競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

桜花賞 2019 レース回顧・結果:グランアレグリアが高速決着を早め先行抜け出しでGI初制覇

time 2019/04/08

桜花賞2019レース回顧・結果

阪神芝外1600m良
1:33.1 47.7-45.0 S^3
12.2 – 11.1 – 12.1 – 12.3 – 11.7 – 10.8 – 11.0 – 11.5

展開分析・総評

 まあ、極端な高速化となってしまったのが一番かな。バランスを見てもらえればわかるようにこれで実は超スローなのである。なのに好時計が出ていて上位勢全体がある程度固まっているというときは馬場が異常な時がほとんど。今回は馬場が軽すぎたことでペースバランス的に平均のラインが下がったのでスローになる可能性が高くなった、また騎手も馬場の急激な変化に意識がついていけなかったというところだろうと思う。ここまでドスローで前有利の馬場状態だと後ろからでは基本的にどうにもならん。少なくともこのグランを差すのはよほどの末脚を持っていないと難しい。そういうレースにはめ込んだルメールと超高速馬場適性が抜群に高いのであろうグランを評価すべきか。

 ラップ推移的にはL4から11秒台でL3最速10.8。究極レベルで軽い馬場の中である程度分散しつつとなった。前半のポジショニングと後半のTS持続、トップスピードの質もここまで来ると高いレベルで求められたが一番は3角までの位置でしょう。

1着08グランアレグリア(ルメール)

 五分のスタートからじわっと出していくという程度で好位でコントロール。ドスローの内にポジションをある程度上げていって2列目外。3角では外から並びかけていって4角で先頭列から直線。序盤でそのまま先頭に立って内で粘るプールヴィルの前に出る。そのままラストまで後続に対してセーフティを保っての2馬身半差完勝。

 レースや距離は違うんだけど去年のローズSのカンタービレみている感じだった。高速阪神外回りはこう乗るんやでってのをそのままやった感じ。ただ超スローの流れで前半の基礎スピード面の不安を全く気にしなくてよかったことと、馬場が非常に軽い中で良さが出ていたのもあるので馬場がマッチしたのもあるかな。まああんまり穿った見方をしたくはないけど、こんだけ超高速馬場になっているのをルメールはすでに知っていて、グランのための馬場になっていたかなという感じはしているけどね。ここまで極端に軽くなるとそう思いたくもなる。まあ、馬場造園課からしたら高速馬場が正義だからそこまで考えてないだろうけど。この馬だけならともかく、5着、6着辺りまでこれだけ緩い流れの中でベストタイムを大幅に更新しているわけでね。最序盤の位置取りの差が大きかったと思うし、正直まだこの一戦では何とも言えん。ただ超高速馬場ならいいんじゃないかな。標準的な馬場の朝日杯であんだけあっさり負けた馬がこうやって圧勝するのも競馬だけど、ここまで突き抜けられたのは馬場と展開がマッチしたからだと思う。距離はもっと長くていいし、ルメールはこういうタイプでは強気に乗ってくるから3~4角で早めにソウルスターリングしてくると一瞬の脚タイプの馬には苦しいだろうから結局この馬が中心になるのかな。まあ、この世代は素材的に突き抜けた馬は牝馬クラシック路線からはいなかったからね。相対的に見て素直に評価すべきかな。

2着16シゲルピンクダイヤ(和田)

 出負けして後方からの競馬。道中も後方馬群の外目で追走して3~4角で押して押して追走しながら直線で中目に突っ込んでいく。序盤で馬場の良いうちに法に進路を切っていくと、最後までしぶとく伸びてダノンファンタジーを差し切り2着を確保した。

 土日のレースを見ていても、そもそも大阪杯の時から内が有利な状況、前が有利な状況となっていたので、和田が意図的に内を選んだのかな?という感じはある。チューリップ賞で完敗のダノンに先着で来たのもその辺の立ち回りの差は出たかな。レースの上り最速が示す通りだが、L2の段階でも鋭く伸びてきていたのでこの辺りは流石。チューリップ賞ではL1でそこまでの破壊力がなくダノンには完敗だったけど、ダノンとの比較でみるとやはり超高速馬場でトップスピードの質的な面が求められたときに逆転してきたか、という感じではあるね。流石に血統的に府中でどうなの?というのはあるんだけどね…。この競馬だけ見たら府中でもやれそうな感じはするが、

3着04クロノジェネシス(北村友)

 五分のスタートから先行争いの中に入っていったが、最終的にはホウオウを前に行かせて好位、そこからグランの後ろを狙って少し掛かり気味ながら追走。ただ3角あたりで上手くそのマークを振り切られ、こちらは好位の内で閉じ込められる形になる。3~4角でも中団の中目からビーチサンバの後ろになって直線。序盤でビーチの後ろから進路確保で待たされる。L1手前で出し切ると最後は流石の伸びを見せてビーチはかわすのだが3着まで。

 枠が内でどうしても入り方で難しかった感じはある。北村友一なりに考えては乗っていて、ホウオウが前に入ってきたのでプラン的に恐らく変更して外のグランを目標に直後をとろうとしている。ただそれができなかったので包まれて動けない状況から直線で待たされた。あの時点で勝利はもうないからね。仕掛けとしても有力馬で一番遅れたからL1で伸びてきているけど結局は仕掛けが遅れたのが致命傷になっている。北村は嵌れば勝てるけど他力本願だから、結局総合力タイプの馬ですらこうなってしまうのかな。まあ責める気にはならんがシンプルに腕がないんじゃないかな。馬自体は本来なら伸び始めが良い馬なのを仕掛けられない状況で待たされたのでL1で来たという程度かな。本来オークス向きは間違いないけど、鞍上がオークス向きじゃないからその不安は大いにある。

4着15ダノンファンタジー(川田)

 五分のスタートから前半は無理をせずに好位ぐらい。そこから少し掛かっていてグランを見ながらの競馬で3角。3~4角でも好位の外から先にグランが動くのをワンテンポ待って直線で追い出す。序盤でそこから追い出されてジリジリと伸びてプールヴィルに並びかける。L1で甘くなったところを内外から殺到されての4着完敗。

 この馬にとっては馬場が軽すぎて瞬間的な切れ味を求められすぎたと思う。L3でグランが外から一気に上がっていったときに無理せずに我慢したのが良かったかどうかだが、あそこで外から動くとこの馬としてはトップスピードの質的な限界を超えていた可能性もある。そこで無理をすると崩れかねなかったし…でも動かなければ勝ちもないというような馬場状態と展開でもあったと。だから何とも言いようがない。いずれにせよこのダノンファンタジーにとっては極端に馬場が軽すぎたとは思う。JFを見てももう少し現実的な馬場だったと思うし、後半にシフトしすぎてそれもトップスピードの質を4角で要求されたからね…。超高速馬場でスローだと新馬戦の再現となっても仕方なかったかもしれない。

5着14ビーチサンバ(福永)

 やや出負けだがマシ、そこから序盤はダノンを前に行かせてそれを目標にしながら中団で入っていく。道中もダノンがかかっている中で中団の外からどうするかなと思っていたが外からすーっと動いて押し上げて3角に入っていった。そのまま好位の外目から4角最速地点でダノンの後ろで我慢しつつ直線。序盤で追い出されるがここでの反応がいまいちでダノンにも離されてしまう。それでもL1で徐々に伸び始めるが今度はクロノにかわされてなだれ込むだけに終わった。

 ん~…まあ騎乗的にはほぼケチの付け所のない競馬だったかな。ゲートも良い馬じゃないからあのスタートから押し上げられるタイミングでは動いてくれたと思うし、ドスローだから後半特化の形でも恐らく流石に難しかったと思う。そこまでは切れないからね。個人的にはあれでよかったと思う。それでもここまで軽い馬場でとなるとトップスピードの質そのものが高くないと難しかったかな。L1ではそれなりに脚を使っているけど結局L3-2で苦しかった、つまりラップがまだ速い地点では良さが出なかったからね。高速化は想定していたが、さすがにもうちょっとL1は落ちるイメージだったし、レースの上がりが33.3というのは流石に想定外だった。とはいえクイーンCの時と比べるとやや物足りないので、これでも押し上げないほうが良いぐらいなのかな。距離が延びても良いタイプだと思うが、エンジンのかかりは遅めなのでオークスでは序盤の入り方と仕掛けどころまでに目標を作って進める、もしくは自分で動くぐらいの意識が欲しいね。

9着01シェーングランツ(武豊)

 五分には出たが前の馬が下がってきたので下げざるを得ず後方に。道中も後方に下げ切ってから3~4角で中目から外目を誘導しながら直線。序盤で追い出されるが反応が鈍くジリジリ。ラストではしぶとく外からそれなりに脚を使っていたが9着まで。

 枠が悪かったというか、良い位置をとれなかったら難しいなと。ゲート自体良い馬じゃないから多少運もいるが、やっぱりスローで掛かってしまう馬が多くてスペースもなくなると下がってしまうか。この馬としてはスローでの決め手勝負では難しいし、あの位置からでは分が悪いのは明白だからね。距離を延ばすことは必須で、そのうえで良い位置をとれるような競馬をしてほしいかな。

13着09アクアミラビリス(M.デムーロ)

 やや出負け、そこから無理はせずに中団馬群の中で進めていくが掛かり気味。道中かなり苦労していたがダノンやグランを前にポジションそのものは悪くないところで3角に入る。3~4角でも中団の中目で悪くないか阿智で直線。序盤で追い出されるがここで伸びず、ダノンにも離されて下がってしまい、ビーチやクロノにもあっさり交わされ惨敗。

 ん~…あの位置自体はよかったし掛かりながらという競馬だったがその理由としてもスローだからという面が強いからね。他を見ても前半はかかっていない馬の方が少なかったし、レース全体が本来あるべきペースよりも遅いからこそ起こった現象。だからかかったことが敗因にそのまま直結するとはちょっと考えにくいんだよね。嵌れば切れるんだけど、後ろから気持ちを損なわずに入らないとだめなのか…ちょっとよくわからない負け方ではあったね。前半はかなり緩いバランスだたから、さすがにこれで脚を使わされたというのはちょっと考えにくい。スピードにうまく乗せてやる必要があるのか、馬群の中で包まれて気持ちが萎えたのか…難しい馬やね。

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。
 
で、「うまとみらいと」の何が凄いの? ↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。
 
使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。
 
3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。
走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
 
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?
コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク
この5頭で勝負したわけですが、、
 
結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着
 
どうですか?
いとも簡単に3連単41,560円GET!
 
この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓
「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋
重賞予想解説者:北条直人
 
6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、
 
この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果 ================================== 単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7% ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2% ==================================
 
コラボ指数:12月24日(日)的中率結果 ================================== 単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8% ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7% ==================================
 
コラボ指数:12月23日(土)的中率結果 ================================== 単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5% ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0% ==================================
 
一般的に3連単の的中率は10%程度なので、 平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。
 
https://miraito.collabo-n.com 3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!
  さらに、的中を重視したいときには「的中率90%の反則技指数」、高配当を狙っていきたいときは「魅せる穴馬HitMake」と使い分けることができる。このあたりは、その時々のお財布事情次第で使い分けるとよいとは思います。
 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 
 当然、「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。
 
 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。
※全レースの指数を見放題できるコラボ放題プラン(月額1,980円)もあります。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。