競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ヴィクトリアマイル2019の追い切り・調教評価一覧

time 2019/05/09

ヴィクトリアマイル2019の追い切り・調教評価一覧

ヴィクトリアマイル2019の追い切り・調教評価一覧

良かった馬たち

◎アマルフィコースト
…13.0-11.9と非常に高い加速度でピッチを上げてしっかりと力強く掻き込んできた。ここ2走は坂路で目立つラップを踏めるようになってきての成果もあると思うし、良いんじゃないかな。

◎カンタービレ
…終い一発鞭は入ったが基本的にはあまり追われず軽く促される感じ。前肢の掻き込みが鋭く力強く、手先の返しも素軽くと動き自体はよかったと思う。

◎デンコウアンジュ
…地味ではあるが前肢の回転の軽さを見せていたし、追い出されてからの反応も良く終い重点ではあるが良いラップを踏んできたと思う。良いんじゃないかな。

◎ノームコア
…馬なりで直線だけという感じ。抑えているぐらいだが楽に加速。フットワークの切れもあったし加速度が非常に高い。これは良い動きだと思う。

◎フロンテアクイーン
…内目を少し通しているので時計的に速いのはそのへんもあるが、それでもコーナーで速いラップを連続しつつ直線でもほとんど減速せずに四肢の捌き鋭く維持し続けていた。今は充実期なのは間違いないと思う。

◎ラッキーライラック
…全体で飛ばして負荷をしっかりとかけてきた。最後までピッチを落とさず、減速ラップではあるが踏ん張っていたし力強いフットワークで粘って突き放す感じ。良いでしょう。

微妙な馬たち

△アエロリット
…う~ん…まあ坂路でそんなにバリバリ走ってくる方ではないが、軽めで時計を出しつつもラストの迫力がいまいちで12.2-13.0と明確に減速。不安を払しょくというところまでは…どうだろうか。

△ワントゥワン
…13.0-11.9と非常に高い加速度でピッチを上げてしっかりと力強く掻き込んできた。ここ2走は坂路で目立つラップを踏めるようになってきての成果もあると思うし、良いんじゃないかな。

 馬券はどこから買おうか迷う一戦。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?いま流行りの「AI」を活用した最先端の予想法です。

 最近登場した「TAZUNA 」というサイトが真っ先にAIを取り入れて、利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 というのも、あるYOUTUBEチャンネルで再三特集している通り、最近の競馬でAIを使ったと思われる集団が荒稼ぎしていると思われる形跡が極めて頻繁に見られます。

 簡単に説明すると、締切ギリギリのタイミングで、不自然なほど当たり馬券だけに買いが集中しているのです。どこかに、ごっそりと当たり馬券をガメている人間たちがいることは間違いなく、私は何らかのプログラム(AI)の可能性が高いと見ています。(詳しくは、動画「競馬の答えを知って馬券を買ってる人がいる…その正体はAIだ【検証】」にて解説。)

 その点、TAZUNAが一早くAIを導入し「Xファクター」というプランを用意したのは投資競馬専門情報サイトならでは。先見の明があると言わざるを得ません。
 現在は、まだAIの実力を信じられない方のため、無料登録後30日間は買い目情報が無料提供されるというキャンペーン中。この機会に試してみることをお勧めします。


↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

 使ってみて感じたのは、さすが投資競馬だけのことはあって、期待値の高い馬券をひたすら買い続けているなという印象です。これならある程度のスパンで長期的に利益を生み出せるのではないでしょうか。

 因みに、私が情報提供を受けたシルクロードSの時の買い目がこちら↓結果は憶えていますか?


この48点で勝負したわけですが、、

結果
1着②ダノンスマッシュ
2着⑧エスティタート
3着⑱ティーハーフ

どうですか?
いとも簡単に3連単2482.5倍=248,250円的中!


1番人気→11番人気→12番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、。


やはりこれからの時代、AIの脅威からは逃れられないのだろうな、というのが感想です。せっかく30日間無料買い目提供のキャンペーン中なので、これを機会に一度お試しされることをお勧めします!

http://www.ta-zu-na.com/
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。


競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。