競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

オークス 2019 予想:02クロノジェネシス

time 2019/05/18

オークス2019の予想

東京11R 芝2400m
馬場想定:良、超高速馬場想定

展開予想

 まずは展開予想動画を見ていただけたら幸いです。

そのうえで、土曜を見ていると結構内を開けて走っているようで、特別内が悪い感じもしないという少し読みにくい状況ではある。予想は大体の形で固めつつ9Rまで我慢して決めた。ラヴズオンリーユーをどうするかでちょっと悩んでいたんだけどね。

 展開予想の補足としてはやはり行くのはジョディーで良いと思う。これがある程度のペースでは進めていくと思うが、これに対してエールヴォア辺りが持久力を活かしてという戦法で先行策を狙ってくるかなと予測。外のウインゼノビアやフェアリーポルカ、メイショウショウブといったところが外から絡んでくるとは思う。ペースは60秒台半ばぐらいでややスローをジョディーが少し単騎気味でという感じになるかなと。超高速なので質的にトップスピードを持っている必要があると思うし、できればレース全体の仕掛けが遅れた場合に馬群の中でも動ける馬が望ましいかな。

予想

◎02クロノジェネシス
○11シゲルピンクダイヤ
▲05エールヴォア
△03コントラチェック
△12ウィクトーリア
×14フェアリーポルカ16ビーチサンバ
3連複◎軸○▲△×BOX
3連複◎-▲軸○△流し
3連単F◎○▲→◎○▲△→◎○▲△

◎クロノジェネシス

 本命はクロノジェネシスにした。不安を敢えて言えば揃いすぎた怖さがある、というぐらいかな。2番枠でロスなく立ち回るのはギアチェンジを持っているこの馬としては偶数の最内とベストの枠だし、前にコントラチェックを置けると思うのでそうなれば目標としては確実に脚を使ってくれるので、その後ろからスピードに乗せつつ待てるのは良い。

 まずアイビーSを最大限に評価で、超高速馬場で50.0-45.7と超々スローからの12.9 – 12.3 – 11.3 – 11.0 – 11.1と3F勝負、離れた3列目で直線内を狙いつつワンテンポ遅れて外に出したが、それでもL2の坂の登りでスパッと切れて強烈な脚を引き出してきた。この坂の登りで動けるギアチェンジ面は府中向きだと思っている。

 基本的に桜花賞組が最上位だとは思っているが、今年は例年ほど差は開いていないだろうと。そのうえで、東京2400でどれだけパフォーマンスを上げられるか?という点を考える。この馬は桜花賞では47.7-45.0と2.7の超スローからの12.3 – 11.7 – 10.8 – 11.0 – 11.5とL3最速TS持続電ではあったが中団で動けなかったのが一つと、そこまで下がってしまった前半のかみ合わせの悪さがあった。ゲート自体は悪くなかったしポジションもとれそうだったが前に入った馬が下がってきたことで必要以上に下げる形になったからね。直線進路取りも遅れてL1での伸びは一番。トップスピードの質・持続力は世代ではトップクラスだし、引き出せる条件の広さまで含めれば最上位。また坂の登りのギアチェンジも問題なく、包まれて良いタイプ。追い切りも良かったと思う。北村友一が不安だが、この馬は北村の弱点を補える(判断が遅れても瞬時に反応してくれる)適性を持っているので、極端に前後ろすぎない、中団~好位の内目で進路さえ開けばと思っているが。

○シゲルピンクダイヤ

 相手は悩んだけどシゲルピンクダイヤにした。正直本命のクロノジェネシス以外は後はどうしたって何らかの不安があるとは思う。この馬ならやはりダイワメジャー産駒という点。ただし、中長距離適性で重要なのはトップスピードの持続力が素材的には関わってくると思っていて、この馬は桜花賞やチューリップ賞を見る限り末脚の絶対量は問題ないはず。ダイワメジャーの仔だけど3歳牝馬でここまで後半型の馬ってあまりいなかったと思うから、これまでの尺度で測らないほうが良いのかなというのはある。

 前走の桜花賞は今回も強みといえそう。超高速馬場の状況で47.7-45.0と超スローからの12.3 – 11.7 – 10.8 – 11.0 – 11.5とL3最速TS持続特化戦の中で後方外目から直線で内に進路を切って鋭く伸びてきたし、クロノが進路を取れないうちにかわしたのはあるが、それでもL1までクロノを相手にしぶとく踏んばって2着争いも死守。この辺からもトップスピードの質を超高速馬場で高めてきていると思うし持続力も足りる。例年の桜花賞トップレベルの本格派と比べると微妙だが、それでも世代屈指の末脚を持っているのは間違いないのでオークスでは本来狙いたいタイプ。

 もちろんブエナやハープスターレベルでも苦戦するように追い込みで出し切って良さが出るタイプの馬は勝ち切れないリスクも持っているが、それでも後方からの決め手の質という点ではトップレベルだし、アクアミと比べるとペースにあまり左右されていないのは大きい。今の超高速馬場ならトップスピードの質・持続力の高さが重要になる可能性が高いし、ダイワメジャー産駒は気になるけど母系を信じて対抗に。

▲エールヴォア

 穴目で面白いなと思ったのはエールヴォア。ここ2走が前に行けていないけど、この距離ならもう少し前を取れそうというのはあるかな。前走の桜花賞も47.7-45.0と超スローからの12.3 – 11.7 – 10.8 – 11.0 – 11.5とL3最速戦でTS持続特化だしトップスピードの質も相当高いレベルで問われた。後方内から直線するすると伸びてきていてL2の地点ではシゲルピンクダイヤに匹敵する脚だった。L1で甘くなったのであの位置からでは末脚の絶対量が足りなかったという形になる。瞬間的には通用しているし、今回は恐らくシゲルピンクダイヤよりは前を取れると思うのでその辺りで逆転するチャンスはあると思う。

 もう一つ。個人的にはフラワーCを高く評価していて、このレースでは48.7-46.9とかなりのスローだがコントラチェックが楽な感じで支配して11.8 – 12.0 – 11.8 – 11.2 – 11.9と割とよどみなく進んでのL2最速の競馬でコントラに突き放される形だった。ただこちらはこの流れで好位の外から3~4角で動く形にはなっている。ラストまで伸びていてTS持続は見せていたし、前半の位置取りの差が響いている。この辺りを考えても2400mへの延長はよさそう。この距離で松山が怯まず良い位置を取ってくれるかどうかだが、噛み合えばの魅力はある。

△コントラチェック

 メイSのレーンを見ていてちょっと不安になったが、レーンはレースメイク自体で結果を出しているわけではないのでこういうバランスよく乗らないといけないコントラチェックのようなタイプが合うかどうかやね。ちょっと不安は大きくなった。

 ただ、やはり総合的に見ても高いパフォーマンスを見せているし、トップスピード戦ではサフラン賞で差し損ねているが12.1 – 12.4 – 11.6 – 11.0 – 11.5のラップ推移で進路を取ってからL1でしっかりと差を詰めてきた。ここ2走のパフォーマンスが高く、成長している可能性も考えないといけないと。前走のフラワーCなんかは48.7-46.9とかなりのスローから11.8 – 12.0 – 11.8 – 11.2 – 11.9と中盤でもほとんど落とさず一足でグンと突き抜けたからね。ある程度引き上げて仕掛けを待ってというタイプなので変にペースが遅すぎると仕掛けが早くなったときに?というのはある。それでも成長の可能性を考えると超高速馬場で微妙だったダノンファンタジーを狙うならこちらを取りたいかなと。難しいところやけどね。

△ウィクトーリア

 もう一頭、不気味というかちょっとフローラSが予想外に良かったので押さえておく。前走フローラSでは60.6-58.9とかなりのスローから12.4 – 12.3 – 11.7 – 11.0 – 11.5と3F勝負でもL3が11.7と遅い中で進路確保で後手を踏みながらもL2で外から鋭く伸び始めてL1で捕え切った。これまでだとこういうギアチェンジやトップスピードの質で高いレベルのものを見せてこれなかったので、成長を感じさせる内容なのが良い。押さえておきたい。

×フェアリーポルカ

 土曜を見るとキンカメ系がめちゃくちゃ走っているイメージではある。それはおまけではあるが、この馬自身フローラSは東京2000の大外で良いスタートを切っても後方からの競馬になったし向こう正面で動きながらも中途半端な形になって12.4 – 12.3 – 11.7 – 11.0 – 11.5と完全なトップスピード戦になった。君子蘭賞がタフな流れの中でしぶとかったし瞬間的な切れ味をあまり要求されないほうがよさそう。外枠からの先行策から強気の競馬で粘り込みを警戒かな。

×ビーチサンバ

 L1は必ず伸びてくるタイプなので動き出しが問われる府中は少し不安はあるのだが、大外枠だし福永もある程度腹をくくって騎乗してほしいかな。ワグネリアンできた今なら…というところ。クイーンCの伸びが良かったのも結局48.4-45.8と超スローで12.3 – 12.0 – 11.5 – 11.0 – 11.3とL2最速の流れから、出遅れて後ろから外々動くしかなかったのも大きいと思う。あの感じでも伸びてきたのはL1だからね。タイプ的には中長距離的な競馬ができていると思う。桜花賞もL2で交わされて切れ負けしていてL1は言うほど悪くないから、後はとにかく思い切って仕掛けてほしいね。


的中報告 城戸の穴馬研究所【城戸ラボ】がFIREしてますね。
これを利用して直近G1、重賞の的中をお届けしてくれてます!
サイトはこんな感じです。



12日ヴィクトリアマイル/軸9相手4,7,18(1点1,000円)
配当:3,700円 払戻:37,000円
ノームコア×プリモシーン
11日京王杯SC/馬単軸9相手4,7,14,16(1点2,000円)
配当:4,160円 払戻:83,200円
ロジクライ外して6人気リナーテを選択!
05日NHKマイルカップ
3連複軸1頭流し 軸17相手3,6,7,8,10,18(1点200円)
配当:97,390円 払戻:194,780円
ケイデンスコール14人気、カテドラル7人気



京都新聞杯、新潟大賞典、天皇賞 青葉賞、
フローラS、オアシスS、皐月賞、 NZT、桜花賞。。。 かなりユーザーさんの的中報告が見れます。ガチの人はこの情報欲しいですよね?!

もちろん無料で見れる穴馬コーナーもございますのでお得です。
はじめての方は【配当爆上げのイチオシ穴馬情報】から穴馬情報GETしてみてください。
城戸氏から穴馬1頭+本命候補4頭が毎週配信中。
ちなみに今週無料提供は6鞍
18日3鞍・・【メイステークス】【平安ステークス】【大日岳特別】
19日3鞍・・【優駿牝馬】【下鴨ステークス【韋駄天ステークス】

無料メルマガ登録のみで毎週末のメイン穴馬を確認できます。
同時にコラボ指数、殿堂馬コンテンツも確認できるので無料で見れるレースがめちゃ多いです。
優駿牝馬含めたメイン6鞍(CLICK)
確認メールきたらクリックしてログイン。


競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。