竜ステークスでは期待を背負いながらも5着と伸びあぐねた。実績のある1600mの舞台で一枚上の実績で復活となるか。

※この記事はブログ無料公開対象です

 全日本2歳優駿は今の時点で考えると相手関係はやや恵まれた面はあったかもしれないなと。川崎マイルでも割と4F戦よりだった。東京のマイルで小器用な加減速ができるかどうかと、芝スタートが課題ではあるね。

全日本2歳優駿(JpnI)1着

川崎ダ1600m重 14頭7枠12番
1:42.8 50.7-52.1 H^1
12.2 – 12.1 – 12.4 – 14.0 – 12.1 – 12.7 – 13.8 – 13.5

 2走前の全日本2歳優駿から振り返る。重馬場ではあったが時計は掛かっていた状況。その中でペースは1.4とハイペースだが、川崎らしく1~2角でペースダウンして向こう正面からのL4最速でロンスパの傾向の方が強いと思う。

 12番枠からまずまずのスタート、そこから様子を見ながらじわっと内に切り込んでいって番手でレースを進めていく。道中も逃げ馬の外でプレッシャーをかけながら向こう正面でロンスパの流れに持っていく。3角では逃げ馬の前に出て抑えながら直線。序盤でしぶとく踏ん張って絡んできたガルヴィハーラを競り落とすと、L1で伸びてきたデルマルーヴルとの一騎打ちを何とかアタマ差で凌いだ。

 ここは楽な感じで先行してレースを支配していたが、それでも前半から基礎スピードをある程度要求される競馬に。そこから後半のロンスパの流れでも楽な感じで前にプレッシャーをかけながら抜け出してしぶとく粘り込む形。ただデルマルーヴルやメイクハッピーのその後がイマイチなのが評価としては難しいところ。ヒカリオーソが東京ダービーを勝っているものの2000に延びて、という面もあるし評価が難しい。ギアの上げ下げといった点そのものはできていたと思うんだけど、府中で求められる11秒台の脚を使えるかどうか、という点での不安はある。

伏竜S(OP)5着

中山ダ1800m良 8頭3枠3番
1:54.6(+1.4) 50.8-50.2 M
12.8 – 12.2 – 13.0 – 12.8 – 12.2 – 12.2 – 12.4 – 12.7 – 12.9

 前走の伏竜Sでは期待を背負いながらも5着と完敗を喫してしまった。中山の1800m戦らしく平均ペースからの後半の5Fのロンスパ戦で後半はポテンシャル勝負。一応前半の基礎スピードもある程度は問われている。

 3番枠からまずまずのスタートから促しつつ楽に先行争い、外の逃げ馬を行かせて外に出したかったが蓋をされるような感じなので2列目の内ポケットで進めていく。向こう正面でペースアップしたところで手が動いて3角だが、3角でもかなり手が動いていて追走に苦労。4角でも押して押してだが手ごたえ悪く2列目内をキープするだけで直線。序盤でそこからも追われて鞭も入るがジリジリ後退、5着完敗だった。

 L1での踏ん張りも物足りなかったし、何より全日本2歳優駿ではどの地点でもかなり楽な手ごたえで入れていたのが全く見せられなかった。相手も強敵だったとは思っているが、それにしても良いところが全くなかったというのは気がかりかな。包まれたのは初めてでその中での追走で苦労していた可能性はあるが、ラップ推移的にも5Fのロンスパで最内を立ち回って割とスムーズだったし、もうちょっと踏ん張ってほしい…というか3~4角では楽な感じでくらいついてほしかったというのが本音。

未勝利戦1着

新潟ダ1800m重 10頭7枠8番
1:54.9 52.5-49.2 S^3
12.9 – 11.5 – 13.5 – 14.6 – 13.2 – 12.5 – 12.9 – 12.0 – 11.8

 未勝利戦が加速という点では面白い内容だったのでこれを振り返りたい。新潟の1800m戦で重だったがそこまで高速ダートだったというほどではない。その中で超スローからの2F戦。

 8番枠からまずまずのスタート、楽に二の足でハナを主張できるレベルで、内の馬が抵抗してきたので行かせて番手。そのままペースをドスローでコントロールして3角。3~4角でも仕掛けを待ったままで直線。序盤ですっと伸びてくるが、突き放したのはL1.ここでしっかりと2番手のモズダッシュスターを突き放してきた。

 ここではスローでギアは落としっぱなしから直線に入って一気に加速という競馬が問われた。そこで番手からしっかりと反応できたしL1最速で11.8とある程度速いラップを踏んできた。ただこの時点ではこれで十分だなと思うが、流石に現時点で強敵が揃った中でとなるとL1の11.8という程度だけでは何とも言えない。レースレベルも低かったからね。

ユニコーンステークス2019への展望

 実績上はGI級の馬ではあるんだが、現時点での力関係を考えると優位とまでは言えないかな。ただ前走の伏竜Sは正直あそこまで伸びなかったのはかなり意外ではあり、内で包まれたのが影響した可能性はあるので巻き返すとしたら外目の枠のほうが良いかもしれない。まあ、それでもここで強く狙うにはリスクが多い馬ではあり、まずゲート・二の足の速さはダートスタートでしっかりと見せてきてそこで優位性を作っているだけに、芝スタートに変わっての不安はある。また前述の通り前走の伏竜Sが包まれたのが原因であればやはりそういう競馬になる内枠では不安がさらに増す。

 力関係でみても全日本2歳優駿組のその後があまりよくないし、この馬自身も前走の伏竜Sで5着と完敗。トップスピード戦でも新馬戦でそれなりにはやれたが超スローから11.8、というだけではレベル的にも微妙でここにきて強く推せるほどではない。まあギアの上げ下げそのものは悪くないと思うので、外枠ならある程度力を出し切りやすいかなと思っているが、色んな部分を考えても今回は馬券的には手を出しにくいかな。レースメイクが必要な馬で北村友一で淀みやすい東京マイルということを考えてもなかなか上手くレースを作ってくるイメージはわかないかな…。



プロ馬券師所属「JHA」さんの6/9(日)的中速報◎

▼06月09日(日)的中速報◎▼
■池野新 阪神1R3歳未勝利 ダ1800m
3連単⇒2,354,600的中!
→11人気グレースゼット1着入線的中!
■豊田弘子 東京7R
3連単⇒809,900的中!
→16人気アリスカン3着入線的中!
■諸積優衣 阪神4R
3連単⇒488,250円的中!
→8人気メイショウヒカル入線的中!

さらにJHAは毎週土日1鞍ずつ無料予想配信!先週の無料予想の日本ダービー的中!
12番人気ロジャーバローズをしっかり買い目に入れて的中!購読者の方々から的中報告が相次いでいました。実際前日夜配信された買い目がコチラ↓↓


毎週の無料情報やプロ馬券師の予想が受け取れるのは登録した方のみ!まずは無料登録後に無料予想から入って、有料プランに移行するのもいいかもしれませんね!
木曜夜の馬券師お試し依頼もチェックしてみてください!
今週は土曜ジューンS、日曜ユニコーンS(G3)を無料配信!
無料でJ.H.A.さんに登録はこちらから!!

メール送るとURL戻ってくるのでそれをCLICKしログインしてみてください。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。